ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボランティアとは?Part.1 「日本人医師と老夫婦」
2008年 05月 13日 (火) 15:53 | 編集


くも膜下出血で入院していた病院でお世話になった日本人医師のA先生と、
(参照→ICU体験記 Part.11 「一般病棟と日本人ドクター」
退院後もたまに連絡を取ってたんですが、
私が退院してから数ヶ月経った頃、
A先生から最近病院に入院してきたばかりの日本人の老人男性の話を聞きました。




彼の話によると、その老人の方は奥さんと二人で、
日本発、ニューヨーク経由でブラジルに住んでいる娘さん夫婦とお孫さん達に会いに行く予定だったらしいけど、
その途中でエコノミー症候群になってしまったらしい。


JFKに着いてすぐに空港近くの病院に搬送されたそうですが、
症状がかなり重く、
その病院ではちゃんとした設備がなかったので、
マンハッタンの病院に移動してきたとの事。



そんな訳で病院内で唯一日本語が話せるA先生が、
担当医との間に入って通訳をしてあげているらしい。



来る予定もなかった右も左もわからないニューヨークの病院に入院することになり、
アメリカに身よりもなく、英語も話せない彼らがとても気の毒で、
できる限りの事をしてあげたいけど、
もうすぐ日本に帰国することが決まっていて、
このまま彼らを残して行くのが心苦しい…



と、彼から聞いて、
もし自分の両親が同じ目にあって、
言葉も通じない、知ってる人も誰もいない異国の地の病院で入院することなったら…
と思うと、いたたまれない気持ちになりました。



それにその老人の奥さんも気の毒で、
どこにも行く所がないので、
ずっと一日中病院でご主人の側に付いているらしいけど、
彼女もかなり年配らしいので、
そのままだと倒れてしまうんじゃないかと心配になりました。



まだ退院して日も浅くてどうしても他人事に思えなかったのと、
自分が入院した時にいろんな人からお世話になった恩返しをいつかしたいと思っていたのもあって、
ちょうど子供たちの学校が休みになってパパの所に泊まりに行く一週間と、
A先生の帰国の日が近いということもあって、
彼とバトンタッチで急遽その老人夫婦のお世話を引き受けることにしました。



とは言っても奇麗事だけじゃなくて、
自分が入院してる間、
自信を喪失されそうな嫌な事もいろいろあったので、
人から必要とされることによって、
そのトラウマが解消できるんじゃないかという気持ちもありました。




人の役に立ちたい。

人から必要とされたい。

人の為に。

自分の為に





そういう思いから始めたボランティア。



もちろん今でもやって良かったと思っていますが、
ある人物の登場によって、
やっぱり私にはボランティアは無理かも?
と思わされることも…



ま、世の中なかなか理想通りにはならないもんですね。





応援クリックよろしくお願いします。
↓Thank you↓

ブログランキング






ボランティアとは?Part.2 「またもやICU」へ行く





スポンサーサイト
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。