ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ICU体験記 Part.1 「これって腹上死?」
2008年 03月 23日 (日) 23:59 | 編集


前々回の記事で以前私がくも膜下出血になった時の事に触れましたが、 
今回はその事についてもう少し詳しく書きたいと思います。



あの頃の私は結婚生活にピリオドを打ったばかりで、
精神的にも落ち込むことが多く、
自暴自棄な行動も多くて、
ストレス指数はかなり高かったと思います。



そんなある日、
当時付き合っていた彼と友人達とうちに集まって夜遅くまで麻雀をやって、
ついつい楽しくなった私は普段は飲まないお酒を結構飲んでしまいました。



麻雀が終わって友人達を送り出した後、
ベッドで彼氏と仲良くしていると、
だんだんと頭がぼーっとしてきました。



何だか今日のエッチは妙にクラクラするなぁって思っていたら、

いきなり、



ガン!



と金づちで殴られたような、
今まで経験したことのない痛みが頭に走り、
びっくりして飛び起きました。



10秒くらいでその痛みは治まり、ホッとしていたら、
今度はいきなり両足がズンっと重くなって、
まったく足の感覚が無くなってしまいました。



「あれー?足の感覚がない~!」



そんな経験は今までかつてなかったので驚いていると、
1分もたたないうちに再び感覚が戻ってきて動くようになりました。



一体今のは何だったんだろう?



と思ってると、いきなり吐き気がこみ上げてきて、
それからはずっと吐いてました。



さすがにこれはおかしいとは思いましたが、
普段ほとんど風邪もひかないくらい健康だったので、
まさか自分が深刻な状態だとはまったく思わず、
そのままとりあえずベッドで安静にしていました。



するとしばらくして昨夜一緒に麻雀をやっていた友人の一人から電話があり、



「ukainouさん、調子どう? 
 私なんて二日酔いで朝から頭は痛いし、吐き気がすごいのよー」



と不調を訴える彼女の話を聞いて、



「え?○○さんもそうなの?? 
 実は私も今朝から頭は痛いし、ずっと吐いてたのよねー。
 私って普段お酒飲まないから知らなかったけど、


 これが二日酔いっていうやつ?? 

 二日酔いってほんと大変なんだねぇ




と、すっかりこれが巷でいう「二日酔い」っていうやつなんだと納得してしまったのが運の尽きつきでした…



こういう時は楽観的な性格は取り返しつかないことになるので要注意です。



普段健康な人間はつい自分の健康を過信してしまいがちだけど、
いつもと何か違うと思った時は必ずすぐに病院に行かなくちゃいけないと経験を持って学びました。



後でくも膜下出血について調べてみたら、
死亡率がすごく高い病気で、
約40%が死亡し、
約30%が重い後遺症が残り、
約30%の人たちが社会復帰していますが、
そのうちリハビリなしで全く元通りの生活ができる人は、10%足らずだそうです。



その10%に入れた私はただ単にラッキーだったという事でしょう。



でももしあの時、頭が痛くなった時点でそのまま死んでたら、



これってもしかしてかの有名な…



腹上死???



になってたってこと?



そんな死に方だけは家族に説明できないから、
絶対嫌だーってつくづく思いました。
(ってどっちみち死んでたら説明できないけど)





ただ今「人気blogランキング」に参加してますので、ご協力いただければ嬉しいです。

↓一日一回応援クリックお願いします。↓
 
ブログランキング






ICU体験記 Part.2 「近所のスケベドクター」へ行く






スポンサーサイト
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。