ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラブル発生!弁護士参上!
2008年 03月 17日 (月) 10:19 | 編集


お待たせしました!(って誰も待ってないって?)



ブログを始めたばかりだというのに、
前回の書き込みから随分時間がたってしまいました。



というのもプライベートでちょっとした問題が起きまして、
それが弁護士を通してまでの争いに発展してブログの更新どころじゃなくなっていました。



弁護士を通した以上、
私としては必要な書類を提出した時点でやることはなかったんですが、
なにせ気持ちが落ち着かなくて心労の多い日々でした。



まだはっきりと決着がついたわけではありませんが、
とりあえず良い方向に向かいそうでちょっと一安心です。



それにしてもアメリカという国は何かと弁護士が必要で大変です。



前回の書き込みでアメリカではいかに自己主張が大切かを書きましたが、
個人でできる自己主張には限界があるので、
揉め事になった場合は自己主張のプロフェッショナルである弁護士を使わないと勝てない事が多いんです。



つい4日前、マンハッタンの86st と3rd Ave のコーナーで人身事故に遭遇したんですが、
事故を起こした本人は車に轢かれて気を失って道路にうつぶせになって倒れてる人に近寄ることもなく、
ただ携帯でずっと電話していました。



アメリカではこういう場合は絶対被害者に対して謝らないと言われてますが、
本当にその通りです。



今回のような大きな事故ではなくて軽い接触事故でも謝りません。



決定的にどちらかが一方的に悪いという事故じゃない場合、
日本人特有の謙虚さから先に謝ってしまうと、
謝った事実が残り後々不利になってしまいます。



今回の事故の加害者のように被害者の体を心配する前に、
まずは自己保身の為に弁護士に連絡を取るのが普通になってしまっています。



アメリカに長く住んでいると少なくとも何度かは弁護士のお世話になります。



長く住んでいる日本人が必ずお世話になるのが移民弁護士です。



弁護士の手腕によってすんなりビザor グリーンカードが取れたり取れなかったりするので、
弁護士選びは重要です。



そんなこんなでやたらと弁護士が必要になることが多いんですが、
何せ費用が高いので(1時間300ドルっていうところが多いです)、
身内に弁護士がいれば…といつも思ってしまいます。



ただ夫が弁護士だった場合、
夫婦仲がうまくいってる時は良いんですが、
離婚となった場合、
これ以上ないという最強の敵となってしまうので要注意です…



ちなみにlandlorが一番貸したくない借主の職種は1位が弁護士、2位が建築士だそうです。



弁護士相手に何かトラぶっても一般の人間じゃ勝てないですからねぇ…



そういえば韓国人経営のドライクリーニング店が、
コロンビア特別区の裁判官であるお客から預かっていたズボンを紛失した件で、
5400万ドルの賠償請求された事件がありましたが、
ズボンが無くなったくらいで5400万ドルの請求をするなんてびっくりしました。



告訴された韓国人家族は裁判のストレスで病気になったらしいです。



法律家の方々は見方になってくれてる時は頼もしいけど、
敵に回したらほんと怖いです…


詳しくは↓

ズボン紛失で5400万ドル損害賠償事件に判決

Reutersのビデオクリップ




最後まで読んでいただいてありがとうございます。

前回の書き込みで入院生活の続きを書くと書いてたのに、
長くなってしまったので結局書けなくてすいませんでした。

また近いうちに書きたいと思います。




ただ今「人気blogランキング」に参加してますので、ご協力いただければ嬉しいです。

↓一日一回応援クリックお願いします。↓

ここをクリックするだけでOKです。







目次に戻る





スポンサーサイト
ICU体験記 Part.1 「これって腹上死?」
2008年 03月 23日 (日) 23:59 | 編集


前々回の記事で以前私がくも膜下出血になった時の事に触れましたが、 
今回はその事についてもう少し詳しく書きたいと思います。



あの頃の私は結婚生活にピリオドを打ったばかりで、
精神的にも落ち込むことが多く、
自暴自棄な行動も多くて、
ストレス指数はかなり高かったと思います。



そんなある日、
当時付き合っていた彼と友人達とうちに集まって夜遅くまで麻雀をやって、
ついつい楽しくなった私は普段は飲まないお酒を結構飲んでしまいました。



麻雀が終わって友人達を送り出した後、
ベッドで彼氏と仲良くしていると、
だんだんと頭がぼーっとしてきました。



何だか今日のエッチは妙にクラクラするなぁって思っていたら、

いきなり、



ガン!



と金づちで殴られたような、
今まで経験したことのない痛みが頭に走り、
びっくりして飛び起きました。



10秒くらいでその痛みは治まり、ホッとしていたら、
今度はいきなり両足がズンっと重くなって、
まったく足の感覚が無くなってしまいました。



「あれー?足の感覚がない~!」



そんな経験は今までかつてなかったので驚いていると、
1分もたたないうちに再び感覚が戻ってきて動くようになりました。



一体今のは何だったんだろう?



と思ってると、いきなり吐き気がこみ上げてきて、
それからはずっと吐いてました。



さすがにこれはおかしいとは思いましたが、
普段ほとんど風邪もひかないくらい健康だったので、
まさか自分が深刻な状態だとはまったく思わず、
そのままとりあえずベッドで安静にしていました。



するとしばらくして昨夜一緒に麻雀をやっていた友人の一人から電話があり、



「ukainouさん、調子どう? 
 私なんて二日酔いで朝から頭は痛いし、吐き気がすごいのよー」



と不調を訴える彼女の話を聞いて、



「え?○○さんもそうなの?? 
 実は私も今朝から頭は痛いし、ずっと吐いてたのよねー。
 私って普段お酒飲まないから知らなかったけど、


 これが二日酔いっていうやつ?? 

 二日酔いってほんと大変なんだねぇ




と、すっかりこれが巷でいう「二日酔い」っていうやつなんだと納得してしまったのが運の尽きつきでした…



こういう時は楽観的な性格は取り返しつかないことになるので要注意です。



普段健康な人間はつい自分の健康を過信してしまいがちだけど、
いつもと何か違うと思った時は必ずすぐに病院に行かなくちゃいけないと経験を持って学びました。



後でくも膜下出血について調べてみたら、
死亡率がすごく高い病気で、
約40%が死亡し、
約30%が重い後遺症が残り、
約30%の人たちが社会復帰していますが、
そのうちリハビリなしで全く元通りの生活ができる人は、10%足らずだそうです。



その10%に入れた私はただ単にラッキーだったという事でしょう。



でももしあの時、頭が痛くなった時点でそのまま死んでたら、



これってもしかしてかの有名な…



腹上死???



になってたってこと?



そんな死に方だけは家族に説明できないから、
絶対嫌だーってつくづく思いました。
(ってどっちみち死んでたら説明できないけど)





ただ今「人気blogランキング」に参加してますので、ご協力いただければ嬉しいです。

↓一日一回応援クリックお願いします。↓
 
ブログランキング






ICU体験記 Part.2 「近所のスケベドクター」へ行く






ICU体験記 Part.2 「近所のスケベドクター」
2008年 03月 26日 (水) 23:50 | 編集


すっかりこれが二日酔いだと勘違いしてた私も、
翌日になってもいまいち体調が良くならず、
さすがに三日酔いなんて聞いたことがないし、
明日になっても治らなかったら病院に行こうと思いました。



そして翌朝、
目が覚めると、なんと周りの景色がダブルビジョンになっているじゃないですか!



右目はまっすぐ見たままの画像だけど、
左目の画像は斜め上に見えるという不思議な状態。



さすがの楽観的な私も、



これは普通じゃない!



と焦りました。



それでほんとは行きたくなかったけど、
ただ単に家から近いからという理由だけでホームドクターとして登録してあった、
近所の50代くらいの白人のスケベドクターにアポを取りました。



話がそれちゃいますが、
何故このドクターがスケベなのかというと、
以前一度自宅でこけて肋骨を折った時に初めてこのドクターオフィスに行ったんですが、肋骨を折ったかもしれないと説明してるのにも関わらず、
そのドクターはいきなり、



「服を全部脱いで、患者用の服に着替えて下さい」



と言いました。



何で骨折してるかどうかみるだけなのに服を全部脱がなきゃいけないのかなと思ったけど、
そのほうが診やすいんだろうと自分に言い聞かせて着替えることにしました。
(それでも肋骨を診るのに何故ジーンズまで脱がないといけないのか謎でしたが)



でもさすがにブラジャーはしたままでもいいだろうと思い、
一応念の為にドクターに、



「ブラジャーは着けたままで良いですよね?」



と聞いたら、 



「全部脱いで下さい」



とあっさり言われて、内心



「ええええーーー? 何故に?」



と思ったけど、
こんな場面でためらっているほうがかえって恥ずかしいような気がして渋々取りました。



でもさすがにすっぽんぽんにはなりたくなかったので、
パンツだけは絶対脱ぎませんでしたが。



そして患者用の服に着替えてドクターが戻ってくると、
前面開放状態(=ほんどパンツ一丁状態)にされて、
骨折をしてるのかどうか調べているんだろうけど、
何だかその手つきが微妙にいやらしい…



これってちゃんとした診療?

それとも診療にかこつけてお触りしてるの??




って感じの嫌な印象でした。



でも私は医学に関してはど素人なので、
考えすぎかもとも思っていたんですが、
今回行った時も自分のこれまでの症状を話したら、
また下着を取って患者服に着替えてと言われました。



頭の問題なのに何故下着を取る必要があるのか?



とまたまた不信感…



でもそんなこと言ってる場合じゃないと自分に言い聞かせて、
仕方なく患者服に着替えました。
(もちろん今回もパンツは脱がなかったけど)



そして今回も半裸状態で、
こうやってみて、あーやってみてって、いろんな事をやらされ、
それ自体は脳が正常に機能してるか診る方法なんだとはわかりますが、
何故に半裸状態でする必要があるの???って感じでした。



この辺は痛いか?とか、
この辺は感覚があるか?
って言いながらまたあちこち妙な手つきで触られちゃったし…
(うまく説明できませんが、事務的じゃない触り方に感じた)


ちなみにアメリカでは保険の関係でどこでも好きなドクターに行けるわけじゃなく、
まず最初に自分のホームドクターを決めて、
それを保険会社に登録しないと行けません。



病気になった時はまずそのホームドクターに診て貰って、
それからもしより専門的な治療が必要な場合、
そのドクターからレファランスを貰ってから専門医に行かないといけません。
(そうじゃない保険もあります。 それとEmergency はレファランスは不要)



このスケベドクターに関しては、
2回目の診療でかなりスケベ疑惑が濃くなりましたが、
結局のところ、ど素人の私ではこれが普通の事なのかそうじゃないのかはっきりとはわからなかったんですが、
その後知り合った友達のお医者さんにこの話をしたら、



「絶対にあやしいと思うからドクター代えたほうが良いよ」



と言われ、すぐにホームドクターを代えました。



でもまぁ、スケベはスケベだとしても、
診断はちゃんとできたようで、
いろいろチェックした後、



「あなたはとっても深刻な状態にある可能性が高いので、
 このまま家には帰らないでレファランス書くからそのまますぐに脳の専門医へ行きなさい」



と言われました。

(まぁ私が彼だったとしても脳の専門医に行きなさいって言うだろうごくごく当たり前の診断ですが)



その後、マンハッタンのアッパーイーストにある脳の専門医まで電車で行きました。



電車の中で知り合いに会い、能天気な私は、



「いやー、何だかとってもシリアスな状態にあるらしいから、
 これから専門医に行ってくるのー。

 嫌やわー。」




って、今思えば自分でもくも膜下出血真っ最中とは思えない私でした。





ただ今「人気blogランキング」に参加してますので、ご協力いただければ嬉しいです。

↓一日一回応援クリックお願いします。↓
 
ブログランキング






ICU体験記 Part.3 「喉が乾いたー!」へ行く





ICU体験記 Part.3 「喉が乾いたー!」
2008年 03月 29日 (土) 21:46 | 編集


近所のスケベドクターからの紹介でやってきたアッパーイーストの脳外科は、
場所柄もあるのか落ち着いた良い感じのドクターオフィスでした。



スケベドクターから、



「シリアスな状態かもしれない」



とは言われていたけど、
まさか自分が生死に関わる病気だとは夢にも思っていなかった私は、
子供を近所のママ友達に預けたままだったので、



「今日の晩御飯は何にしようかなぁ。 帰り道に買い物して帰らなきゃ」



と、診察が終わった後の段取りばかり考えてました。



そして私の順番が回ってきて脳外科医のドクターに診察してもらうと、
だんだんと雲行きが怪しくなっていきました。



そのドクター曰く、



「今の段階ではまだはっきりわからりませんが、最悪手術になる可能性もあります。
 でも今の医学は発達していて、
 頭を開けなくてもカテーテルで治せる可能性が高いので、
 今らか心配する必要はないですからね」



と言われました。



手術なんてこれっぽっちも頭になかったのでびっくりしましたが、続けて先生が、



「とりあえず大きな病院できちんと調べてからじゃないと手術が必要か必要じゃないかわからないので」


と言ったので、
先生は念の為に最悪のケースを話してるだけだろうってまだ高を括ってました。





その後、そのドクターオフィスから歩いてすぐのLenox Hill Hospital にオフィスのスタッフと共に向かいました。



その時の話は私の過去の記事の終わりのほうに書いてありますので、
もし良かったら読んでみて下さい。



ニューヨークでサバイバルする為に必要な事



その記事の中にも書きましたが、
こっちのEmergencyというのは驚くほど待ち時間が長く、
朝からホームドクター、その後、脳外科、それからEmergencyと立て続けに病院めぐりをして、
ようやく診察の順番が回ってきた時には夜になっていました。



サバイバルなEmergencyの待合室から脱出できてホッとすると、
急にお腹がすいてきました。



そういえば朝から何も食べてないし、喉もすごく渇いていて苦しい…



待合室から脱出してもすぐに診察してもらえる訳ではなく、
通路にベッドが何台か置いてあって、
そこで寝ながらドクターの診察が回ってくるのを待っていると、
隣のベッドからぷ~んとハンバーガーとフレンチフライの香りがしてきました。
(こういう状態の時でもアメリカ人はハンバーガーを食べるのね)



ダブルビジョンがひどくなって、
見えにくい目で匂いがするほうを見てみると、
隣のベッドで寝ていた女性患者の付き添い人であろう彼氏が、
差し入れを買ってきたようで二人で食べていました。



ただでさえお腹がすいて喉が渇いて死にそうだったのに、
その横で仲良さそうにハンバーガー食べるなんて、あまりにも…





羨ましすぎる~~!!





特に冷たく冷えたコークを見ていると、奪ってでも一気に喉に流し込みたくなって、





私にも買ってきてくれー!! (お金はちゃんと払うからさー)





って叫びだしそうになるのを必死な思いで堪えていました…





その後しばらくしてようやく順番が回ってきたようで、
ベッドごと病室に移動されました。



ドクターに診て貰うとやはり私はかなりシリアスな状態らしく、
手術になる可能性が高いとのこと。



とりあえずCTスキャンとMRIで詳しく調べてからと言われ、
私だけその病室の一番奥にあるガラス張りになった部屋に移動されました。



その時点ですでにかなり遅い時間帯だったので、
子供を預けている友人に連絡を入れなくてはと思い、
病室を出て待合室のほうに向かおうとしました。
(この時点では病院内では携帯電話は使用禁止だと思っていた)



すると警備員が慌ててやって来て、



「どこに行くの?」



と聞かれたので、



「友達に電話をしに行く」



と言うと、その警備員はドクターに話をしに行き、許可が下りたようで、
一緒に待合室に行きました。



電話中もその警備員がずっと私の背後で監視しています。



居心地の悪さを感じながらも、
もしかしてこの厳重な警備って、





私が逃げ出すとでも思ってるの?


患者服で逃げるわけないよーーー。






と思ったけど、過去にそういう人たちがいたからこそ警備が厳しいんだと考えると、
いろんな事情があるんだなぁと感慨深い気持ちになりました。



でも背後に立たれてると落ち着かないので、
取りあえず友達には、



「このまま手術になる可能性があるんだけど、
 何せ病院だから携帯使えないから、連絡がないってことは手術してると思ってて。
 子供たちはすぐにEXが迎えに来るから」



とだけ伝えて切りました。



実はこんなに携帯電話に関しては気を使っていたのに、
アメリカの病院じゃICUの中でさえ、
皆、携帯電話 使いまくり っていう事実が後で判明しましたが…





その後、自分のベッドに戻り、
だんだんと空腹と喉の渇き以外の事は何も考えられない状態になってきた時、
遠くのほうからかすかな声で、



「chicken sandwich? or turkey sandwich?」



っていう 天使の声 が!!



その声はだんだん近づいてきます。




あー、ようやく食べ物と飲み物にありつけるだー♡




と嬉しくなって、



チキンとターキーどっちにしようかなぁ。



やっぱターキーはパサパサするし、チキンだよね。




うん、やっぱりチキンにしよう!




と心に決めて、
大人しく順番が回ってくるのを待っていると、
しばらくしてようやく隣のベッドまで順番が回ってきました。




次は私の番!




とワクワクしながら待っていると、
なんとその彼女は私の手前で突然踵を返し、
そのまま立ち去ろうとするではないですか!!



慌てて、でも内心焦ってるのを隠して優し~く、 




「Excuse me~。 
  May I have a chicken sandwich please ♪」
 



と、ニコ っと笑顔も忘れず伝えると、
その看護婦は一瞬困った顔をして、




「ちょっと待ってて。 あなたの場合、ドクターに聞いてこないと…」




と言って立ち去ってしまいました。




何でドクターに聞かないといけないのーー??




と思いながらも、
もしかして食べ物にありつけないのかもしれないと、
不安いっぱいでその看護婦が戻ってくるのを待っていました。



するとしばらくしてすまなそうな顔をした彼女が戻ってきて、




「ドクターに聞いてみたけど、
 あなたは手術することになるかもしれないからあげれないの…」




との事…




食べれないのはまだ我慢できたけど、
朝から何も飲み物を飲んでいなくて、
喉の渇きが我慢の限界を超えていたので、




「それじゃ、お水だけ貰えますか?」




と聞くと、




「水も手術が終わるまで飲んだら駄目なの」




と言われ、
この時ばかりは何故か手術するかもって言われた時よりもはるかにショックが大きくて、今まで張り詰めていた緊張の糸がぷちっと切れ、
涙がぽろりとこぼれてしまいました…




もうこれから当分水を飲めないんだと思ったら苦しくて、
我慢が出来なくなった私は咄嗟に看護婦を呼んで、




「I need to go to the bathroom」




と言ってトイレに行き、
トイレのタブウォーターを狂うように飲んでしました…




でもこれは入院生活で手術よりも何よりも、
一番苦しかった喉の渇きとの戦いの始まりでしかありませんでした、、、、





ただ今「人気blogランキング」に参加してますので、ご協力いただければ嬉しいです。

↓一日一回応援クリックお願いします。↓

ブログランキング






ICU体験記 Part.4 「死にたくない!」へ行く



 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。