ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゲームの終結 「私とEX (元夫) 81 」
2009年 08月 04日 (火) 18:44 | 編集
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
ランキングに参加してます。 上の二つクリックよろしく。



その頃、どこで出会ったのか何故か思い出せないけど、

ごく一般的な普通の日本人女性、花子(仮名)と知り合いました。

 
 

 

潔癖症サチコや尻軽ノエルがあまりにも個性的すぎて、

これと言って特徴のない花子の印象はほとんど残っていないけど、

パリで初めて普通に遊べる女友達が出来て嬉しく思っていました。

 

 

 

草食系だった花子は同じく草食系のジャンと気が合うんじゃないかと思い、

ジャンを紹介して3人でよく会うようになりました。

 

 

 

その日も3人で遊んだ後、

夜遅く一人でアパートに戻ってくると、

アパートの出入り口付近で大きな花束を抱えた男が立っているのが見えました。

 

 

 

 

花束なんてロマンティックでいいわね~。

 

 

 

 

と思いながらアパートに近づくと、

 

 

 

 

ukainou、おかえり。」

 

 

 

 

と突然その男に声をかけられました。

 

 

 

びっくりしてその男のほうを見ると、

花束を抱えたその男はアランだったのでした。

 

 

 

アランはそれまでそんなサプライズをするようなタイプではなかったので、

予測していなかった彼の行動に驚きました。

 

 

 

 

「突然どうしたの?」

 

 

 

「どうしたのって、会いたかったから…」

 

 

 

「それだったら連絡くれたら良かったのに。

 一体何時から待ってたの?」

 

 

 

「数時間前からかな。 

 何度も電話したんだけど、家にいなかったから…

 どこに行ってたの?」

 

 

 

「友達とご飯食べに行ってたの。」

 

 

 

「それって男?」

 

 

 

3人でご飯食べてただけだから、そういうのじゃないってー。」

 

 

 

「そっかぁ、良かった。 はい、これプレゼント。」

 

 

 

 

そう言いながら彼は照れくさそうに私に花束を手渡して、

頬に軽いキスをしました。

 

 

 

その瞬間、素直に嬉しかったけど、

それと同時にゲームをクリアした達成感のような感情も出てきて、

 

 

 

  

もうアランと別れてもいいや。

 

 

 

 

自分に心を開きだしたアランに対して、
ゲームの終了のゴングが鳴り響いたのでした。






ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です。

人気ブログランキングへ
ブログランキング


「国際恋愛ブログランキング」にも参加してみました。
こちらもポチッとお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
にほんブログ村




アランとの別れ 「私とEX (元夫) 82 」 へ行く




スポンサーサイト
アランとの別れ 「私とEX (元夫) 82 」
2009年 08月 06日 (木) 05:38 | 編集
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
ランキングに参加してます。 上の二つクリックよろしく。



ゲーム終了のゴングと共に、アランに対する興味は一気に薄れていましたが、
後もう少しで彼と別れるのだと思うと、
一種の情からか、それとも少しは成長したからか、
ナオキの時のように冷めた感情を表に出す事もなく、
その後も自然に良い女を演じ続けることができました。
 
 
 

そして出発が近づいたある日、
アランが心配そうな顔をして口を開きました。
 
 
 

「僕が去った後、ukainouはどうするの?」
 
  

「私は大丈夫だから心配しないで。
 私もパリでの最後の一ヶ月を楽しむようにするよ。」
 
 

「そっかぁ、それだったらいいんだけど…
 でもすぐに他の代わりの男を作ったりするんじゃない?」」
 
 
 

そう言いながらも、
当然私が彼の言葉を否定するものだと思っている彼を見ていると、
そろそろアランと一線を引いたほうがいいと思った私は、
ここで一気にアランとの関係にピリオドを打つ事にしました。
 
 
 

「あのね、実は言ってなかったけど…
 前にアランに話してた元彼がね、

 パリに一週間来る事になったんだ
 
 
 

「え??? あの他の女と一緒に住んでたっていう彼??」
 
 
 

「うん。」
 
 

「一体何しに来るの? ukainouに会いに来るの?」
 
 
 
「うん。 直接会っていろいろ話し合おうと思ってるの。」
 
 
 
「何を話し合うの? 寄りを戻すつもりなの?
 そんな浮気するような男、やめたほうがいいよ。」
 
 

「それはわかってるんだけどね。」
 
 

「彼の事が好きなの?」
 
 
 
「……とにかく、そういう事も含めてこの機会にいろいろ考えようと思って。」
 
 

「……」
 
  

「だからアランは私に何の気兼ねもする必要ないから、
 思い存分、日本と韓国で楽しんできてよ。
 フランス人って日本で結構モテるんでしょ?
 可愛い女の子いっぱいいるよー。」
  
 

「そんなの関係ないよ…」
  
 

「またまた~、そんな事言ってー。
 アランの大事なあのアルバムに貼れる写真が増えるよー。(笑)」
 
 

「……」
 
 

「あ、それからもう私のアパートに電話しないでね。
 手紙も送ってくれなくていいよ。 元彼がいる時だったら気まずいし。」
 
  

「そっか… わかったよ。」
 
 
 

そう言って彼は私を軽くハグして、
 
 
 
 
 
「Au revoir (さよなら)」
 
 
 
 
 
と耳元で囁いた後、そのまま去っていきました。
 
 
 

振り返る事もなく、去っていく彼の後姿を見ていると、
だんだんと胸の奥がチクチク痛んできて、
涙が出そうになるのをグッと堪えました。
 
 
 

例え遊びと割り切って付き合っていた相手でも、
人との別れというのはやはり痛みを伴うものなのでした。





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です。

人気ブログランキングへ
ブログランキング


「国際恋愛ブログランキング」にも参加してみました。
こちらもポチッとお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
にほんブログ村




EXに降りかかった災難 「私とEX (元夫) 83 」 へ行く




EXに降りかかった災難 「私とEX (元夫) 83 」
2009年 08月 08日 (土) 18:35 | 編集
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
ランキングに参加してます。 上の二つクリックよろしく。



ちょうどその頃、EXはとんでもない目に遭っていました。

 

 

 

バイトを終えた彼が家に帰ろうとして、

車を止めているいつもの場所に向かうと、

そこにあるはずの彼の車が忽然と消えていたそうです。

 

 

 

すぐに警察に連絡して盗難届けを出したけど、

彼の車が発見される可能性は少ないらしい。

 

 

 

EXは自分の足である大切な車を盗られて、
ただでさえがっくりしていたにも関わらず、

その数週間後、

 

 

 

 

更なる不幸が彼に襲いかかったのでした。

 

 

 

 

 

バイトを終えて夜遅く帰宅した彼が自分のアパートのドアを開けると、

そこには家具も何もない、がらんとした空間が広がっていただけでした。

 

 

 

思わず部屋を間違えたのかと思って、

慌てて一旦部屋の外に出てドアナンバーを確認してみると、

その部屋で間違いはありません。

 

 

 

再び部屋の中に入って見渡してみると、

部屋の中に置いてあった家具から洋服から何から何まで、

すべて忽然と消えていました。

 

 

 

彼が例の女と住んでいたアパートは、
24時間ドアマンがいるアパートだったので、

まさか空き巣ではないだろうと思いながらも、

焦ってドアマンに事情を尋ねに行って調べて貰うと、

 

 

 

 

「あれ? 今日の昼間、あなたのアパートに引越し業者が来て、

 荷物を運び出したらしいですよ。 

 知らなかったんですか?」

 

 

 

 

と言われたそうです。

 

 

 

 

当時、ニューヨークでは引越し業者を装った犯罪が増え始めていました。

 

 

 

 

彼らは住人が留守の間に、
引越し業者を装って人目がある真昼間に堂々と荷物を運び出すので、

誰からも疑いを持たれずに荷物を盗み出す事ができるらしい。

 

 

 

鍵の付いたドアなんて、

その道のプロがその気になれば簡単に開けることができるらしい。

 

 

 

私の知り合いの日本人家族の自宅でも、

同様の手口で家中の物を根こそぎ持って行かれたと聞いていたので、

EXもそれにやられてしまったのかもしれません。

 

 

 

ただそれがEXが彼女と別れた直後に起きたというのが、

あまりにもタイミングが良すぎるので、

合鍵を持っていた彼女が何かしら絡んでいるのではないかとも思いました。

 

 

 

EXにその事を言うと、

 

 

 

 

「その可能性も否定できないなぁ

 

 

 

 

とさらに凹んでいました。

 

 

 

 

盗まれた家具のうちの半分は私の物だったし、

私が置きっぱなしにしていた荷物も一緒に盗まれてしまったので、

私もそれなりにショックでしたが、

どっちにしろ彼女も使っていたと思われる物なんていらないし、

彼女がいつも隣に座っていた車もいらないし、

この際、スッキリして良かったんじゃないかと彼に言いました。

 

 

彼は、

 

ukainouがいなくなってからというもの、

 本当に何から何までついてないよ。

 そう思ったらやっぱり僕にはukainouが必要なんだ。」

 

 

 

「どうして僕はその事に気づくのに、
 こんなに回り道をしてしまったんだろう。」

 

 

 

「僕は君じゃないと駄目なんだってよくわかったよ。

 他の誰かじゃ駄目なんだ。」

 

 

 

「早くukainouに会いたい。」

 

 

 

「そして今までの事を謝りたい。」

 

 

 

 

としきりに言うようになりました。

 

 

 

 

EXは立て続けに嫌な事が起きて、さすがに自分でも怖くなったのか、

それまでの自分の行いを深く反省しているようでした。






ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です。

人気ブログランキングへ
ブログランキング


「国際恋愛ブログランキング」にも参加してみました。
こちらもポチッとお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
にほんブログ村



EXの訪仏 「私とEX (元夫) 84 」 へ行く




エキサイトブログからFC2ブログへの引越し方法
2009年 08月 10日 (月) 05:43 | 編集
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ 

ランキングに参加してます。 上の二つクリックよろしく
 

 

 

読者の方からエキサイトブログからFC2ブログへの引越し方法についてご質問があったので、今回はその事について書きたいと思います。

 

 

 

エキサイトブログはインポート/エクスポート機能を持っていないので、

FC2ブログが管理している「ブログお引越しツール」や、
その他の引越しツール を使って他社のブログに引っ越す事はできません。

 

 

 

 

FC2の「ブログお引越しツール」が使用可能なブログ

 

 

Amebaブログ

livedoorブログ

ヤプログ

mixi

Yahooブログ

seesaaブログ

JUGEMブログ

 

 

 

 

 

そうなると記事を全部手動でコピペして引っ越すしかないけど、

そんな気が遠くなるような作業はできないし、

それに今までいただいた大切なコメントも、

記事と一緒に引っ越ししたいのでどうしたものかと思っていました。

FC2の引越しツールはコメントも一緒に移動できますが、
 アメブロの引越しツールはコメントは移動できません。)

 

 

 

 

 

そんな時、友人から「Happieのブログ」 というブログで、

管理人であるhappieさんが、
エキサイトからFC2への引越しツールを無料で公開していると聞き、

さっそくそのツールで試してみたら、

バッチリ何の問題も無く記事もコメントも引っ越す事ができました。

(注:スキンをベーシックにしないとうまく動きません。)

 

 

 

 

ただ私のブログは写真を載せていないので簡単に引越しできましたが、

写真をたくさん掲載されてる場合、画像の移動作業が大変かもしれません。

もし元のブログを残したまま置いておけば、

画像のリンクがそのままでも問題ないらしいです。

 

 

 

 

記事の量が多い場合、エラーになる事もあるらしので、

細かく期間を区切って実行してみて下さい。

(私の場合、一回でできましたが)

 

 

 

 

詳しくは↓

Happieのブログ

http://happiese.blog123.fc2.com/blog-entry-239.html

 

エキサイトからFC2への引越しツール

http://www.happiese.com/flex/exblog.html

 

 

 

 

 

私は記事のバックアップを取っていないので、

念のためにミラー版を作ろうと以前から思っていたんですが、
同じエキサイトではなくFC2ブログを選んだ理由は、

実はふとブログにGoogle AdSenseを付けてみようと思ったからです。

 

 

 

 

思い立ってすぐにグーグルアドセンスに審査を申し込んでみると、

すぐに審査が通ったので、さっそくブログに貼り付けようとしましたが、

その時初めてエキサイトではグーグルアドセンスは貼り付けられないという事に気づきました。

 

 

 

 

調べてみると、グーグルアドセンスがjavascriptのコードを使用しているので、

scriptタグを制限しているブログにはグーグルアドセンスは貼り付けられないからでした。

 

 

 

 

グーグルアドセンスが貼れないブログ

 

 

exciteブログ

楽天ブログ

ヤフーブログ

gooブログ

amebaブログ(アメブロ)

ライブドアブログ(無料版)

 

 

 

 

グーグルアドセンスが貼れるブログ

 

 

FC2ブログ

ココログ

seesaaブログ

269g(ブログ・ジー)

shinobi(忍者)

ジュゲム

さくらブログ

ライブドアブログ(livedoor Blog Prolivedoor Blog BUSINESSなどの有料版)

 

 

 

 

アメブロは記事の下にグーグルアドセンスが貼ってあるのをよく見かけますが、

あれはamebaが貼っている広告であって、個人のものは貼れないようです。

iframeタグを使えば張る事は可能ですが、
利用規約にひっかかるので要注意です。

 

 

 

 

そんな訳で、
個人のグーグルアドセンスを張る事を許可しているブログの中から、

高機能で評価も高く、自由度が高いFC2を選んだという訳です。

 

 

 

 

使い勝手もなかなか良いので、

グーグルアドセンスに興味がある方、FC2がお勧めですよ~。

 
 
 
 


ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です。

人気ブログランキングへ
ブログランキング


「国際恋愛ブログランキング」にも参加してみました。
こちらもポチッとお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
にほんブログ村



目次に戻る




EXの訪仏 「私とEX (元夫) 84 」
2009年 08月 19日 (水) 04:13 | 編集
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
ランキングに参加してます。 上の二つクリックよろしく。



アランと別れて一週間が過ぎた頃、
ついにEXが私に会いにパリにやって来ました。
 
 
 
EXの事はどうしようもないくらい好きだけど、
彼の事を許せていない自分もいて、
すごく会いたいような、やっぱり会いたくないような、
複雑な思いで空港の到着ロビーで待っていると、
大勢の旅客たちに混じってEXが出てくるのが見えました。
 

 
久しぶりにEXの顔を見た瞬間、
自然に嬉しさが込み上げてきて、
そのまま彼に走りよって抱きつきたい衝動に駆られましたが、
私の中の彼を許せていないもう一人自分がその感情を抑えていました。



すると、私に気づいた彼が照れくさそうな顔をして近づいてきました。
 

 
どういう態度で接したらいいのかわからなかった私は、
 
 

 
「Hi、元気? 旅はどうだった?」
 
 

 
と冷静を装いながら声をかけました。
 
 

 
「悪くなかったよ。 
 それより君が本当に来てくれてるか不安だった…
 良かった… 来てくれて。」
 
 
 
「笑われるかもしれないけど、
 さっき人込みの中でukainouを見つけた瞬間、
 僕は再び恋に落ちてしまったみたいで、今でも胸がドキドキしてるよ。」
 

 

 「I miss you so much…」
 

 
 
そう言いながら、彼は私を強く抱きしめました。
 

 
 
いきなり抱きしめられて戸惑ったけど、
彼の腕の中にいると、不思議と気持ちがすーっと落ち着いてきました。
 
 
 
他のものでは得られないその安心感と心地よさから、
 
 
 
 
 
私が探し求めていたのはやっぱりこれだったんだ。
 
 
 
 
 
と自分が心の奥底で一番何を求めていたのか確信を持ちました。





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です。

人気ブログランキングへ
ブログランキング


「国際恋愛ブログランキング」にも参加してみました。
こちらもポチッとお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
にほんブログ村



アランの存在そして嫉妬 「私とEX (元夫) 85 」  へ行く




アランの存在そして嫉妬 「私とEX (元夫) 85 」
2009年 08月 20日 (木) 07:36 | 編集
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
ランキングに参加してます。 上の二つクリックよろしく。



私たちは離れていた時間を必死で埋めようとしているかのように、
夢中になってお互いの話をしながら私のアパートに向かいました。



アパートに着いて部屋を案内した後、
パリの街に繰り出そうと準備をしていると、
EXが私の荷物に紛れていた数冊の写真のアルバムを見つけて、




「これってukainouが撮った写真? 見ていい?」




と言いながら、アルバムの中の一冊を手に取りました。



何の写真を撮ったかもすっかり忘れていた私は、




「うん、いいよ。」




と言って出かける準備をしていると、
しばらくして、




「……これ誰?」




と突然EXが低い声で言いました。




「え? 何が?」




彼のほうを振り返ってEXが手に持っていた2枚の写真を覗き込むと、



その写真は…





アランと私が二人で写っている写真でした。





そのうちの一枚はベルサイユ宮殿に行った時に撮ったもので、
もう一枚はエッフェル塔の前で撮った写真でした。




アランと撮った写真は、
念の為に他の写真と写真の間に挟んでアルバムに入れておいたので、
誰にも気づかれないだろうと思っていたのに、
鋭いEXは他のページより不自然に膨らんでいるページに気づいて、
中をチェックしたようでした。



EXのように嘘がうまくない私はそのまま黙っていると、




「これって君のボーイフレンド?」




とEXは私の目をジッと見つめながら尋ねました。




「……ボーイフレンドっていうか、こっちにいる間にちょっとだけ付き合った人。」



「ふーん… ハンサムだね。」



「そっかな。」



「まだ付き合ってるの?」



「ううん、もうフランスにいないよ。」



「どこにいるの?」



「旅行に行ったの。」



「僕がフランスを去った後、また彼と会うつもりなの?」



「彼が帰ってくるのは一ヵ月後だから、
 彼がフランスに戻ってきた頃には私はもうニューヨークに帰ってるよ。
 だから彼とは会わないし、もう完全に別れたから。」



「本当に?」



「うん。」



「彼の事好きなの?」



「それはない。」



「そっか… それだったらいい。
 僕にはukainouを責める権利はないから…」



「……」



「ukainouが他の男と付き合っていたのも僕のせいだから…」



「……」



「それはわかっているんだけど、こうやって実際見ると苦しいんだよね…」



「ほら、この写真もこの写真も、全部ukainouが一人で写ってるけど、
 誰かがこの写真を撮ったって事じゃない?
 こんな楽しそうなukainouの顔を見ていると、
 この笑顔は僕じゃない他の誰かに向けられているんだって考えるとつらいよ。」



「一人で写ってる写真を撮ったのってさっきの彼でしょ?」



「……そうやね。」



「これも、これも、そうでしょ?」



「……うん。」



「……」



「とにかく外に行こう。 パリの街を案内するよ。」




そう言って私はアルバムを無言で捲り続けているEXの手を取って、
青空が広がるパリの街に二人で繰り出したのでした。





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です。

人気ブログランキングへ
ブログランキング


「国際恋愛ブログランキング」にも参加してみました。
こちらもポチッとお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
にほんブログ村



引きちぎられたネックレス 「私とEX (元夫) 86 」  へ行く




 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。