ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ICU体験記 Part.6 「とうとう手術!」
2008年 04月 13日 (日) 17:16 | 編集


医学生の生徒達が去った後、
手術前に友達たちに最後の電話をしておこうと思い、
ベッドの下の荷物置き場に置いていたカバンの中の携帯電話を出そうとしたら、




な、な、なんと! 


あるはずの携帯電話が無くなってるじゃないですか!!




最後に電話を使った後、
しっかりとカバンの中にしまったし、
ベッドから動けない状態の私がどこかで無くす事も有り得ないので、
寝ている間に誰かに盗まれたってことです…



財布は入院した時点で貴重品としてセキュリティーに預けてあったので大丈夫でしたが、携帯は必要だったし、
まさか自分のベッドの下の荷物置き場から盗まれるとはこれっぽっちも思ってなかったので預けていませんでした。



今までも何回か盗みにあったことはありますが、
いくらなんでも肉体的にも精神的にも極限に弱ってる状態の人間から、
外部との唯一の接触の手段である携帯電話を盗むなんて…




ニューヨークって…




やっぱ弱肉強食の世界やなぁ…




と、この時ばかりは嫌になってしまいました。




(ちなみに退院後、その月の携帯電話の支払いの請求書を見ると、
盗まれた日から何件か盗んだ犯人がかけたに違いない通話記録があったので、
駄目もとでその番号にかけてみました。
相手はすべてスペイン語を話す人たちで、
どうせ教えてくれないだろうと思いながらも、
事情を話してその日かけてきた人物を教えてくれって言いましたが、
やはり誰も教えてくれませんでした。)




最後に皆に電話したかったなぁ…




と思いながらも、
その後、急ピッチに手術の準備が整ったようで、
手術室にベッドごと移動されることになりました。



手術室に入るとそこはまるでテレビドラマのような世界でした。



だだっ広い手術室の中には、
マスクや手袋をつけた完全武装のドクター&看護婦達がたくさんいて(人数は定かではない)、
淡々と手術の準備をしていました。



手術室の右上のほうには鏡張りになってる所があって、



「あー、あそこがよくテレビで出てくるシーンで、
 お偉いさん達が外から手術をしてるのを見る所かぁ」



と思いながら、
好奇心と恐怖心の入り混じった感情で皆が作業をしてるのを眺めていました。



すると看護婦がやってきて、
手術用のベッドに移動するように言われたので、
起き上がって移動しようとした瞬間に、
手術に使う器具が目に留まりました。



一瞬、見てはいけないって思って目を逸らしましたが、
やっぱり気になってもう一度おそるおそる見てみたら、
たくさん並んでる器具の中に、
一段と私の恐怖を引き出すものが…




それは…




電動ノコギリ (みたいなやつ)




でした。




「あの電動ノコギリで私の頭を切るわけーーー???」




自分の頭をそれで切られてるところをまざまざと想像して、
恐怖で体が震えてきました。



そんな最中、ドクターがやってきて、



「これから麻酔をするから」



と言われました。



麻酔をされて眠ったらもう二度と起きれないかもと思うと、
麻酔で眠らされるのが怖い気もするし、
かと言って麻酔が中途半端になってしまって、
体は動かないのに意識がある状態で頭を切られたらと思うと怖いしで、
(実は別の手術でそれに近い経験があるんです。もちろん頭じゃなかったけど)




どっちにしても怖い~~~(涙)




と思いながら麻酔を受けました。



麻酔終了後、少しずつ眠くなってきて、
体が動かなくなりつつあったけど、
まだ意識はあったので、



もしかして麻酔失敗?

まさかこのまま手術始まっちゃわないよね?



と不安になりながらも、




「私の人生の意味って何だったのかなぁ…」




と考えながら、
だんだんぼやけていく手術台のライトを眺めていました。





ただ今「人気blogランキング」に参加してますので、ご協力いただければ嬉しいです。

↓一日一回応援クリックお願いします。↓
 
ブログランキング






ICU体験記 Part.7 「手術終了そして喉の渇きとの闘い」へ行く






Comment
この記事へのコメント
う~、ブログから、ほんと、いろいろなこと、考えさせられます。
「もし死んだら」・・・・。私は、UKAINOUさんのような大手術はしたことがないものの、ウガンダで銃を頭の横に突きつけられ強盗にあったことがあり、父はすでに他界しているので、母親だけをおいて、死ねないなとその瞬間思いました。ともかく、人間、生きているといろいろありますよね~。それにしても、電動のこぎり、想像しただけで、怖そう!お互い、生きていたからこそ、NYで出会えてよかった!UKAINOUさんとの、またの再会、楽しみにしていますね!
2008/ 04/ 13 (日) 22: 08: 00 | URL | CHIE # 79D/WHSg[ 編集 ]
えー、頭に銃??
それは怖い経験ですねぇ…
人間っていつ死んでしまうかわからないもんだから、悔いなく生きたいもんですね。ただそう思ってても結局まだまだ中途半端状態から抜け出せてないですが… 次回Chieさんと再会する際には良い報告ができるように少しずつでも頑張りますわー。
2008/ 04/ 14 (月) 01: 52: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。