FC2ブログ
ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


婚約 「私とEX (元夫) 9 」 
2009年 01月 28日 (水) 23:08 | 編集

ブログランキング ←応援クリックお願いします♪



今まで生きてきて一度も嘘をついた事がないという人はいないでしょう。



それは自分を守る為であったり、
相手を思うが為であったり、
どうしようもない状況で止むを得ずつく嘘がほとんどでしょう。



でもこの世の中には嘘をつく必要がない状況や、
嘘をつく意味がない状況、
嘘をつくべきではない状況でも平気で嘘を言う人がいます。



ただその場が盛り上がればいいからとつく嘘。
話をより面白くする為につく嘘。
自分を良く見せるためにつく嘘。
その場逃れの為につく嘘。 etc…



意味のない嘘をつくタイプの人間は嘘に対する罪悪感がないので、
普通の人が嘘をつく時に無意識に出してしまう違和感が無く、
その上その嘘にストーリー性を持たせるので、
その嘘を見破るのは簡単ではありません。



特に私は自分で言うのもなんですが、
余程追い込まれた状況でない限り嘘はつかないタイプだったので、
そういう意味のない嘘に対する面識がなく、
EXの虚言癖になかなか気づくことができませんでした。




そういう意味では私とEXは 「相性」 が良かったんでしょう… (悪い意味で)




彼と付き合いだして時々疑問に思う事はありましたが、
それを上回るくらい彼は私によくしてくれていたし、
一緒にいて楽しく、頼りがいがある彼の事をいつしか本気で好きになっていました。



私たちはどこに行くのも何をするのも一緒というくらい仲良く過ごしていました。



日本にもEXと一緒に里帰りをし、
私の両親も人当たりの良い彼の事をとても気に入りました。



そして付き合いだして2,3年経った頃、私とEXは婚約しました。



婚約を機に私とEXはミキと一緒に住んでいたアパートを出て、
二人で暮らすようになりました。



そんなある日、学校の授業が終わって彼が待っているカフェテリアに行くと、
EXは同じ国出身の友人たちと集まって話していました。



彼の隣に座ると、
彼の友人のうちの一人がニヤニヤしながら私に話しかけてきました。




「彼から聞いたんだけど、今度の休み一人で日本に帰るんだって?」



「うん、2週間だけだけどね。」



「こいつを一人で置いて行って心配じゃないの?」



「え?? 心配って? 何の?」



「何のって君がいない間にこいつが他の女に手を出さないか心配じゃないの?」



「他の女?」



「そうだよ。」



「うーん、そうやねぇ。 大丈夫でしょー。」



「へー、すごいね! 
 それじゃー、こいつが他の女に手を出さないって何パーセントくらい信用してるの?」




実はこの時私は、彼が他の女に手を出すなんて有り得ない事で、
想像すらしていませんでした。



でもニヤニヤ笑ってる友人たちの手前、
恥ずかしくてそんな事は言えなかったので、




「うーーーん、90%くらいかな。」




と自分ではかなり少なめに言いました。
すると、




「おい、○○○(彼の名前)! 
 ukainouは90%もお前の事信用してるってさー!!
 お前、信用裏切んなよーー!!」




とニヤニヤしながら彼の事を小突き回しました。 



彼らは単に私たちの事をからかってるだけだと思っていましたが、
恐らく彼らはEXが私の知らない所で何をしていたのか、
すべて知っていたという事だったんでしょう…




ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です
    ↓
ブログランキング  

人気ブログランキングへ



初めての浮気 Part. 1 「私とEX (元夫) 10 」 へ行く 




Comment
この記事へのコメント
本当に嘘にも色々ありますよね。
自分の都合のみの嘘、罪悪感もなく、話してて自分でもそれが本当のように思ってしまう人、本当にいますよね。一緒の病気かと思うほど・・・

欧州人(得にラテン?)は、女性が居たら本当にすぐ声をかけてきますよね。深い意味は、無いんだろうけど、なんせ大らかというか・・・
日本人の様に、性に対しても隠そうとかないし、本能のままと言うか・・・

続編楽しみにしてますね♪
2009/ 01/ 29 (木) 02: 03: 00 | URL | p♪ # 79D/WHSg[ 編集 ]
ukainouさん、はじめまして。
以前から読ませていただいていたんですが、ukainouさんの文章力って多くの女性をひき込む林真理子(私は彼女は苦手ですけどね)みたいな魅力があると思います。
ホントに素直に感動したので、コメント載せてしまいました。
いつか出版とかなさったらいいのに、と思ってしまいます。

私も一度だけ?だったかな外国のボーイフレンドとお付き合いしたことがありますが、やっぱり自分の目的や保身のためには上手に嘘を平気でつく人でした。
でも、これを嘘って悪い意味で言い切り、潔しとしないのも日本人独特の感性のような気がします。
だから余計相手に対する疑いも生まれないというか。
こういう技術って、多分日本人にはあんまりないんでしょうかね。

また更新楽しみにしております!
2009/ 01/ 29 (木) 04: 19: 00 | URL | 西の方 # 79D/WHSg[ 編集 ]
Pさん、あれはまじ、病気ですね。 本人も何故嘘をついてしまうのかわからないようで苦しんではいましたけど、最終的に直らないものとして諦めました。

それにしても女に関しては彼はまたわかりにくくて、
いかにも女好き~って感じならともかく、私と一緒の時は絶対他の女に目がいくことはなかったし、私の友達に手を出そうしたこともまったくなく、それどころか私の周りの人間には私一筋っていうオーラ出しまくってましたからねぇ。
この人は私にしか関心がないんだなぁって思ってたくらいでしたから。^^
最初の浮気の時はそりゃもー天と地がひっくり返るくらいびっくりしました。
2009/ 01/ 29 (木) 06: 40: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
西の方さん、初コメありがとうございます!
久しぶりの初コメです!!
文章褒めて下さって嬉しいです。 おかげでまたやる気がムクムク出てきました!

今日までの話は私達の関係の過程の説明だったのでいまいち盛り上がりが欠けましたが、これからどんどん盛り上がっていきますよー。
って自分の不幸ネタを楽しんじゃってる私です。

とは言っても、一番苦しかった時の事を書くのは結構ためらいがあるのは事実なんですけどね。

ところで私は林真理子大好きでした。
ただ結婚されてから急激に面白くなくなってしまって、それからはもう読んでいませんが。
実は彼女がニューヨークに公演しに来た時、見に行ったんですよー。 なかなか面白い公演でしたよ。

それから確かに外人の人たちって日本人以上に嘘をつく人多いですよね。 もちろんそうじゃない人たちもいるけど、圧倒的な多さだと思います。 それも懺悔したら許されると思っている所も許せない…
誤って許されるなら警察いらーんって感じです。
そういうのを見ているとやっぱりもう外人は無理!って思えちゃって、
今では日本人男性にしか興味が持てません。



2009/ 01/ 29 (木) 06: 52: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
おはようございます。私もukainounycさんタイプで嘘つくのは(本当は酔っていないのに酔ったフリをしたりするけど(笑))嫌い。つかれるのはもっと嫌い(笑)それに、すぐ信じちゃうし・・・で、後からよーーーく考えるとあれって・・・おかしいよな・・・っていうタイプ。その上、その場では自分の考えがうまくまとまらなくて、何も言えなくなっちゃうんだ。だから、絶対、弁護士にはなれない(笑)
でも、EXさん、ある意味、天才だね!ある意味(笑)うらやましい・・・
2009/ 01/ 29 (木) 08: 48: 00 | URL | はなこうめ # 79D/WHSg[ 編集 ]
ukainounycさん初めまして!
面白いブログ探しの旅に出てようやく発見したのがこちらのブログでしたーー!!
目次で過去の記事からずーっと読み漁っておりましてやっとリアルタイムに追いつけました!
それにしてもukainounycの文章は面白いし読み易いし時間を忘れてついつい引き込まれてしまいます!素晴らしい才能ですねーー!!
確かに天才的(病的?)に嘘をつく人って居ますね。
前の会社の同僚の女性(日本人)で居たのですがどうしてこんな意味のない嘘、そして誰も得しない嘘をつくのか理解に苦しんだ記憶があります。
他の人は迷惑もしていた様ですが私には特別被害はなかったにしても次から次へと湧いて出てくる嘘にどう対応して良いかもわからないし全く信用できなくなりました。
相手の事を思っての嘘なら気持ちもわかるんですけどね。。。
初コメのくせに凄い長いコメントすみません!
読み進めて行く内に勝手に親近感わいて友達感覚でした(笑)
これからも楽しみにしていますのでムリのない程度に更新頑張って下さい!応援しています!!!
2009/ 01/ 29 (木) 14: 05: 00 | URL | チチチ # 79D/WHSg[ 編集 ]
ここは熱く盛り上がってますね~♪
NYは寒いですか?
日本はもうすぐ節分で、寒いながらも木の芽がふくらみ、梅の花が咲いていますよ。
今度お会いするまでに、どこまでお話しが進んでいるか楽しみです!

2009/ 01/ 29 (木) 15: 28: 00 | URL | Eri # 79D/WHSg[ 編集 ]
はなこうめさんって私と同じタイプですねー。 実はこんだけ散々EXの虚言と付き合ってきて痛い目にあってるにも関わらず、未だに人を簡単に信じてしまうところがあります。 
これってもう性分だから変わらないみたいです。^^

DVタイプの人と付き合う人は繰り返すってよく言いますが、私も気を抜くと虚言壁タイプが寄ってきてしまいます。

宗教とかキャッチセールとか詐欺とかみたいなそういうお金が絡んでくるようなものにはひっかかったことは一度も無いし、ひっかからない自信はあるんですが、
こと、お金が関わらない人間関係になると駄目なんですよねぇ。

ちなみに私もうちのEXは弁護士に向いてると思いますわ!
結局未だに私がトラぶって自分ではどうしようもなくなった時は彼に連絡して彼の饒舌で解決してもらってますからね。
ビジネスもうまくいってるようだし、この世の中、何が良いのか悪いのかわからないもんですわ。
2009/ 01/ 29 (木) 19: 48: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
西の方さん、そうですよね。 白人系の男性というのは女性に対してとてもスウィートで、日本人男性では得にくい女性としての満足感を満たしてくれる人が多いと思います。
日本人男性は白人男性に比べるとそっけないし、白人男性なら絶対女性に対して言わないような事を口にしたりしますが、その代わり本当の意味で信頼できる人が外人に比べて多いような気がします。
それはもちろん同じ文化だから価値観が似ているせいかもしれませんが。

文字数オーバーの為、続く。
2009/ 01/ 29 (木) 20: 57: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
私が以前書いた「人生のターニングポイント」の中に出てきたアレックスも、奥さんが生きてた時はとってもスウィートだったに違いないのに、亡くなった途端の変わり身の早さに驚きました。
文化の違いと言えばそれまでですけどね…

今回離婚の話を書くにあたって、参考に他の方が書いてらっしゃる離婚話をいろいろ読んでみたんですが、それぞれの配偶者さんたちは読んでてこちらが苦しくなるくらい腹立たしい方たちばかりだったんですが、実はうちのEXはそこまで悪人でもないんですよねぇ。
そこのところをちゃんとうまく書けるのか問題なんですが。
それというのもテーマが「離婚」なので、それに関したエピソードが中心になってしまうので、どうしても書いてるうちにEXがとてつもない悪人になっていってしまいそうでまずいです。

それからこうやって書いた事がいつか本になればもちろん嬉しいです。 自分が生きた証ですからね。 でも本にならなかったとしても、こうやってブログを通じていろんな人に読んでもらって、少しでも記憶の片隅においてもらえたらそれだけで嬉しいです。


2009/ 01/ 29 (木) 20: 57: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
チチチさん、初コメありがとうございます!!
今回はお二人も初コメしてくれた方がいて嬉しいですわー。

それも「面白いブログ探しの旅に出てようやく発見したのがこちらのブログ」だなんて、ukainouもおだてりゃ木になんぼでも登りますわよ!!!
思わずさっそく更新しちゃいました。^^
それも過去記事も全部読んで下さったなんて嬉しい限りです!

それにしてもチチさんの会社の同僚の女性、冷静な立場で観察してみたいもんですわ。
一体何故そこまでして嘘をつく必要があるのか???

ばれた時に思いっきり恥かくのは自分だというのに。

EXのギタリスト事件はその後10年以上経っても笑いのネタとして使わせてもらってました。
そのたびにEXは顔を真っ赤にして「お願いだからその話はやめれてくれ~~~」って叫んでましたよ。
2009/ 01/ 29 (木) 21: 17: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
Eriさん、こっちは何だか今年はいつもより寒いような気がします。
まぁ、ここ数年が異常なほど暖かかっただけなのかもしれませんが。
Eriさんがこっちにいる間は暖かくなったらいいね。
寒いともう外に出れないよー。
2009/ 01/ 29 (木) 21: 22: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
ukainounycさん、そういえば、私がもう一つukainounycさんの素晴らしいところを思っていました。
それは「善良さ」です。
先ほどのお返事を頂いて、改めて感じました。

私もこちらへ来て凹むことも多くて、どんどん「善良さ」がなくなり、どんどんヒネた人間になりそうな気がしていたのですが、それを決して失ってないukainounycさんを見て、あぁ私なんて全然頑張らなくっちゃって思いました。
強い女性な自分になれるのが夢なので。
頑張ろーっと。





2009/ 01/ 30 (金) 01: 07: 00 | URL | 西の方 # 79D/WHSg[ 編集 ]
西の方さん、いやー、そんなに褒めて貰って嬉しい限りなんですが、実は離婚のゴタゴタで精神的に弱っていた時に結構非道徳的な事をやりまくってしまったんですよ。
ブログに書くのも躊躇うくらいのことです。

今はその分反省して真面目に生きてますが。

確かに長い人生嫌な事もいっぱいあるけど、
そういう時にこそ側にいて支えてくれた人たちに対して感謝の気持ちが湧いてくるし、やっぱり人っていいなって思います。
基本的に私は人が大好きなんですよ。
だからすぐに信用してしまいがちだし、痛い目にあっても懲りないんでしょうね。

でももちろん、明らかに挙動不審な人は最初から信用しませんけどね。^^
2009/ 01/ 30 (金) 11: 01: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
ukainouさんの「実はうちのEXはそこまで悪人でもないんですよねぇ」の一言に救われました。書いてるうちにどんどん悪人になってしまうのかな~と心配していましたから。
ukainouさんのブログはコメント欄でも見逃せないドラマがあるので
いつも隅々まで読んでます♪
2009/ 01/ 30 (金) 22: 16: 00 | URL | Eri # 79D/WHSg[ 編集 ]
Eriさん、そうです!まずいです!! 今私の頭の中にある今後のストーリー展開を考えてみても、このままだとどうやってもEXはとてつもない悪人になってしまいます!!!
やっぱり離婚の原因になったエピソードばかりを集める手法がまずかもしれません!
ちょっと展開を練り直さないと…
かといって離婚に関係ないエピソードをたらたら書いてもまどろっこしいと思われるかもしれないし、やっぱ難しいですなー。

2009/ 01/ 30 (金) 23: 55: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
この際、悪人になってもいいですよ(笑)
ukainouさんの気持ちが悪人面ばかり書いていたら、流されないか心配したけど、新しいブログのコメントにも、思いやりはありますよ!と流されず書いてあるのを見て、またまた安心しました。
しっかりいいとこと悪いとこを見極めて気持ちがぶれないので、本当にukainouさんって改めてすごいなって思いました。
私はまわりに流されやすくまだまだ自分の気持ちにぶれがあるので、自分の素直な気持ちといつも向き合えるような人間になりたいと思ってます。

2009/ 01/ 31 (土) 19: 03: 00 | URL | Eri # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。