ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初めての浮気 Part. 2 「私とEX (元夫) 11 」
2009年 02月 01日 (日) 08:34 | 編集

ブログランキング ←応援クリックお願いします♪



そのまま口紅の付いた吸殻をじっと見つめていると、
胸の奥がざわざわとざわめき始めました。



嫌な予感と共に乾かしてあった食器のほうに目線を移すと、
赤い口紅を付けた女がEXと二人で仲良く食事をしている風景が浮かんできました。



いても経ってもいられなくなり、
バスルームに戻ってみると、
外に出してあった私の歯ブラシやブラシなどが棚の奥に仕舞われていました。



もう一度キッチンに戻ってみると、
やはりそこでも私の存在がわかるような物はすべて隠されていました。




私の存在を消し去って、
彼は彼女とここで一体何をしていたのか…





一気にいろんな妄想が頭の中を巡り、
頭の中がカーッと熱くなってきました。



それでも現実を受け止めたくなかった私は、
ただここで食事をしただけに違いないと自分に言い聞かせながらベッドルームに行くと、
ベッドのサイドテーブルの上に、
明らかに私の物ではないイヤリングが一つ置いてありました。



そのイヤリングはまるで私に、




「私はここにいたのよ。」




と、自分の存在をアピールするかのごとく妖しく光っていました。



イヤリングを手に取ると苦しくなるほど胸がドキドキし始め、
すべての疑惑が確信に変わりました。




彼はここで誰かとセックスしていたんだ。




それまで信じきっていた彼の突然の裏切りに、
ガラスのコップが粉々に砕け散るように私の心は壊れてしまいました。



もう止まらなくなってしまった私は、勝手に流れてくる涙を拭うことも忘れ、
狂うように家中を物色し始めました。



するとベッドの下に脱いだストッキングが投げ込まれているのを見つけました。



こんな所にストッキングが偶然に入り込むことなんてあり得ないし、
女性が自分が履いてきたストッキングを忘れるはずもない。



それにイヤリングも両方忘れるならともかく、
一つだけ、それもベッドのすぐ横のサイドテーブルの上に忘れるはずがない。





これは彼女から私への挑戦状だ…





女がEXの目を盗んで自分が脱いだストッキングをベッドの下に投げ入れ、
イヤリングを一つ、そっとサイドテーブルに置いていく光景が私の脳裏に浮かびました。



心の準備もないまま、
いきなり突きつけられた挑戦状に吐き気を感じながらも、
止まらなくなっていた私は物色を続けました。



するとベッドの下の奥のほうにアタッシュケースがあるのを見つけました。



何でこんな所にアタッシュケースがあるんだろう…



もうこれ以上嫌な物は見たくないという気持ちと、
とことん見つけてやるという執念と、
二つの異なった感情が交差しながらアタッシュケースを開けました。



するとその中には書類と共に、
一本のビデオテープと何枚かの写真が混じっていました。



その写真を手にとって見てみると、
それはEXと私の知らない女とのセックスシーンの写真でした。




震える手で何度も何度もその写真を見ながら、
気づくと私は笑っていました。



自分が笑っていることに気づいた私は、
人間って追い込まれると本当に笑うんだと不思議な気分になりながら、
アタッシュケースに入っていたビデオテープを再生しました。





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です
    ↓
ブログランキング  

人気ブログランキングへ


初めての浮気 Part. 3 「私とEX (元夫) 12 」 へ行く 




Comment
この記事へのコメント
こんな話が現実にあるなんて・・!
復習したくなりそう!
2009/ 02/ 01 (日) 11: 20: 00 | URL | nonko # 79D/WHSg[ 編集 ]
nonkoさん、コメントありがとうございます。
あの時は怒りよりも悲しみのほうが大きすぎて、復讐する気力もありませんでした、、、
2009/ 02/ 01 (日) 14: 12: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
○さん、私と同じ体験されたんですね。
良いのか悪いのかわかりませが、今ではおかげさまでタフになりましたが、あの頃の私には天と地がひっくり返るくらいの衝撃でした。
○さんはその後その彼とどうなされたのか気になります。

2009/ 02/ 01 (日) 14: 19: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
相手も凄い人ですね。彼女が住んでる事を知っててそこまで挑戦してくるって、EXさんは、そんなにえー男やったんですね!
そこまでもてるなんて・・・ってかその女性が単にライバル心むき出しだったのかな?

なんだか、ドラマみたいなお話の展開・・・

続きを楽しみにしていますからね。
2009/ 02/ 01 (日) 19: 47: 00 | URL | P # 79D/WHSg[ 編集 ]
ひゃ~、ドラマよりスゴイかも~。

でも、この後で結婚しちゃうんですよね~。
彼がどうやってこのピンチを切り抜けたのか
興味津々です~。

更新頑張ってくださいね~。
2009/ 02/ 02 (月) 02: 38: 00 | URL | rient # 79D/WHSg[ 編集 ]
はじめまして、アメ人パートナーと11年連れ添うnatsuminといいます。
今まで、ワンナイトスタンド程度の浮気なら互いにやりました(爆)

それにしてもパートナーさん、やる事ズサンすぎ!
女を家に連れて来る時には同棲相手の気配を消すことに用意周到なのに、その後口紅の付いた吸い殻とか、2人分の食器はそのままって、その詰めの甘さは何なんすか(笑)
どっちにバレたら怖いかって、明らかにフィアンセの方なのに???

おうちで食事までしたのは、ハプニングじゃなくて「ある程度付き合いのある相手」ですよね.....でも、所詮浮気だったから元サヤになったのかなー。
たかが浮気なら、浮気相手をそれなりに扱ってバレないよーに要領良く付き合やいーのに、何でまた自宅でディナーなんて面倒な事を!?
写真も捨てるなり職場に置くなりすりゃいーのに。自分がそんな事やってたらもっと証拠隠滅してもまだビクビクしますよー。
ていうかそんな度胸ありません。

とは言え自分達のベッドで寝られるのは私ならガマンならんなー。謝罪代わりに、ベッド買い直して欲しい。
2009/ 02/ 02 (月) 08: 30: 00 | URL | natsumin # 79D/WHSg[ 編集 ]
Pさん、EXは別にハンサムってことはないですが、魅力はある人でした。
マメで優しいくて甘え上手だけど野心はあって行動力もある。
そしてその時欲しい言葉をくれる癒し系でもあったので、はまる人ははまるでしょう。

それにこれは親友のミキも言ってましたが、何だかんだと言っても根本的に何故か心底憎めない奴なんですよ。 不思議ですが。

2009/ 02/ 02 (月) 09: 17: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
rientさん、実は結婚までにはこれよりさらにひどい裏切りがありました…

それなのに懲りずに復活してる私も私ですよね…

あの頃の私は嫉妬で執着心が増すという悪循環にはまっていたいたのかもしれません。

それにしても今回の浮気がばれた後の彼の行動のうち、ここで書いたらさすがにちょっと彼が可哀相かなと思うくらい白熱の行動しましたよ。
2009/ 02/ 02 (月) 09: 35: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
○さん、やはり別れましたか…
あの頃はわからなかったけど、
結局一度粉々になったグラスはどんなに必死にくっつけても、
あちこちから水が漏れて出して結局また割れてしまうと今ならそう思っています。

苦しい思いをした分、新しい彼と幸せになって下さいね!!!


2009/ 02/ 02 (月) 09: 41: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
すごい、っていうか、あの信じていたものに裏切られた気持ちって表現できない感覚・・・つらかったね・・・。
しかし、相手もかなりチャレンジャーなんだね・・・。挑戦状たたきつけてるって事だもね。
人間ってこういうきつい経験して人として大きくなるんだよね。
つづき、楽しみ(っていいのかな・・・)にしてるね。
それから、メール、ありがとう!!
2009/ 02/ 02 (月) 09: 58: 00 | URL | はなこうめ # 79D/WHSg[ 編集 ]
natsuminさん、初コメありがとうございます!

あの詰めの甘さは多分彼女と一緒に家を出たので、彼女の手前、あんまり周到に隠す余裕が無かったんじゃないかと思います。

後それと、今思えば私が気づいてなかっただけで、この彼女の前にも浮気をしてた可能性もあるんじゃないかと思っています。
そして回数を重ねているちにガードが弱くなった可能性もあります。

まぁ、元々病的な浮気性の人ってそうじゃない人と比べて詰めは甘いもんなんですけどね。

それから確かにnatsuminさんがおっしゃってるように、あの日はハプニングではなく、付き合いはあったようでした。

詳しくはまたブログで書くのでまた来て下さいね!


2009/ 02/ 02 (月) 09: 58: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
おおお! はなこうめさん、投稿時間見てみて下さい!!
まったく同時に投稿してましたよ!!
これって運命??(笑)

それにしても辛い経験して人の痛みがわかるようになるのはいいけど、信じていた人に裏切られる経験なんてしなくてすむならしないほうが良いですよね。

まぁ、元々騙す目的的で近づいてきたわけじゃないのが救いですが。

結婚詐欺なんかされたらまじ、人間不信になっちゃいそうですからね。
2009/ 02/ 02 (月) 10: 08: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
そうです。運命です。(笑)
運命って男と女だけとは限らない!!(笑)
本当に、ukainounycさんっていろんな経験してるよね。だからこんなに面白いブログ、書けるんだね。
文才あって、うらやまし・・・

2009/ 02/ 02 (月) 11: 08: 00 | URL | はなこうめ # 79D/WHSg[ 編集 ]
ukainounyc さま
ホントに私も同じ気持ちです!
シラを切り通すって場合によっては優しさかもですが明らかに、、、って場合ですとバカにされているのかなって裏切られた気持ちと憎しみが増してしまいますよねーー。
本当は自分の勘違いだと思いたい気持ちもありますが正直に言ってもらいたいですよね。
そうしないとモヤモヤを引きずったまま前に進めない気がしますしーー。
それにしてもEX氏を始め男って詰めが甘いですよね。
自分のテリトリーで浮気するなら必死で隠すべきだと思うのですが。。。
浮気相手を同棲している部屋に引っ張り込む度胸と図々しさがあるのなら隠した物は元に戻してキッチリ隅々まで掃除・チェックを怠らないで欲しいですよ!
まぁ相手の信頼を裏切って浮気する時点で最低ですから思いやりのある嘘とか証拠隠滅なんてありえないですけどね。。。
こんなズサンな証拠隠ししてシラを切るならホントにショックですけとむしろバレたかったの?ってじゃっかんそんな気がしないでもないですが。。。
益々続きが気になるので次回の記事も楽しみにまっております!!

2009/ 02/ 02 (月) 12: 01: 00 | URL | チチチ # 79D/WHSg[ 編集 ]
チチチさん、よく世間で浮気がばれても最後まで白状しないのが相手の為とか聞いたことがありますが、実際やられた身にしてみればそれはないんじゃないかと思います。

確かに言い訳を聞いてる時、それを信じたいという気持ちもあるのも確かですが、またそれも嘘だったとわかった時の傷はより深くなってしまいますからね。

ちなみにEXは私と一緒に住んでいるアパートに連れ込む以上の大胆な浮気もしましたよ。
あそこまでいくとどっちが浮気相手だったのかわからない状態でしたね。
2009/ 02/ 03 (火) 02: 20: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
ukainounycさま
良い嘘でも悪い嘘でもつかれた方としては複雑な心境ですよね。
ましてや浮気となると自身の保身の為だけで相手の気持ちを想いやっての事ではないでしょうしね。。。
『アパートに連れ込む以上の大胆な浮気』ってなんですかーーー!
物凄く気になるのですが聞くのもちょっと怖い。。。
このシリーズを読み進めて行くうちに明らかになるのでしょうか?
楽しみと言ってしまうのははばかられますが続き首を長くして待っております!
過去の事とはいえきっと思い出すのも辛い事でしょうが更新がんばって下さいね!!応援しています!!!
2009/ 02/ 03 (火) 09: 56: 00 | URL | チチチ # 79D/WHSg[ 編集 ]
鍵コメTさんも同じような経験されたんですね。
うちのEXも結婚後は独身と嘘をついて浮気していたようですから、Tさんの元彼と同じような感じですね。

辛くても振り切ったTさんはえらいですよ!!
私は結局振り切れなくて結婚しちゃったんですからねぇ。

嘘つきと浮気性は治らないらしいので、別れて正解ですよ。
あの頃私は治るものだとばかり思ってたもんで…
2009/ 04/ 13 (月) 10: 20: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。