ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家出 Part. 1 「私とEX (元夫) 16 」 
2009年 02月 07日 (土) 01:43 | 編集

ブログランキング ←応援クリックお願いします♪



当ても無く家を出た私はニューススタンドで新聞を買い、
そこに載っていた数箇所の安宿に電話をしました。



その中でも値段が安く、
まだ部屋が空いてたタイムズスクウェア近くの安宿に向かいました。



住所を走り書きした紙を見ながら宿に着くと、
そこはお世辞にも綺麗とは言えない建物でした。



取り合えず受付を済ませ、
そこのスタッフのおじさんに部屋を案内してもらうと、
そこには広いスペースにたくさんのベッドが置いてありました。



さすがにこの精神状態で相部屋は無理だと思ったので、
そのおじさんに個室にし欲しいと頼むと、
後、30分くらいで部屋が空くので受付で待つよう言われました。



仕方がないので受付に置いてある椅子に座って待っていると、
ふと値段表に目が行き、そのまま目が離せなくなってしまいました。




一泊  ○○ドル。
2時間 ○○ドル。
4時間 ○○ドル。




え??!! ここってラブホテルなの??!!




そういう事情がよくわからなかった私は、
ここに来て良かったのか不安になりだしました。



厳密に言うとアメリカにラブホテルは無いので、
その安宿は通常のホテルとしても貸しているし、
その目的でも貸していたのでしょう。



キャンセルしようかとも思いましたが、
高いホテルに泊まる余裕も無いし、
またこれからあちこちホテル探しをする気力も無かったので、
そのまま順番が回ってくるのを待っていました。



しばらくすると若い男女が階段を下りてきて、
チェックアウトしていきました。



その様子からあきらかに事が終わったばかりという感じがして、
その直後の部屋に泊まるのはさすがに良い気持ちはしませんでした。



それから少しして部屋が片付いたようで、
さっきのおじさんに呼ばれて部屋に向かいました。



部屋はとても狭く、清潔感も無く、
窓も小さくて太陽の光がほとんど入らない状態でした。



でも寝る場所さえあればいいと思っていた私は、
ただぼんやりとおじさんの説明を聞いていました。



おじさんがベッドの横にあったエアコンの説明を終え、
私にもやってみるようにと言われたので、
前かがみになりながらエアコンの装置を触っていると、
いきなりそのおじさんは私の に手を回してきました 。



びっくりして振り返ろうとすると、なんと、




そのまま後ろから抱きつかれてしまいました。




突然の出来事にびっくりして、




「な、な、何するんですか!!!」




と大声を上げると、 彼はすぐに手を離し、




「ごめん、そんなつもりじゃなかったんだ。 ごめん、ごめん。」




と何度も言いながら部屋から出て行きました。



彼が部屋を出てすぐ鍵をロックしましたが、
予想もしていなかった突然の出来事に、
体の震えが収まりませんでした。




あの男は何をしようとしていたのか?
抱きしめたら私が喜んでセックスするとでも思ったのか?
あの男はいつもここでそんな事をやっているのか?
それとも私がそういう女に見られたって事か?

っていうか…




今の私って…
他人からそういうふうに見えるの???





薄暗い部屋の中でそんな事を考えていると、
どんどん惨めな気持ちでいっぱいになって、
自分が情けなく、悔し涙が止まりませんした。





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です
    ↓
ブログランキング  

人気ブログランキングへ


家出 Part. 2 「私とEX (元夫) 17 」 へ行く




Comment
この記事へのコメント
NYにそんなホテルが存在するのもびっくりですが、そのオヤジにもびっくりです。

ukainouさんがそんな人に見えたのではなく、ただ単にスケベおやじか隙につけこんだだけのこと・・・

どんなに落ち込んでいるときでも隙を見せたら危険な目に会う・・・・
そういうことですよね・・・。

続きも楽しみにしています!!
2009/ 02/ 08 (日) 22: 34: 00 | URL | yosse # 79D/WHSg[ 編集 ]
どこの国にもスケベ親父はいるんだね・・・。そういう女性に見えたわけではなくて、あまりにもukainoさんの気が抜けてて、拒まれないって思ったんじゃないかな・・・
ukainoさん、こういう経験、くぐりぬけているから強いんだな~。今だから言えるけど、これはこれですごく自分を強くしてくれる経験だったんだろうね。
2009/ 02/ 09 (月) 08: 43: 00 | URL | はなこうめ # 79D/WHSg[ 編集 ]
yosseさん、ニューヨークって基本的に弱肉強食の世界なので、調子が良い時はどんどんプラスの方向に進むけど、弱ると反対にマイナスの方向に行きやすいので要注意なんですよ。
弱ってるとそれを敏感に嗅ぎ取ってハイエナどもが近寄ってくるんですよー。
おそろしやーーー。

最近ニューヨークのそういう所にちょっと疲れてる私ですけどね。^^
2009/ 02/ 10 (火) 00: 53: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
はなこうめさん、恐らくそうだったんでしょうね。
さっきも書いたけど、こっちが気を抜くとハイエナが近寄って来るんですよー。

ただこっちがやる気をみせるとチャンスはたくさん与えてくれる街でもあると思いますが。
ただ頑張り続けるのも疲れるんですよねぇ。
2009/ 02/ 10 (火) 00: 59: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。