FC2ブログ
ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛と憎しみ 「私とEX (元夫) 26 」
2009年 03月 08日 (日) 18:52 | 編集

ブログランキング ←応援クリックお願いします♪



その日、ナオキといろんな話をして、
彼も数ヶ月前までEXと同じ国出身の女性と付き合っていた事を知り、
思わぬ共通点にその話題で大いに盛り上がりました。



ナオキと楽しく話しながらも、
心の奥ではずっとEXの事が引っかかっていていました。



EXの浮気を確信しながらも、
それを信じたくない自分もいて、
これは何かの間違いであって欲しいと心のどこかで願っていました。



ふと、時計を見ると、もうすぐEXのバイトが終わる時間帯でした。



それに気づいた私は居ても立ってもいられなくなり、




「もう遅いからそろそろ帰るね。」




とナオキに言って立ち上がりました。



心配そうな顔をしたナオキが、




「途中まで送るよ。」




と言ってくれましたが、
EXの仕事が終わる前に電話をしたかった私はそれを断り、
ナオキを残して急いで店を出ました。




もしかして今日もEXはバイトに行ってなくて、
今も女と一緒にいるのかもしれない。





そう思い出すと気分が悪くて倒れそうになりながら、
途中で見つけた公衆電話からEXに電話をかけました。




「○○○(EXの名前)をお願いします。」



「ちょっと待ってて下さい。」



「ハロー。 ukainou? 」




あ、いたんだぁ…
安心感から一気に体の力が抜けました。




「今日学校に来なかったの? いなかったみたいだけど。」



「…その事で話したい事があるんだけど、もうすぐ仕事終わるの?」



「うん。 話って?」



「とにかく近くまで来てるから、今からそっちに行くわ。」



「OK」




そして彼のバイト先に着いたけど、
そこで気まずくなるのは嫌だったので、
中には入いらないで外から彼が仕事をしているのを眺めていました。



楽しそうに仕事をしている彼を見ていると、
どうしようもないくらい彼の事が好きな自分に気づき、涙が溢れてきました。



私が傷ついてる姿を見てあんなに後悔して、
二度と私を裏切らないと約束したのに、
本当に彼はまた私を裏切っているのであろうか。



いつもあんなに優しい彼が、
同時に私を傷つけるような事を本当にしているのであろうか。



無邪気な笑顔で私を裏切る彼が憎くたらしい。
平気な顔で嘘をつく彼が憎たらしい。



それなのに… 



何で私はこんなに彼の事が好きなの?
気持ちがコントロールできない。
いっその事、すっぱり別れたい。
でも別れられない。 
すべて誤解だったらいいのに…



いろんな感情が自分の中でグチャグチャに絡まって、
自分でも一体どうしたいのかわからなくなっていました。



しばらくして私に気づいた彼が嬉しそうに手を振りました。



手を振り返さない私に訝しげな顔をしながら、
仕事を終えた彼は店から出てきました。




「どうしたの?」



「落ち込んでる…」



「え? どうしたの? 何かあったの? 
 学校でも探したんだよ。 どこに行ってたの?」



「…クリスマスイブの夜って、本当に仕事してたの?」



「え? 何で? もちろん仕事だったよ。」



「仕事っていうのは嘘で焼肉屋に行ってたんでしょ?」



「焼肉屋? それはukainouと一緒に行ったじゃん。 
 だから24日じゃなくてバイトの次の日だよ。 違ったっけ?」



「25日も私と行ったけど、24日も行ったんでしょ!!」





「女と!!!!」





「はぁ??? 行く訳ないじゃん。 
 いくら焼肉が好きだからってさすがに二日続けて行かないよー。(笑)」



「普通はね。  
 でもあなたが女とクリスマスイブの夜に焼肉食べてたのを見たっていう人がいるのよ!!!」



「はぁ? 一体誰だよ、それって。」



「サキっていう子だよ。」



「サキ??? そんなやつ知らないよ。」



「あなたは知らなくても彼女はあなたを知ってるの!」



「そんな僕が会った事もないやつの言ってる事を信じるの?」



「あなたの言い訳より確かでしょう。」



「一体ニューヨークにどれだけの人間が住んでると思ってるの?
 校内ならともかく、ただ見た事があるだけの人間の顔なんて、
 どっかのレストランで偶然会ったとしてもわかりっこないよ。」



「でも絶対にあなただったって言ってたよ。」



「僕に似たやつなんて五万といるよ。 僕はその日は仕事をしてたよ。
 イブの夜だったからはっきり覚えてるよ。」



「嘘だと思うんなら、今から一緒に店に戻って、マネージャーに聞いてみたらいいよ。」



そう言ってEXは私の手を取って店に連れて行こうとしましたが、
さすがの私も彼のバイト先のマネージャーに、




「クリスマスイブの夜、彼は確かにここで働いていましたか?」




何ていう質問は、イエスであってもノーであっても、
自分が惨めになるだけだったので聞きたくありませんでした。



結局、前回の洋服疑惑と同じく、
今回の焼肉疑惑も真実はわからないまま、
うやむやに終わってしまいました。



かと言って、彼への疑惑が晴れたわけではなく、
不信感は増すばかりで、
いつの間にか私は「束縛」という心の鎖でEXをがんじがらめにしようとしていました。





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です
    ↓
ブログランキング  

人気ブログランキングへ



爆弾発言 「私とEX (元夫) 27 」 へ行く




Comment
この記事へのコメント
待ってましたよぉ~~~更新有難うございます。

EXさんは今回も最後まで焼肉屋での事は認めなかったのですか?

腸が煮えくり返りそうです。笑

ボタン押しておくんで更新頑張ってください♪


Ukaunouさんがお店のマネージャーさんにイブの事聞けないの分かってて「聞いてみなよ!」なんて言ってますよね・・・。




2009/ 03/ 09 (月) 02: 53: 00 | URL | Mikita # 79D/WHSg[ 編集 ]
Mikitaさん、待ってて下さってありがとうございます!
ボタンも押してもらってることだし、サクサクっと行きましょか!^^

ところでやっぱり今回も最後まで認めませんでしたよー。
いくら非常識なサキでも、無い話をあえてするはずはないので、彼が女と一緒にいたというのは揺るがしようも無い事実なんですけどね…

ちなみに振り返ってみると、EXは「聞いてみな」作戦はよく使ってましたよ。 「それじゃー、○○に電話して聞いてみたらいい」とか言われても、まったく関係のない第三者にこんな事恥ずかしくって聞けるはずがないですよねぇ。
もしかして事前にすでに口裏合わせてるのかもしんないし、そうじゃなかったとしても、そんな事を関係のない人にわざわざ電話して聞くなんて、我ながら惨めじゃないですかー。
同情されるのだけは嫌でしたからねぇ。
2009/ 03/ 09 (月) 06: 08: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
うぁーい。待ってました!
待ちきれず時々ウロウロ迷い込んでました(^^;;)
(ヒマ人?笑)

そりゃ、聞いたらマネージャーの方が困惑しますよ。
誰も他人の痴話喧嘩に関わりたくないし、証言なんてさせられたくないっす。
ワタシがマネージャーで、自分の下でよく働いてくれる子が彼女連れて来て、万が一そんなこと聞かれたら「あ、ああー (@Д@;) 働いてた...よね?」とか下手な嘘をついて(嘘と決めてかかってるアタリ...;)、後でバイト君に会った時にコソッと「ちょっとどういう事か知んないけど他人を巻き込むのは勘弁してよ!あんまり可哀想な事するんじゃないよ~仲良くやってねー」みたいに収めると思います。
男は基本的に男の味方ですから.....ってオレは男か?(笑)

サクサクッといって下さると大変嬉しいですが、ご本業がお忙しい時は無理なさらず。
こちらも楽しみにお待ちしてますね~。ワタシもポチッといっときます!
2009/ 03/ 09 (月) 06: 44: 00 | URL | natsumin # 79D/WHSg[ 編集 ]
せつない、せつないよ~。ukainoさんの気持ち、よくわかるわ~。絶対、別れた方がこんな思い、これ以上しなくて済むって思うけど、やっぱり彼の事が好き。わかるわ~
2009/ 03/ 09 (月) 09: 07: 00 | URL | はなこうめ # 79D/WHSg[ 編集 ]
Natsuminさん、待っててくれましたかー!
そういってもらったら張り切って更新しなきゃー!!

更新してしばらくは、気持ちがその時代に戻ってるので、すぐに次の話を書きやすいですが、一旦休むとなかなかそのモードに戻らなくて書けなくなっちゃうんですよー。
natsuminさんはどうですか?

それにしてもnatsuminさんのブログ、どんどん面白くなってきますね。
何となく勝手ながらnasuminさんのブログは姉妹ブログに感じてます。
何てったってお互いの話に出てくる男が二人ともマイケルハッチェンス似なんですからね!

2009/ 03/ 09 (月) 11: 39: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
はなこうめさん、わかってもらえますかー。
そうなんですよ。
こんな嘘つき浮気男となんかすっぱり別れちゃえ!!って理性の部分の私は言うんですが、感情が理性を上回ってしまって、out of control 状態でした。

感情が理性を上回ることってそれまでの私はなかったので、自分でもびっくりでしたわー。
2009/ 03/ 09 (月) 11: 43: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
お忙しい中、up感謝です。急かしてしまいましたよね・・・ 申し訳ありません。。。 

私も浮気も嘘も絶対に許せません。
どちらも経験あります。相当泣きました。親友がその頃の私を、「ノイローゼになった死神のようだった」と語ります(笑)
ちなみに、私、浮気現場のお店に行くことはしなかったけど、TELして根掘り葉掘り聞いちゃいました ワハハ・・・・?
でも、時が経つと、死ぬほど好きだったから、今となっては結構いい思い出です。
でも、読んでて凄く腹の立つ人間が前回から一名・・・
それは、サキーーー!!!
私なら間違いなく妄想で100回ビンタ+罵詈雑言。おお野蛮・・・

では、次のUP楽しみにしてます^^
2009/ 03/ 09 (月) 18: 36: 00 | URL | unikyu # 79D/WHSg[ 編集 ]
うわーん(T△T)お姉たま!いや、妹よ!かな。ありがとうございますー
(なんて、調子に乗って失礼しました)
ワタシのはだめんずブログだし自分でも読み返して「世間様は、眉をひそめて読んでるのかも」と思うので、そんな事言われると素直に嬉しいです。

実は、当時はめちゃくちゃ傷ついてたなーという記憶はあるんですけど、細かいことは案外忘れてます。
渡米からずっと日記付けてたんです。
で、途中で全部捨てたんですが、なぜか付き合いだした頃から1年くらいの日記がまだ残ってて、それを元に今の時点では書けてます。
10年の間にエピソードは満載ですけど、これからどーしよ、覚えてるかなー(^^;;)
ukainouさんは素晴らしい記憶力ですよね!
2009/ 03/ 09 (月) 23: 16: 00 | URL | natsumin # 79D/WHSg[ 編集 ]
unikyuさん、いえいえ、こちらこそ読んでいただいてありがとうございます!

nikyuさんも浮気さた経験があるんですね。
浮気には必ず嘘がついてまわるので、浮気を繰り返す人間というのはイコール嘘が容易につける人ってことなんですよね。
嘘が苦手なタイプは嘘をつくたび罪悪感感じるので、どこかしらにその雰囲気が滲み出てすぐに嘘がばれるんですよ。
それを知ってるから安易に浮気なんてできないんですよ。

浮気をする人間=嘘つき

そう思ったら100年の不倫の恋も冷めますけどね。
(またこの事は追々ブログで書きます)

嘘をつく人間とずっと一緒にいると、何がほんとで何が嘘なのかわかなくなってきますので、その男と別れたのは大正解でしたよ。
私は別れるまで時間がかかりすぎてしまいましたが…

文字数オーバーの為、続く。
2009/ 03/ 10 (火) 10: 16: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
続き。

ちなみに「他人の浮気現場を目撃してしまったら」ですが、もしその配偶者が自分の大切な友人なら正直に話します。もちろん「二人っきり」で。
私がその立場だったら真実が知りたいからです。

ただその配偶者がただの知り合いだったら絶対言いません。
言うべきではないと思います。
そういう意味でサキが私に言ったのは間違いだったと思います。
だって明らかに「他人の不幸は蜜の味」って感じましたからね。
どうせ私がいない所でも楽しそうに皆にその目撃話をしてるんやろうなって思いましたら。

今頃彼女はりっぱな「オバタリアン」になっているんでしょう…

2009/ 03/ 10 (火) 10: 17: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
natsuminさん、そうそう、natsuminさんのブログを読んで共感した事がもう一つありました。

それは私も立派な「だめんず」なんですよー。
前回日本に帰った時にその本を見つけて思いっきりはまって読んじゃいましたよ。
自分にあてはまってることもいっぱいありました。(汗)

それで「私ってだめんずだったんだぁ…」と思っていたので、natsuminさんのブログでもそう書いてあったのを読んで共感したって訳です。^^

だめんずじゃなかったら、一回目の浮気できっぱり別れてましたよー。

ただnatsuminさんもそうだけど、私もそれを自覚しているので、同じ間違いは繰り返さないと思いますが。(願望)

だめんずにはいろんなパターンがありますが、私の場合は虚言壁タイプが近寄ってくるんです。
モラハラ男とか、暴力振るう男とか、酒癖が悪いとか、そういうタイプの駄目男は近寄っては来ないんですが(元々チヤホヤされるのが好きなもんで)、何故か虚言壁タイプの男は近寄ってきますねぇ。

まぁ、それは私が夢を持ってる人が好きだからなんでしょうが。

虚言壁男には騙されやすいタイプなんで気をつけないと。^^
2009/ 03/ 10 (火) 10: 28: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。