ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ICU体験記 Part.9 「良い看護婦、悪い看護婦」
2008年 04月 22日 (火) 08:58 | 編集


ICUに移ってしばらくすると、
ICU内で働いてる看護婦は2種類のグループで構成されている事に気がつきました。



詳しいシステムは知りませんが、
この二つのグループはユニフォームが少し違います。



でもユニフォームより何より一番の大きな違いは、



仕事に対する  熱意」  です。



話がややこしくなりそうなので、
やる気があるほうのグループをAランク、
やる気がないほうのグループをBランクとします。



私が見たところ、
Aランクの看護婦は医療の知識が高く、
ドクターの手助けなど、より専門的な仕事をしています。



Bランクの看護婦はドクターの手助けというより、
雑用係って感じです。(おそらくライセンスが必要じゃない仕事専門?)



Bランクの看護婦たちは呆れるほど仕事に対するやる気がなく、
しかも意地悪だったので、
彼女たちにはいろいろ泣かされました…



彼女たちにとって患者はただの



物体



でしかないようで、
何の感情も出さずに、ただ淡々と自分がやるべき仕事を必要最低限こなしてるだけでした。



確かにICUのほとんどの患者は意識がない状態なので、
毎日あそこで仕事をしている彼女たちには物体に見えてきてしまうのかもしれませんが、
それでもきちんと人間として扱ってほしかったです。



私はICUにいる間、
体中器具を付けられて身動きがとれなかったので、
導尿をはずしてからはベッドの上で用を足さないといけなくなったんですが、
彼女たちは特に下の世話が嫌なようで (まぁ、嫌な気持ちはわかるけど)、
呼んでも無視される事が多かったです。



その中でも一番辛かった出来事なんですが、
Bランクの看護婦を何度も呼んで、
ようやく簡易トイレを持ってきてもらったまでは良かったんですが、
用が済んだ後に回収してもらおうとまたそのBランク看護婦を呼んでも、
別のBランク看護婦とのおしゃべりに忙しいようで、
目線があってるにも拘らず無視され続けました。



かといってそのままの体勢だと辛かったので、
仕方なく、まだ思うように動かない体で必死で簡易トイレを腰から外して、
ベッドの端に移動させようとしました。



でも手がプルプル震えて力が入らなくて、
手から簡易トイレが滑り落ち、全部こぼしてしまいました。



ベッドのシーツと自分の患者服を汚物で汚してしまって、
何とも言えない情けない気持ちで打ちひしがれていると、
1時間近くたってからようやくやって来た看護婦がその現状を見て、、




ハァ~~~~ッ!!!!




と思いっきり嫌そうに大きくため息をつかれてしまいました…



惨めな気持ちでいっぱいでしが、



「何度も呼んだのに来てくれなかったから…」



と、一応小さな反逆を試みてみましたが、
彼女は私と会話をする事もなく、
ただ無言で片付けて行ってしまいました。



この時に初めてこの人達は私を「人間」とは思っていないんだと実感しました。



実はその前にもBランクの看護婦に、



「体のあちこちに貼ってあるシールみたいなやつが痒くてたまらない」



と訴えたことがあるんですが、
シールを捲ってちらっと見ただけで、
特に何も言わないままどこかに行ってしまったので、
痒いけど我慢しなきゃいけないのかと思い、
ずっとひたすら我慢していました。



そこに登場したのがAランク看護婦



彼女はにこやかにやって来て、
自分の自己紹介をした後、



「何か困ったこととかある? 何かあれば何でも言ってね」



と言ってくれたので、
痒いこと彼女に伝えると、シールを捲った瞬間に



「まぁ、こんなに赤く爛れちゃってるじゃないの。
 これは恐らくゴムアレルギーなのね。
 すっごく痒かったでしょ?可哀相にねぇ。
 こういうことがあったら我慢しなくていいんだからすぐに言ってね」



と言って、てきぱきとにゴムアレルギー用のシールに変えてくれました。

(ちなみに手術するまではそんなアレルギーはなかったんですが、
 手術をして以来、何故かゴムアレルギーになってしまったようです)



Aランクの看護婦の中には男性の看護士もいて、
彼は暗くなりがちなICUでいつも面白い話をしてくれたり、
暇があると声をかけてくれて、
明るい雰囲気づくりをいつも心かげてくれていました。



時々妙にメソメソモードに突入してしまうこともあった私は、
ある日の夜、ベッドの中で一人メソメソと泣いてると、
Aランクの看護婦が私のベッドの横に椅子を置いて、
暇を見つけては私の側に寄り添って、
一晩中いろんな話をして慰めてくれたこともありました。



Aランクの看護婦&看護士たちのおかげでBランクの看護婦たちからの仕打ちにも何とか耐えられたし、
本当に彼女たちにはどれだけ救われたことか…



喉の渇きとの戦いも、
Aランクの看護婦たちのおかげで随分気がまぎれました。



ある日、Aランクの例の陽気な看護士がやってきて、



「ハーイ! Ms. ukainou ! 今日は頑張ったご褒美に氷を一つあげるよ!!」



と嬉しそうに言いました。



待ちに待った水分補給の日です!!



大喜びでカップに入った氷を一ついただきました。



氷がこんなにおいしいとは!!



でも喜びも束の間、
氷はあっという間に無くなってしまったけど、
喉の渇きはまったく癒えてなかったので、
彼に駄目もとで、



「もう無くなっちゃったので、もう一つ貰えますか?」



と聞くと、



「ほんとはいっぱいあげたいんだけど、
 少しずつ様子をみながらじゃないと駄目なのでごめんねーーーー!!
 その代わり僕の面白話を聞かせてあげるよ!」



とおちゃらけながら言われたので、
それまでのような悲壮感を感じず、
もうちょっと頑張ろうという気になりました。



今思い出しても彼らは本当に優秀な看護婦&看護士だったと思います。



それにしてもAランクとBランクの差がありすぎ!!



何でもかんでも両極端なアメリカならではやなーっとつくづく思いました。





ただ今「人気blogランキング」に参加してますので、ご協力いただければ嬉しいです。

↓Thank you !↓

ブログランキング






ICU体験記 Part.10 「初めての食事!」へ行く






Comment
この記事へのコメント
AとB、差がありすぎですね!!
Bランクは嫌な感じ!こんな態度だったら訴えられるんじゃないですか?
精神的苦痛を与えられたとか。
それに比べAランクの方は心の底から仕事を愛し患者さんを
愛してるんでしょうね!こういう方たちがいて良かったですね♪
精神的にも肉体的にも弱ってる患者さんにはこういう看護師
さんが必要ですよ!!
2008/ 04/ 23 (水) 22: 35: 00 | URL | harihari # 79D/WHSg[ 編集 ]
アメリカってほんと何でも両極端なんですよ。日本人でここまでできる人少ないと思うほど良い人がいれば、日本人でここまでひどいことする人は少ないだろうと思うことも多いです。人格だけじゃなくて、ルックスも同じで、ここまでパーフェクトな人は日本人にはいないって思う反面、ここまでひどい人は日本人にはいないっていう人もいっぱいいます。 貧富の差も日本とは比べ物にならないですしねぇ。
2008/ 04/ 23 (水) 23: 14: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
はじめまして。
ここ2-3日、ukainounycさんのブログに釘付けです。
楽しんで読んでいます。

AランクBランクの看護師の話ですがすごく興味深く読みました。
日本は間違いなく(個人差はあっても)Aランクです。私は日本の看護教育に携わっていますが、アメリカってどういう教育してるの~??と思いましたよ(笑)。医療機器のメーカーさんも言っていましたが、普段ナースが使う器具について一番クレームを言うのは日本人ナースだそうですよ。ちょっとした変化も見逃さず、やれつかいやすくなっただの使いずらいだの言ってくるそうで・・。欧米との比較の例はまだいくつかネタがあるのですが、なんせ日本に住む日本人なので、またおもしろい体験があったらぜひ教えてくださいね!

楽しみにしています。

それにしても海外でたくましく生きていらっしゃるukainonycさん、尊敬します。
2009/ 02/ 08 (日) 19: 16: 00 | URL | mom # 79D/WHSg[ 編集 ]
momさん、初コメントありがとうございます!

現場の方からの欧米との比較にとっても興味があります!
ヨーロッパはどうだか知りませんが、アメリカと似たような感じなんでしょうか?

アメリカは医療保険も超高いし、看護婦も意地悪な人が多いので、病気になって以来日本に帰りたい病にかかっちゃってます。

帰りたくても子供をいる以上、彼らが独立するまでこっちで頑張りますが…

意地悪な看護婦と言えば、私の知り合いのご主人が入院した時にそのご主人が目撃されたそうですが、白人のおばあちゃんで、ボケが入ってる人だったのかもしれませんが、そのおばあちゃんを看護婦が思いっきり叩いている所を目撃したそうです。
憤慨したご主人はもちろん病院側に訴えたそうですが、それを聞いてますます歳を取ってアメリカの病院にお世話になるのが怖くなりました。
もちろん日本でもそういう事がニュースになることはありますが、言ってみればニュースになるほど珍しいことで、アメリカほど多くはないんじゃないかと思ってます。
2009/ 02/ 10 (火) 00: 05: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。