ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ICU体験記 Part.10 「初めての食事!」
2008年 04月 24日 (木) 09:06 | 編集


それから少しずつ体調も良くなり、
待ちに待った許可が下りて、
ようやく念願のお水が飲めました。



ただこれだけ長期にわたってお水が飲めなかったトラウマはすごくて、
飲んでも飲んでも喉の渇きが癒えず、
コップに入ったお水が空になると不安になるので、
お見舞いに来てくれた友人にペットボトルに入ったお水を買ってきてもらって、
常にベッドの傍らに置いていました。



そんなある日、
ICUではあまり見かけない、病院食のメニューを配る係の人がやってきました。



どうせ私には関係ないと思ってボーっとしていると、
そのメニュー係はストレートに私のほうに向かってやってきます。



そして私にニコッと微笑みながら、



「食べたいメニューにチェックしてね」



と言って、この病院に来て以来始めてのメニューを手渡されました。



「えええー! ご飯食べていいのー?」



驚きと嬉しさでワナワナしながらメニューを見てみると、
シーフードやステーキなど、
見てるだけでおいしそうなメニューがずらり!



それにチョイスも豊富!



つい数日前まで水も飲ませてもらえなかった私が、
大好物のステーキなんて食べて良いの???



信じられない思いを抱きながら、
喜びで緩みっぱなしの顔でメニューを吟味していました。



それにしても病院食だと言うのに、
パンの種類からジャム、スープ、シリアル、飲み物の種類、
付け合せのチョイス、メインの選択など、
細部にわたってチョイスができ、
好き嫌いが激しいアメリカ人でも満足のいく品揃えでした。



ボールペンを握り締めながら30分ほどじっくり考えて(他にすることないし)、



メインはやっぱりステーキにしよっ♪

付け合せはマッシュトポテト♪

それにあれもこれも付けれる物全部付けちゃえ~



てな感じで自分の好きなメニューに決めて、
メニュー係りの人に託しました。



それからわくわくしながら料理が運ばれて来るのを待ってると、
ついに私の食事が運ばれて来ました。



病院食とは思えないほどおいしそう !



思えばこの病院に入院して以来始めての食べ物。



入院した日、私だけチキンサンドイッチにありつけなかった恨みを晴らす時が来た!




まずはこのおいしそーなステーキから




好物のステーキにナイフを入れ、
一口サイズに切った肉を口に入れようとしたら、




な、





な、





なんと!!!







口が開かないじゃないですかーー!!!???






うそーーー!!??



な、な、なんで???




口が開かないとは思ってもみなかった私は慌てましたが、
まさか私が食べれない物を病院食として出すはずがないと思い、
さっきの肉片をもっと小さく切って、
口の中に無理やり押し込むようにして入れました。



そしてその肉を噛んでみたらまたまたびっくり!



肉を噛む度に両耳の奥の鼓膜辺りが




コリッカリッ




と音を立てて、
鼓膜がひっくり返ったようになってしまいます。



何度かトライしてみましたが、その度、




コリッカリッ コリッカリッ




「‥‥」




コリッカリッ コリッカリッ






「‥‥」









無理!!!








こんなんで食えるわけないやーーーん!!!





食べたくて食べたくて仕方なかったけど、
しょうがないので泣く泣く食べるのをあきらめました…




結局ステーキ以外も噛まなくちゃいけないものはすべて駄目で、
結局食べれたのはマッシュトポテトとヨーグルトのみ!



それも食べるというより舐めて飲むって感じです。



これにはガッカリを通りすごしてただただ笑うしかなく、




あ、そうか、アメリカって何でも自己責任って言うから、
さっきのメニューは自分の食べたい物を選ぶんじゃなくて、
自分の症状に合わせてそれぞれが食べれるものを選べって事だったのね。
ふむふむ。





‥‥ってそんなん無理無理!!





と、一人寂しくベッドの上でボケツッコミをやっていました。





結局アメリカの病院食って病状に合わせてるわけじゃなくて一律ってことですよねぇ。
体が弱るとほんと日本が恋しくなっちゃいます。
こんな私に↓応援クリックお願いします!↓

ここをクリックするだけでOKです。






ICU体験記 Part.11 「一般病棟と日本人ドクター」へ行く






Comment
この記事へのコメント
ワックワク ドキドキッ!さくらももこ超えて芥川賞まっしぐら!!
2008/ 05/ 15 (木) 11: 44: 00 | URL | siryossy # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。