FC2ブログ
ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これぞほんとのサプライズ 「私とEX (元夫) 46 」
2009年 04月 17日 (金) 18:39 | 編集

人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングに参加してます。 クリックしてね。



サトシと誕生日を過ごした数日後、
EXと約束していた日になり、
車で迎えに来たEXとクイーンズにあるカフェに向かいました。



久しぶりに会うEXにどうリアクションしたらいいのかわからなくて、
最初は何となく気まずかったけど、
カフェで話をしているうちにあっという間に私たちはいつもの調子に戻って、
お互い時間も忘れていろんな話をしました。



ただその会話の中で、EXは決してサトシやナオキの事に触れませんでした。



そのせいで私たちの間にはまるでその事は無かったかのように、
以前と変わらず楽しく過ごしました。



そしてカフェを出て、駐車場に向かう途中、




「これ、誕生日プレゼント。」




と言って、EXはラッピングされた小さな箱をくれました。
その大きさから、



まさか、またティファニーのネックレスだったらどうしよう???



と一瞬戸惑ったけど、
中に入っていたのはティファニーではないゴールドのピアスでした。




「あ、可愛い! ちょうどピアス無くしたばかりだったから欲しかったんだ!」



「ukainouはいっつも無くすからなー。(笑)」



「これは無くさないように気を付けなきゃね。(笑)」



「いいよ。 無くしたらまた買ってあげるから。」



「ほんとに? その言葉、忘れないよー。」




そう笑いながら貰ったピアスを付けようとすると、




「僕が付けてあげるよ。」




と言ってEXはピアスを手に取り、私に顔を近づけ、一つずつ付けてくれました。



そしてそのまま突然、私にキスをしました。



不意打ちのキスに戸惑いながらも照れていると、




「じゃ、行こっか! ほらっ。」




と言って、EXは腕を組む体勢になって、私に目で催促しました。




「えええーー。」



「腕組むくらいいいじゃない。 ほらっ 行くよ。」




と言いながら、まるでいたずらっ子のような顔をするEXを見ていると、
何だか拒絶する気持ちも無くなってしまって、




「もー、仕方ないなぁ。」




と言いながら彼と腕を組みました。



するとEXは嬉しそうにはしゃぎ出し、
その様子が可愛くて、私は笑いながら彼の肩に頭をもたれさせました。



その瞬間、どこからか視線を感じてふと顔を上げました。



すると私の前方には、
私のほうをじーーーっと睨むように見ている5,6人のグループがいました。





え??? ま、まさか…





心臓がバクバクしながら、そのグループをよく見てみると、
それはやはり、





サトシの元カノの友達グループでした!!!





えええ???!!! 

何でこんな所にいるの???





訳がわからないまま、焦った私はEXと組んでいた腕を振り払いました。



そして顔を見られないようにうつむきましたが、



時すでに遅し



彼女たちはすれ違う瞬間もずっと無言で私のほうを見ていました。




マンハッタンならともかく、
何で彼女たちは皆でこんな所にいるの???
クイーンズで鉢合わせするなんて有り得ない…
(当時、日本人留学生はクイーンズにあまり住んでなかった)



絶対絶命だ!



あの人数に見られたら、あっという間に噂は広まるだろう。
彼女たちの友達である元カノからサトシを奪った挙句、
他の男とイチャついてるなんて、
いくらなんでもこの状況はひどいよね。




自業自得とはいえ…




ど、ど、どうしよう???




あまりの偶然を呪いながらも、
一体これからどうしたらいいものか、
考えれば考えるほど、明日から学校に行くのが憂鬱になりました…





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です
     ↓
人気ブログランキングへ
ブログランキング



告白 「私とEX (元夫) 47 」 へ行く




Comment
この記事へのコメント
こんにちわ^^

あちゃーーー><; あちゃーーー><; あちゃーーーーーーーーーー!!!!
こういうのって、やっぱり神様が見てるっていうのか、必然っていうのか… 
後ろめたい事してる時に限って、誰かに見られてるんですよねぇ…

高校生の時、生徒と先生がデートしてるところにバッタリ遭遇しちゃって、先生は顔面蒼白でした(笑) あの時は、犯罪現場を見たような気分で、口の軽い私も、さすがに誰にも言えなかったのを覚えていますが、この件はそうはいかないですよね…
2009/ 04/ 17 (金) 21: 29: 00 | URL | unikyu # 79D/WHSg[ 編集 ]
鍵コメさん、そうです。絶対絶命です。 その上、さらに悪い事は続きます…
2009/ 04/ 17 (金) 23: 33: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
unikyuさん、そんな場面に遭遇したんですか!!??
まるでドラマみたいですねぇ。
さぞかしびっくりしたでしょー。

そう言えば私もご近所の仲良くしていたご主人の不倫現場に遭遇した事がありました。
それも「焼肉事件」と同じく、クリスマスイブの夜でした。

後日、彼にはNYの日本人社会は狭いので気をつけーやーって忠告したのに、またしても日本人が集まるような所に彼女と行って、そこで彼女のご主人の同僚と会ってしまい、奥さんにも会社にもばれてすったもんだあった挙句、日本に戻されてしまい、そのまま会社を辞めてしまいました。

やっぱり天罰ってあるんでしょうかねぇ。

でもEXを見てると天罰が下ってるとは思えないんでが。
なんでーー???
2009/ 04/ 17 (金) 23: 44: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
私も若い頃、自業自得でかなりやば~い立場に陥ったことあります。
私の友人も、同じグループでこっそり二股かけてたら、それがばれてグループからたたき出されたこともあります。(笑)

こういうのって男性がこういうことしても武勇伝になるけど、女性がこういうことすると落ちるとこまで落ちるって感じな本質的な見方が根強いからじゃないかと思うんですけどね。

しかし、女性同士の人間関係は怖いですよね。
2009/ 04/ 18 (土) 00: 11: 00 | URL | 西の方 # 79D/WHSg[ 編集 ]
西の方さん、同じグループで二股とはえらく度胸がある人ですなー。
ばれた時の修羅場がすごそうですね。


女性同士の人間関係はほんと気を付けないといけないのに、この時はさすがに参りました。

あの頃の私は付き合ってる男と待ち合わせしている時は平気で1時間くらい遅刻してたのに、女性と待ち合わせしている時は気が張って絶対遅刻しませんでした。
それくらい気を使ってたんですけどねぇ。

私が彼女たちの立場だったとしたら、サトシの元カノの事を想うと私に対して怒りが沸くのは当然なので、どうしようもなかったですよ。
特に彼女たちは私とサトシが付き合いだした事に関しては仕方ないこととして黙認してくれてましたからね。

サトシの耳に入るのも時間の問題だったし、窮地に立たされました。
2009/ 04/ 18 (土) 05: 52: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。