ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


告白 「私とEX (元夫) 47 」 
2009年 04月 20日 (月) 19:15 | 編集

人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングに参加してます。 クリックしてね。



翌日、休憩時間に恐る恐るカフェテリアを覗いて見ると、
そこには昨日遭遇した元カノの友達たちはいませんでした。



ホッとして中に入って知り合いと話をしていると、
後からサトシがやって来ました。



サトシやその他の知り合いたちと他愛の無い話をしながらも、
いつ彼女たちがやって来るかと気が気じゃなて、
人が出入りするたび、チラチラ出入り口付近を見ていました。



するとしばらくして、友達グループのうちの二人がカフェテリアに入ってきました。



彼女たちを見た瞬間、心臓がドキッとしたけど、
冷静を装って普通に挨拶をしようとすると、
彼女たちは私と目が合った瞬間に目を逸らし、
コソコソと二人で話しながら、私たちと離れた場所に座りました。



やっぱりシカトかぁ…
まぁ、当たり前だよねぇ。
もし私が彼女たちだったら、多分同じ事をしただろうし。
でも、それにしても気まずいなぁ。




と考えていると、それからも次々と元カノの友達たちがやってきて、
先に来ていた二人と合流しました。



そこに関係のない生徒たちまで加わりだし、
私のほうをチラチラ見ながら何やら話していました。



その様子から昨夜の出来事を話しているのは明らかでした。



カフェテリアには大勢の人がいたので、
サトシは彼女たちがいることに気づいていませんでしたが、
この調子だと噂はあっという間に広がるだろうし、
サトシの耳に入るのも時間の問題だと思った私は、




サトシが他の誰かから聞く前に、自分で言ったほういい。




と思い、彼に昨夜の出来事を話す事に決めました。




「今日、バイトが終わったらサトシの家に行っていい?」


「いいけど、どうしたの? 急に。」


「ちょっと話したいことがあるから…」


「えー? 何の話?」


「もう授業始まるから、とにかく今夜そっちに行ってから話すよ。」




そう言って私は息苦しいカフェテリアから脱出しました。





そしてその日の夜、私は重い気分のままサトシの家に向かいました。




「実はね、サトシに言わないといけない事があるの。」


「何?」


「実は昨日ね、EXに会ったの。」


「え? 何で?」


「どうしても私の誕生日のお祝いがしたいからって言われて…」


「……誕生日のお祝いなら僕としたじゃない。」


「うん、そうなんだけど、どうしてもって言うから…」


「僕とのお祝いじゃ不満だったって訳?」


「そうじゃないよ。 とても楽しかったし、嬉しかったよ。」


「じゃあ何で彼と会わなきゃいけないんだよ。」


「ほんと、ごめん…」


「それでやっぱり彼のほうが良いって思った訳?」


「そうじゃないよ! 
 そうじゃなくて、その日ね、サトシの彼女の友達たちと偶然鉢合わせしちゃって…」


「……」


「それもね、成り行きで彼と腕を組んでるところを見られちゃったかもしれないの…」


「腕を組んでたぁ?」


「もちろん、深い意味はなくて、つい成り行きで…」


「それでね、その事はいずれはサトシの耳にも入るだろうから、
 その前に私から言ったほうが良いって思って…」


「それじゃ、もし見られてなかったら僕に黙っているつもりだったの?」


「…だって会ったって言ってもカフェで話しただけだし、
 サトシに余計な心配かけたくなかったから…」


「そういう問題じゃないだろう?」


「…うん、そうだよね。 ごめんね。」


「僕がどんな想いでukainouへのプレゼントを選んだと思ってるの?
 僕がukainouを喜ばせようとどれだけ考えてたかわかる?
 それなのに僕と過ごした数日後に彼と会ってたなんて…
 僕の想いをすべて打ち消されたような気がする。」


「ほんと、ごめん… 彼とはもう二度と会わないから…」




サトシは私が思ってた以上に傷つき、怒っていました。
そんな彼を見ていると、二度とEXと会うのはやめようと心に誓いました。



でもその決意によって、
返って私の心がサトシから遠ざかっていく事になるとは、
その時は思ってもいませんでした。





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です
     ↓
人気ブログランキングへ
ブログランキング



逃避行 「私とEX (元夫) 48 」 へ行く




Comment
この記事へのコメント
これは若かったから、自分で告白したんだよね。
よくよく考えたら、残酷な告白やわ~
今だったら、彼の耳に入っても知らぬ存ぜぬでしらをきり通す?
2009/ 04/ 21 (火) 07: 58: 00 | URL | Eri # 79D/WHSg[ 編集 ]
私もEriさんの意見と同感だわ~。でも、その頃は周りから耳に入るより、自分からって思う気持ちはわかる。でも、きっと今のukainoさんだったら、もっとうまく立ち回っただろうね。
2009/ 04/ 21 (火) 09: 14: 00 | URL | はなこうめ # 79D/WHSg[ 編集 ]
若さもあると思うけど、嘘をつかれる辛さ、人から聞かされる辛さを知りすぎるくらい知ってたからでしょうねー。

残酷な告白には違いないですが、知らぬ存ぜぬで通すのも、無理があるでしょうね。
今のukainouさんなら、もっとうまく対処できるでしょうし、サトシがもっと大人で、ukainouさんの告白に怒っても、「会う時は、隠さないでちゃんと僕に言って。」ぐらいのことが言えて、人から聞かされた時に、ニッコリ笑って「知ってるよ。ukainouから聞いてるし、僕も了承してることだから。」って言えるくらいであれば良かったんでしょうけどねぇ。
二人とも若かったんですよねぇ。
2009/ 04/ 21 (火) 09: 59: 00 | URL | エール # 79D/WHSg[ 編集 ]
ukainouさん 初めまして、先日ブログランキングからたどり着き
2日間かけてukainouさんのブログ読破しました~。

本当に文才があってとても読みやすくて時間を忘れて引き込まれました!!これがリアルライフだなんて!!
なんだか私の20代の頃の恋愛を見てるみたいで懐かしいです。
次回の更新楽しみにしています!!!!!!!!
2009/ 04/ 21 (火) 10: 36: 00 | URL | サチ # 79D/WHSg[ 編集 ]
この場合はどうやって耳に入ったかということはそれほど問題ではなかったかもしれませんね。
どっちにしても、サトシさんは傷つき怒ったと私は思います。

サトシさんはukainouさんのEXに対する気持ちに薄々気づいていたんじゃないでしょうか?


すみません、私事ですが・・・
木曜日からそちらへ遊びにいきます~☆
2009/ 04/ 21 (火) 13: 48: 00 | URL | yosse # 79D/WHSg[ 編集 ]
Eriさん、この私が知らぬ存ぜぬなんて出来ないって知ってるやーん。
だってすぐに顔に出ちゃうので、問い詰められたら白状しない訳にいかなくなるのよー。

今、同じ状況に立たされたとしたらどうするかな?
多分、サトシに問いただされるまでは黙ってるかな?
聞かれたら本当の事は話すと思います。


2009/ 04/ 21 (火) 14: 29: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
はなこうめさん、何だかお久しぶりですね~~~。

あの頃の私は何せ恋愛に関しては経験不足だったので、後先考えず突っ走てましたね。
場数をこなした今ならもっとうまく立ち回る自信はあります。

でもそれはゲーム感覚の恋愛に関してのみ発揮されるんですよー。
だってそれだと理性がちゃんとWorkしますから。

でもそれがゲームじゃなくなった時、やはり感情が突っ走ってしまって、失敗すること多々です。^_^;
2009/ 04/ 21 (火) 14: 38: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
エールさん、その通りなんですよ。
突然他の人から知らされて、実は自分以外の周りの人間は皆知っていて、憐れみの目で見られていたと思ったら辛いですからね。

だから事前に知っていれば、突然誰かが忠告してきても、エールさんが言ってるように、「知ってるよ」って笑って答えられて(内心怒ってても)彼のプライドも傷つかないと思ったんですよ。

「会う時は、隠さないでちゃんと僕に言って。」
大人ですわー。
こう言ってもらえたらぐっときますよね。

自分が頑張った成果が台無しって感じの事を言われたら、
もちろん罪悪感は感じましたが、精神的にかなりプレッシャーになりました。

2009/ 04/ 21 (火) 15: 00: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
サチさん、初コメありがとうございます!
(サチって今回のシリーズの登場人物と同じ名前ですね)
何だか久しぶりの初コメで嬉しいです。

過去記事も読破してもらえたらんですか?
とっても嬉しいです!!
おかげさまで何だかやる気が出てきました!

これからもちょくちょくコメント下さいね~。
記事をアップした後にコメントを見つけると、素直に嬉しいもんなんですよー。
2009/ 04/ 21 (火) 15: 02: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
yosseさん、多分サトシは薄々気づいてたんでしょうね。
でもそれが確信となったのはEXの悪事に私が気づいた時です。

サトシの最後の言葉でそれがはっきりわかりました。

ところでyosseさん、来週からNYに来るんですかーーー???
実はこの間の土曜日にお花見やったんですよー。
yosseさんが会った事がある人も3名来ていました。
こっちに来るのがもうちょっと早かったらyosseさんも参加できたのになー。

あ、そうそう、yosseさんも知ってるHさんももうすぐ日本から来るんですが、5月2日にいつもの面子で食事に行こうって話してたので、もし2日までこっちにいらっしゃるならyosseさんも来ませんか?
2009/ 04/ 21 (火) 15: 10: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。