FC2ブログ
ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鉢合わせ 「私とEX (元夫) 49 」
2009年 04月 24日 (金) 17:44 | 編集

人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングに参加してます。 クリックしてね



その日、私は学校のクラスメートとクラブに行く約束をしていて、
夜遅く、家から駅に向かって歩いていました。



すると前方から見慣れた車がスーーっと走ってきて、
私がいた場所から1ブロック先の道路脇に停車しました。



EXの車に似てるなぁ…



と思いながらも、
その日は彼はバイトだと言っていたので、
何の深い考えも無く、ただぼんやりその車を眺めながら歩いていました。



少し近づくと、車の中に男女が座っているのが見えました。



車に近づけば近づくほどあまりにもEXの車とそっくりで、
だんだんと胸騒ぎがし始めた時、
突然、車の中のライトが付いて、
中にいた人物の顔が明るく照らされました。




その瞬間、
奈落の底へ突き落とされたような気持ちになりました。





無意識に必死で否定していたけれど、



その人物は…




紛れも無くEXでした。




それを見た瞬間、頭の中がカーーッと熱くなって来て、
気が付いたら私は車に向かって走っていました。



そしてEXが車から降りた瞬間、




「○○○!!!(彼の名前)」




と叫んでいました。



私に気づいたEXは恐怖に顔を引きつらせて、
そのまま慌てて再び車に乗り込みました。



まさか私の顔を見て逃げるとは思ってなかったので、
腹が立ってドアをこじ開けようとしましたが、
EXは必死でドアを閉め、そのままロックしてしまいました。



そして私と目線すら合わせないまま、エンジンをつけました。



まさかこのまま逃げるつもりなのか?



と思った私はさらに腹が立ち、




「車から出てきなさいよ!!」




と叫びながらフロントガラスをガンガン叩きました。



その時、恐怖で歪んでいる女の顔が見えました。



いつも私が座っている場所に知らない女がいる現実に、
私の怒りはさらに加速し、
無我夢中でドアを開けようとしました。



するとEXは私を無視して、いきなりアクセルを踏み込みました。



突然走り出した車になすすべも無く、
一人道の真ん中に取り残された私は、
ただ呆然と走り去っていく車を眺めていました…





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です
     ↓
人気ブログランキングへ
ブログランキング



湧き上がる苦しみ 「私とEX (元夫) 50 」 へ行く




Comment
この記事へのコメント
うわぁ~ドラマチックですね~。若いっていいなぁ☆こうやって理性を感情が軽く飛び越してしまってる時は、まわりから何を言われても自分で自分をどう言い聞かせても無理なんですよねぇ・・・ところでどうしてEXさんは逃げてしまうのか・・・逆ならわかるんですが(笑)
2009/ 04/ 24 (金) 18: 26: 00 | URL | はなねこ # 79D/WHSg[ 編集 ]
おもしろい展開になってきましたね~。
毎度の事ながらハラハラドキドキします。

ほんっとこれが実際の出来事だなんて!!
確かに若いときはこれは頭に来て追いかけ回しますよね。
うーん。これがきっかけで、また元サヤになっちゃうのかな??
ukainounyc次回の更新は明日??早く続きがみたーい!!

2009/ 04/ 24 (金) 23: 01: 00 | URL | さち改めスナチコです。 # 79D/WHSg[ 編集 ]
やはり、全ては偶然なんかじゃないんですよぉ><;
怖いくらいです!

二人は本当に愛しあってるんですね。
…なだけに、今さらながらEXさんの悪癖が悔やまれてなりません(T T)
2009/ 04/ 24 (金) 23: 30: 00 | URL | unikyu # 79D/WHSg[ 編集 ]
はなねこさん、そうなんです! あの時何故EXが逃げたのかまったくわからなくて、私より彼女を選んだんだ、私より彼女のほうが大事なんだと思って落ち込んでしまいました。

それまでのEXから想像すると、まず私第一だったので、私が納得するまであの場で話し合うだろうと思ってましたから。

その後、サトシから複雑な男の本音を聞いてそういうもんなんだとは思いましたが(でも腹立ったけど)。



2009/ 04/ 25 (土) 05: 15: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
うわ!そう来るか!?
逃げ切れないと分かった途端、敵前逃亡!
コレはどんな言い訳も効かない筈ですねー。
Exさんはこんな絶体絶命を切り抜けて結婚に至ったんだからスゴいわー(尊敬してどーする・笑)。
でも、万が一でもバレたくないって本気で思ってたら、バレたくない人のうちの近くに行っちゃダメじゃないですか....
とは言えこの頃の2人はステディではなかったんですよね???
ukainouさんにも他に誰かいた訳だから、Exさんも「最近知り合ったデートですが何か?」と開き直る手もあったと思うんですが....
青ざめて逃げ出すアタリ、やっぱりバレたくなかったのね...

それにしても車の至近距離にいた時に急に発進されて、怪我がなくて良かったですね。
Exさんも逃げたい一心とは言え、危ない事するなー。
2009/ 04/ 25 (土) 05: 23: 00 | URL | natsumin # 79D/WHSg[ 編集 ]
スナチコさん、冷静になって考えて見たら、一応EXとは別れてた間の出来事なので、怒る筋合いが無いと言えばそうなんですが、普段EXはことあるごとに私に、私の事だけを愛してる、もう二度と浮気はしないので戻ってきて欲しい、自分は何も悪い事をしてない、私の事だけを考えている、etc…って言ってきて、私とよりを戻そうと必死だった癖に、やっぱり裏では女がいたんやん!!って怒り沸騰でした。

ブログ上ではあの日EXはバイトだと言っていたと書きましたが、後でよくよく考えてみたら、バイトじゃなくて自分の国に里帰りしてるって言ってた期間だったような気がします。

そこのところは記憶があやふやなんですが(はっきり思い出せないのでとりあえずバイトって事にしておきます)、とにかくあの日あの時間帯にEXがあそこにいるはずがない状態だったので、嘘をついていた事に関しても腹が立ちました。

あー、でもこうやって書いてるうちにだんだんとやっぱり里帰りって言ってた期間だった気がしてきました。
時間がある時に後で内容書き直しますわ。
2009/ 04/ 25 (土) 05: 27: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
unikyuさん、繰り返す癖がある人たちって、酒にしてもギャンブルにしてもそうだけど、再び同じ事をすれば関係は終わるとわかっていても、何故やめられないんでしょうね。
やめられないからこそ、病気なんですが…

まだこの頃の私は人間は努力すれば変われると信じていたので、ずるずるいってしまいました…
2009/ 04/ 25 (土) 05: 41: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
natsuminさん、同時にコメント書いてましたねー。
スナチコさんへの返信の中にも書きましたが、あの頃の私たちは一応別れてる状態の間柄だったので、natsuminさんがいうように開き直っちゃえば良かったんでしょうが、彼の女も側にいたので、私に都合のよい言い訳を言えば、もう一方の女に角が立つ状態だったんですよ(後で知ったんですが)。
というのもEXとその女の関係は私たちが別れる以前からでしたから…

さすがの言い訳大王のEXも、咄嗟に良い言い訳が浮かばなくて、逃げるしかなかったんでしょうね…

それから何故私の家の近くにいたかというと、実際彼自身も私の家の近くの彼曰く、「ドミトリー」に住んでたからなんです。
2009/ 04/ 25 (土) 05: 47: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
やっぱりもう一度よく考えたみたら、あの頃はまだ学校があったので、里帰りじゃないですわ。 
何かいっぱい嘘をつかれたので、どれがどの時の嘘だったかこんがらがりますわー。
2009/ 04/ 25 (土) 05: 59: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
あー、まだあったんだあ。私はこの時点でEXは忘れますね。EXさん、女の影が多すぎます。それでも結婚したんですよね、EXさんと。
2009/ 04/ 25 (土) 11: 20: 00 | URL | こんにちわ # 79D/WHSg[ 編集 ]
EXが「その日、彼はバイトだと言っていたので」・・・という事は、元彼ともう会わないとサトシに誓ったものの、連絡はとっていたんですか。そしてEXに未練がもちろんある訳だから腹が立って自分の立場も考えず、そのような行動にでたのですね。すぐにカッとなるのも若いうちはよくありますね。毎回、胸が苦しくなる話しだけど楽しみです。きっと美しい方なんでしょうね。自分の思うままに、わがまま三昧で、自分の若い頃を思い出しました。
2009/ 04/ 25 (土) 12: 38: 00 | URL | 蘭 # 79D/WHSg[ 編集 ]
こんにちはさん、そうなんですよ。
こんなにたくさん危険信号が出ているというのに、もう二度としないという彼の言葉を何度も信じてしまって、ずるずるしちゃったんですよ。
典型的な「だめんず」ですね。
2009/ 04/ 25 (土) 13: 53: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
蘭さん、私も時間をあけてから読み直してみたら、前回「2度とEXと会わない」って宣言していながら、いきなり今回の行動になったいきさつに関して説明不足だったなぁって思いました。

すでにアップした記事を大幅に変えちゃうと、すでに読んでしまってる人がキャッチアップできないので、次回の話の中で今回コメント欄で書いたような説明を織り込みますわ。

それにしてもあの頃の私は「我慢」なんていう言葉は私の辞書に存在しないかのように我が道を行くタイプで、生意気で我侭な人間だったと思いますよ。

実際バイト先のキッチンシェフと口喧嘩した時、「おめぇー、生意気なんだよ!!」って怒鳴られながらなべが飛んできた事がありますし。 (^_^;)
(もちろん威嚇だけで実際あたってないけど)

あ、でも女性に対しては人一倍気を使ってましたけどね。

それから「美しい方」なんてとんでもないです!!
実際会ったら超がっかりされそうで怖いので、強く訂正させていただきます!!(汗) 
何度もコメント欄で書いたけど、性格が丸くなると同時に体も丸くなってしまってやばい状態ですっ!

2009/ 04/ 25 (土) 14: 18: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
いやもうこれは書ききってから再編集して本出すしかないんじゃないですか?
2009/ 04/ 25 (土) 21: 36: 00 | URL | LAUGH # 79D/WHSg[ 編集 ]
LAUGHさん、え?LAUGHさん、本出したら買ってくれますぅ~?^^

まぁ、それは置いといたしても、アクセス数を見ていると、こんなにたくさんの人が私の人生で起きた出来事を読んだのかと思うと不思議な気分ですよー。
2009/ 04/ 26 (日) 12: 20: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
サインつけてくれたら3冊予約しましょう♪
2009/ 04/ 26 (日) 21: 51: 00 | URL | LAUGH # 79D/WHSg[ 編集 ]
あ、私も1冊買いますよ♪♪
2009/ 04/ 27 (月) 02: 11: 00 | URL | 西の方 # 79D/WHSg[ 編集 ]
ははは、よろしく頼みまっせ~。(って出す予定もないけど ^^)
2009/ 04/ 27 (月) 10: 24: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。