FC2ブログ
ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


居留守 「私とEX (元夫) 52 」
2009年 05月 02日 (土) 02:50 | 編集

人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングに参加してます。 クリックしてね



一体いつどこで彼女と知り合ったのか。

いつから彼女とそういう関係になったのか。

ドミトリーに住んでるというのは二股を掛ける為の嘘で、
本当は別の所に住んでるんじゃないか。



真実が知りたかった私はサトシの家を出て地下鉄の駅に着いてすぐに、
構内にある公衆電話からEXのバイト先に電話しました。




「○○をお願いします。」



「ちょっと待って下さい。」




そして数十秒後、




「ハロー、 彼は今日オフみたいですね。」



「あ、そうですか… ありがとうございました。」




そう言って電話を切ったけど、
何となくその雰囲気から居留守を使われたような気がしました。



彼のマネージャーとは何度も直接会った事があるのに、
彼と一緒になって嘘をつかれたのかと思うと更に気が滅入りました。



仕方がないのでそのまま家に戻ったけど、
じっとしていると苦しかったので、
フランス行きのチケットを買いに行こうと思ってナオキに電話しました。




「もしもし、私だけど、これからパリ行きのチケット買いに行こうと思ってるんだけど、
 どの旅行会社が良いか知ってる?」



「僕が買った所、学割もきくし、安くて良かったよ。」



「それどこ? これから行ってみるわ。」



「じゃ、どこかで待ち合わせして一緒に行こうよ。」



「え? 付いてきてくれるの?」



「うん。 ついでに話したい事もあるし。」



「やったー! ナオキが一緒だと心強いわー。」




そして私とナオキは彼がお勧めするヨーロッパ路線を専門に扱う旅行会社に行って、
1週間後に出発するチケットを買いました。



滞在期間は3ヶ月間。



お金が底をつかない限り、
ビザウェーバーで滞在できるギリギリの日までいるつもりでした。



その後、ナオキの家に行って、
彼が持っていたガイドブックや地図などいろいろ貰いました。




「それからさ、
 僕がホームステイしていたフランス人家族にukainouさんの話をしたら、
 ぜひうちに泊まってくれって言ってたけど、どうする?」



「え? マジで???」
 


「うん。 すっごく良いファミリーだし、
 そこの息子が僕と同じ歳なんだけど、彼が英語話せるから大丈夫だよ。」



「もし本当に迷惑じゃないなら、滞在先が決まるまで泊めて欲しいなぁ。」



「わかった。 じゃ、伝えておくよ。」



「ありがとーーー!!! 助かるわー。」




インターネットがない時代だったので、
実際現地に行ってから部屋探しをしようと思っていたけど、
部屋が決まるまでの間、ホテルに滞在するのは予算的にきつかったので、
ナオキの心遣いに喜びました。



フランス行きは着々と準備が整いましたが、
EXとは次の日も、またその次の日も連絡がつきませんでした。



真実を言わないまま避けられる事に腹が立った私は、
彼の仕事が終わる時間帯を見計らって彼のバイト先に向かいました。



そして彼が実際働いてるのを確認してから電話をしました。



彼のマネージャーは私が近くにいるとは知らずに、




「彼はもう帰りましたが。」




といつものように言いました。



やはり今までも居留守を使われてたんだと思うとショックだったけど、
意を決した私は電話を切った後、
彼が働いてるレストランの中にツカツカと入っていき、
カウンターの席に座りました。



その様子をギョッとした顔でマネージャーが見ていました。



EXのほうを見ると、私に気づいた彼は引きつった顔でやってきました。




「ど、どうしたの?」



「どうしたの?ってそれは私のセリフでしょ」



「とにかくもうすぐ仕事が終わるから待ってて」




そう言って彼は仕事に戻りましたが、
そんな様子を見ていたマネージャーが彼に帰っていいと言ったようで、
すぐに彼は帰り支度をしてやってきました。





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です
     ↓
人気ブログランキングへ
ブログランキング



出発の前のゴタゴタ騒動 「私とEX (元夫) 53 」 へ行く




Comment
この記事へのコメント
ukainouさん、超怖い女ですね(笑)。
女は男達のウソを見抜けますけど、男は見抜けないそうです(笑)
2009/ 05/ 02 (土) 04: 48: 00 | URL | こんにちわ # 79D/WHSg[ 編集 ]
こんにちはさん、そうです。 私は怒ったら怖いです。(笑)
若い頃はしょっちゅう切れてましたが、今では怒る事はほとんどないですが。

ちなみに私の嘘はすぐに見破られますよー。
うちのEXは嘘つきなので、相手の嘘を見破るのは得意です。

私は元々相手の嘘に対して鈍感だったんですが、
嘘つきEXと長年過ごしてるうち、嘘を見破る感性が研ぎ澄まされて、今ではかなり見破れますね。 
喜ばしい事ではありませんが… (^_^;)

2009/ 05/ 02 (土) 10: 07: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
あ~わかった!!!
サトシに何も言わずにフランスいっちゃった!
2009/ 05/ 03 (日) 09: 10: 00 | URL | Eri # 79D/WHSg[ 編集 ]
久しぶりにお邪魔してます~そしてやっぱりナオキ素敵です~~~!私は断然ナオキ派!

帰り支度をしたEXはさぞかし気が重かったことでしょう・・・
次の修羅場が楽しみです(失礼)
2009/ 05/ 03 (日) 13: 31: 00 | URL | Mikita # 79D/WHSg[ 編集 ]
Eriさん、いやー、参りました!
まさかEriさんに正解を出されるとは!!(おっと失礼!)
おかげで返答に困って、コメントは数日前に読んだんですが、更新するまで返信できませんでした~~~。

いやー、びっくりしましたわっ。
2009/ 05/ 05 (火) 02: 16: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
Mikitaさん、そんな訳でMikitaさんへの返信も遅れました。
まだ読んでくれてるかな?

ナオキは最後の最後まで良い人でしたよ。
あの頃の私じゃなくて、今の私だったら良い関係が築けただろうなって思います。

ほんと人を見る目が無かったですわー。
2009/ 05/ 05 (火) 02: 21: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。