ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「右? 左? どっちや??」
2009年 07月 12日 (日) 02:45 | 編集
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
ランキングに参加してます。 上の二つクリックよろしく。



皆さん、こんばんは~。
今回こそ本文の続き?って思って来られた方、すいませーん。
日本にいるとほのぼのしすぎてなかなかドロドロした本文の続きを書くモードに入れないので、しばらく日本ネタで脱線しまくるかもしれませんが、
お付き合いいただければ嬉しいです♡
 
 
 
…………………………………………………………………………………..
 
 

「右? 左? どっちや??」
 
 
 
ニューヨークから成田に着つくと、
毎回、エスカレーターの立ち位置に戸惑ってしまいます。
 
 
 
東京では左側に立って、右側を歩く人用に空けますが、
ニューヨークは東京と反対で、
右側に立って、左側を歩く人用に空ける習慣になっています。
 
 
 
そんな訳で意識していないとつい成田でも右側に立ってしまうので、
エスカレーターの前まで来ると一瞬緊張感が走り、
間違わないように前方の人たちの様子を見てから乗るようにしています。
 
 
 
そして成田で飛行機を乗り換えて伊丹に着つくと、
今度は大阪は東京と逆で(アメリカと同じ)、
右側に立って左側を空けなくてはいけなくなるので、
頭がこんがらがってしまいます。
 
 
 
車の助手席に座る時も、
意識していないとつい右側のドアから乗り込もうとしてしまいます。
 
 
 
自転車(又は車)に乗る時は左側を走らないといけないのに、
アメリカでは右側を走らないといけないので、
うっかりしていると他の自転車にぶつかりそうになります。
 
 
 
そんなこんなで日本に戻ってくると、
慣れるまで左右を常に意識していないといけません。
 
 
 
今回日本に来てから近所のジョギングコースでウォーキングを始めたんですが、
日本は左側通行なので、意識的にコースの左側を歩くようにしていました。
 
 
 
それなのにやたらめったら前から来る人とぶつかりそうになるので、
 
 

 
「ちゃんと左側通行してよ! 邪魔! 邪魔!!」
 
 
 

と思っていたら、
今日始めてジョギングコースに設置されている看板を読んでみてびっくり!
 
 
 
正しいルールは自転車は左側通行で、
歩行者は右側通行だったという事を始めて知りました。
 
 
 
ボーっとしてるとどっちがどっちだったかわからなくなりますが、

「郷に入らば郷に従え」なので、

こればっかりは慣れるしかありませんねぇ。





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です。

人気ブログランキングへ
ブログランキング


「国際恋愛ブログランキング」にも参加してみました。
こちらもポチッとお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
にほんブログ村




Comment
この記事へのコメント
ややこしい
それはややこしいですねー。ニューヨークと大阪が一緒って初めて知りました。
台湾も確か右に立って左側を空けてましたわ。他のところはどうなんでしょうね。

車の左側通行、右側通行は、緊張するでしょうねー。海外で運転した経験は無いのでわかりませんが。

小さなところで、日本車と外車のウインカーとワイパーが左右逆なんですよね。友達BMWをたまに運転すると、自分の車に乗ってる時に間違えることがあって、「何でやねん!」と一人ツッコミしております。運転席は、日本車と一緒なので問題ないですが、以前、座席が左右逆の外車で、助手席に乗ったつもりが、ハンドルがあったー!とビックリしてた友達がいました(笑)。


自転車左で歩行者右は、20年以上前から変わってませんよ~(笑)。
ジョギングコースもキッチリ決められてるんですねー。邪魔なのは、ukainouさんの方だったのね~(爆)。
2009/ 07/ 13 (月) 10: 23: 53 | URL | エール # -[ 編集 ]
エールさん
EXの国も日本と同じ左側通行なので、彼の国に一緒に行った時に、2回ヤバイ状態に陥りましたよー(EXの運転で)。

一回目はど田舎の真っ暗な一本道を運転していると、正面から走ってきていた車がだんだん近づいてきて、あれ?って思ったら真正面からやってきてたんですよ。
何でや?って思ったら自分達が右側通行してたからで、もう少し気づくのが遅かったらやばかったです。

2回目は事故寸前までいきました。
その時は真昼間だったけど、私とEXとEXの友達二人の4人で車に乗ってて、十字路にさしかかった時、左折しようとしたらうっかり左側の斜線に入ってしまって、正面からこっちに向かってた車にぶつかりそうになって慌てて右側に行こうとしたらそっちともぶつかりそうになって、壮絶な状態になりましたよ。

取りあえずぶつからなくて良かったですが、血の気の引いた友人が「俺が運転する!」って言って、それからEXはしばらく運転させてもらえませんでしたよ。

気が張ってる時はいいんですが、しゃべってたりするとうっかりするので、それから運転する時は気が散らないように注意してました。
2009/ 07/ 14 (火) 23: 46: 08 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。