FC2ブログ
ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナオキとの別れ 「私とEX (元夫) 92 」
2009年 10月 14日 (水) 01:14 | 編集
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
ランキングに参加してます。 上の二つクリックよろしく。



8月も終わりに近づいた頃、
いつものようにEXの家で寛いでいると、
ふと、ナオキが8月いっぱいで日本に帰る予定だった事を思い出しました。
 
 
 
 フランスから帰ってきてすぐにナオキと会って以来、
この一ヶ月間、忙しさにかまけて私から彼に連絡する事はありませんでした。
 
 
 
 
もしかしたら、もう帰っちゃったかもしれない…
 
 
 
 
そう思い出すと胸がざわざわしてきて、
すぐにナオキに電話したかったけど、
EXが側にいたのでかけたくてもかけられずにいました。
 
 

夜もだんだん深けてきて気もそぞろになった時、
EXがシャワーを浴びにバスルームに向かったのを見て、
 
 
 
 
今しかない!
 
 
 
 
と思った私は、
彼がシャワーに入ったのを確認してから、
急いでナオキの家に電話をかけました。
 
 
 
ナオキが家にいる事を願いながら呼び出し音を聞いていると、
しばらくて、
 
 
 
 
「ハロー。」
 
 
 
 
とナオキの声が聞こえてきました。
 
 
 
 
「あ、ナオキ? 私やけど、もしかして寝てた?」
 
 

「あ、
ukainouさん、大丈夫、起きてたよ。 元気にしてた?」
 
 
 
「うん、ごめんね、忙しくてずっと連絡してなくて…」
 
 
 
「何度か電話したんだけど、家にいなかったから… 何だか忙しそうだよね。」
 
 
 
「うん、まぁ…ね。」
 
 
 
「もうすぐ新しい学校始まるんでしょ?」
 
 
 
「うん。 だからそれまでに頑張ってお金を溜めなくちゃいけなくて、
 毎日フルでバイトに行ってるのよ。
 フランス滞在ですっからかんになっちゃったからさー。」
 
 
 
「そっかぁ、頑張ってるね。」
 
 
 
「ところでさ、ナオキっていつ日本に帰るんだったっけ?
 8月いっぱいって言ってたような気がするんだけど…」
 
 
 
「あー、うん、実は明日帰るんだ。」
 
 
 

「えええ!!!??? あ、明日???」

 
 
 
「うん…」
 
 
 
「まじで???」
 
 
 
「うん、まじで。(笑)」
 
 
 
「そっかぁ… そうなんや… 帰る前に一度会いたかったな…
 ナオキにはいろいろお世話になったのに、
 ちゃんとお別れの挨拶もしてないし…」
 
 
 
「その気持ちだけで十分嬉しいよ。 今日連絡取れて良かった。」
 
 
 
「日本のどこに帰るんだったっけ?」
 
 
 
「○○県。」
 
 
 
「そっかぁ、ナオキって○○県出身だったんだよね。
 日本に帰ったらそこで働くの?」
 
 
 
「最初の何年かはどこかの会社で働こうと思ってるので、
 日本に帰ったらまず最初に就職活動しなきゃ(笑)
 いずれは親の会社で働くので、
 それまでは他の土地で仕事するのも良いかなって思ってるけど、
 どうなるかなぁ?」
 
 
 
 
ナオキがそう話しているのを聞いてると、
突然、キュッとシャワーのレバーを閉めるいう音がして、水の音が止まりました。
 
 
 
思っていたより早くシャワーが終わった事に焦った私は、
 
 
 
 
「あー、また手紙でも書くからさ、日本の連絡先教えてよ。」
 
 
 
 
と、まだ途中だったナオキの話を遮りました。
 
 
 
 
「え? あ、もちろん、良いよ。」
 
 
 
「あっ、でもちょっと待って。 
 あー、紙と鉛筆がない! どうしよう…」
 
 
 
「そんなに慌てなくていいよー。」
 
 
 
「あー、でもごめん、もう行かなくちゃいけないから。」
 
 
 
「え? これからどこか行くの?」
 
 
 
「あー、う、うん。 何だか慌しくてごめんね。」
 
 
 
「…ううん、それはいいけど、どうかした?」
 
 
 
「ううん、何でもないよ。
 とにかく明日の朝、電話できそうだったら電話するね。
 取り合えず気をつけて帰ってね。」
 
 
 
「…うん。 ukainouさんも元気で…」
 
 
 
「うん、ナオキも元気でね… じゃね。」
 
 
 
 
そう言って私は一方的に会話を終わらせて電話を切りました。
 
 
 
間一髪EXにはばれませんでしたが、
電話を切った後もナオキの最後の少し沈んだ声がずっと耳に残っていて、
その日はなかなか寝つけませんでした。
 
 
 
 
次の日の朝、
刻々とナオキのフライト時間に迫る時計の針を見つめながら、
胸の奥がチクチク痛んだけど、
結局それからナオキに電話をかけるチャンスはなく、
連絡先も聞けないまま、ナオキはNYを去って行きました。
 
 
 
 
その日以来、ナオキがどこで何をやっているのかまったく知りません。
 
 
 
 
自分に対して実直だった相手に対して、
何度も傷つけ、
最後の最後まで自分の都合で振り回してしまった事実は後悔として残り、
その後も長く私の中で燻り続けました。
 
 
 
 
遅すぎたけど、失ってから初めてナオキがどんなに素晴らしい人で、
自分にとってどれだけ心の支えになっていたのか気づいたのでした。




ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です。

人気ブログランキングへ
ブログランキング


「国際恋愛ブログランキング」にも参加してみました。
こちらもポチッとお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
にほんブログ村



プロポーズ 「私とEX (元夫) 93 」  へ行く




Comment
この記事へのコメント
ukainouさん、お久しぶりです(^^)

うーん、ナオキくんとはこんな終わり方....
その後、彼からも連絡はなかったんですね。
諦め方も潔いし、本当に惜しい......

これから結婚までか、結婚生活もお書きになるんでしょうか。
シリーズ冒頭の感じからだと、結婚生活から顛末まで書かれるのかな~と勝手に思ってますけど、他人事ながら大変ですよねー?(^^;;)

ワタシも、いちばんつらかったことの記憶はハッキリしてても、あまりにひどいことがたくさんあった後の、小揉めはあっても安定してた頃のことは忘却の彼方で、タイプする手も滞りがちです.....

ukainouさんも時折息抜きしつつ、気の向いた時に更新、頑張って下さいね。
結婚に至るまでにどんな心境になられたのか、興味津々です。楽しみにしてます。
2009/ 10/ 14 (水) 03: 47: 40 | URL | natsumin # qOLr88do[ 編集 ]
natsuminさん
いやー、マジどうしましょー?^^
この話を書き出してからもう9ヶ月も経っているというのに、まだ結婚さえしてないんですからねーーー。(笑)

先の事を考えると気が遠くなっちゃいますわー。

最初のプランでは第1話目が今回のストーリーの始まりで、それから回想記のように出会いからそれまでの経緯を書いて、その後、いったん第1話に話が戻ってからその後の展開を書くという予定だったんですが、回想期間があまりにも長すぎて、読んでくれてる人たちも第1話に何が起きたかなんて忘れちゃってる可能性大ですよねぇ。

それどころか回想してる間にそのままフェイドアウトしちゃったらどうしよー。(-_-;)

まぁ、頑張って(ほんまに頑張ってるんかい?)、ボチボチ書いていきますわー。

ところでナオキからはその後、一切連絡はありませんでした。

そういうところがまたこちらのノスタルジーをそそるんですよねぇ。
2009/ 10/ 14 (水) 05: 35: 03 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
更新待ってましたよ~。
ナオキくんはこんな終わり方だったんですねぇ・・・私までなんだかさみしくなりました。ナオキくん、日本で元気にしてたらいいですね・・・
natsumin さんが書かれているようにukainouさんがこれから書かれることは楽しかったことばかりではないでしょうから、思い出し作業も一種の苦行になってしまいますね・・・でも続きが読みたいと思っている読者がここにいますので、ukainouさんのペースでぜひ続けて下さい。待ってます。ところでこれはukainouさんのお子さんは読まれてるんですか?お子さんにはなかなかつらい内容も含まれているでしょうが、ukainouさんの半生をこうして知れるのはある意味とても意義深いことだなぁと思ったので・・・

2009/ 10/ 14 (水) 16: 32: 03 | URL | はなねこ # 0EXOeMtg[ 編集 ]
ナオキさんは今何をしてはるんですかね。
元気でやってると私も思います。。。

でもナオキさんとはそうゆう運命だったって思うしかないですよね(>_<)

また更新楽しみに待ってます♪
2009/ 10/ 14 (水) 18: 13: 13 | URL | kyoko # zbT7meO.[ 編集 ]
はなねこさん
そうなんですよ。離婚騒動の渦中の時ってあまりにも辛かったので、一種の記憶障害になってたところがあるんですよ。

人間、自分の許容範囲を超える辛い出来事が起きると、早く忘れようとする作用からか、記憶力が急激に低下するみたいです。

あの頃は私生活に支障が出るほど忘れっぽくて、招待されていた子供の友達の誕生日はすっぽかすし、やらなきゃいけない事も忘れるし、何かやっていてもふと何をやってたのか忘れるし、ほんとこのまま痴呆症になっちゃうんじゃないかと思うくらいの忘れっぽさでした。

そんな訳でただでさえ怪しい記憶をたどらないといけないので、ちゃんと書けるか心配ですわー。

ところでうちの子たちはひらがなやカタカナは読めるけど(下の子は怪しいけど)、漢字はごくごく簡単なやつしかわからないので、ブログを読んでも意味がわからないんですよ。

前にうちの息子が私のブログを見て、
何とか「で」、何とか「の」、「フランスから」何とか「で」、「えええーー??そうなん???」と何とか「しました」
って声をあげて読んでて、やめてよーーって止めようとするとさらに調子にのって声をあげて読んでましたよ。

その日はたまたまブログを開けっぱなしだったので読まれてしまいましたが、私個人的には子供にこのブログは読んで欲しくないですねぇ。

だって母親の絶頂感なんていう話聞いたらドン引きでしょーーー。^^

2009/ 10/ 14 (水) 21: 51: 53 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
kyokoさん
そうですよねぇ。
ナオキとはEXより先に出会っていたとしてもそうなる運命だったんじゃないかって思います。

優しすぎてたいくつとか言ってたかも?

とにかく出会った時期が早すぎましたわー。

今の私なら彼の良さは十分にわかるので、すっごく大切にするのになぁ。^^

2009/ 10/ 14 (水) 22: 04: 16 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/ 10/ 15 (木) 11: 56: 44 | | # [ 編集 ]
非公開だけどちょっとだけ…
実は私も彼の名前でググってみたいのは山々なんですが、お恥ずかしい事に、実は彼のフルネームが思い出せないないんですよー。
呼び名は覚えているんですが、どんな漢字だったのかも覚えていません…

彼から貰った絵葉書もEXと再び暮らし始めた時にすべて処分したし…(浮気性の男って嫉妬深いもんで)

そんな訳でググるにググれないんですよー。(涙)

私って出来事とか人の特徴とか話した事とかは結構覚えているのに、人の名前が覚えられないという欠陥があるんです。
そのせいで数々の失敗もしてます…

ちなみにサトシのフルネームも覚えてないし(呼び名は覚えてる)、アランやジャンになるとファーストネームさせ思い出せません…
(ノエルの本名だけは変わっていたので、ファーストネームは覚えてる)

そんな訳でこのブログで新しい登場人物が出てくると「○○○(仮名)」っていつも書いてますが、どっちにしろ本名でも書けないって事なんですよ。(^_^;)
2009/ 10/ 15 (木) 13: 48: 14 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
お久しぶりです
久々の更新、やった、って感じです。ナオキさんとはこのまますっぱり別れて連絡もとってないんですね。でも、だからこそ、良い思い出として残っているのかもしれませんね。思い出は思い出のままの方が良いのかもなあ、と最近思います。(私情入ってます)
ukainouさんのこの先のお話も楽しみにしてますのでお忙しいとは思いますがブログ続けてくださいね!!
2009/ 10/ 17 (土) 21: 31: 23 | URL | チェルシー # -[ 編集 ]
チェルシーさん
チェルシーさんの励ましに応えて更新しましたよ~♡

思い出は思い出のままのほうがいいかもしれませんよね。
ナオキはあんまり変わってないんじゃないかって思いますが、私はあの頃と比べて贅肉がぷよぷよしてるし…

あ、でも確かにサトシは2年くらい前に街で偶然見かけた時は老けてました。

まぁ、見かけは誰もが老けるものだから仕方ないとして、性格が歳と共に悪くなってたら嫌ですね。
2009/ 10/ 18 (日) 17: 00: 00 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。