ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私にとっての「神」とは 「私とEX (元夫) 104 」
2010年 01月 25日 (月) 09:32 | 編集
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
ランキングに参加してます。 上の二つクリックよろしく。



神の存在を信じてないのに、
自分でも矛盾していると思いながらも、
窮地に追い込まれた時や強い願望がある時には、
つい無意識に目には見えない何かに向かって心の中で祈ってしまいます。



時には、




「神様お願い!!」




と無神論者の癖に、神の名まで出して祈っている事もあります。




でもその何かとは本当に「神」なのか、

それともそうではない別なものなのか。




その答えが出ないまま教会で勉強を続けてるうち、
ある考えが私の中で生まれてきました。




もしかしてその「何か」とは神ではなく、
自分の中にある内なる心、
 
 
 
 
 
「自分自身」
 
 
 
 
 
に対してではないのか?
 
 
 
 
 
「火事場の馬鹿力」という言葉があるように、
人間というのは究極の集中力が出た時に想像以上の力を発揮するものなので、
祈る事によって集中力を高め、
自分自身の力を最大限に発揮させているのではないのか?



特に教会でのあの厳かで神秘的な雰囲気の中で祈るという行為は、
人間の集中力を最大限に引き出す効果があるのではないか?



そしてその集中力によって自分の潜在能力を高め、
自分自身で願いを叶えているのではないか?



それに「病は気から」と言うように、心と体は直結しているもの。



神に祈る行為=自分の内なる心に向かって祈る行為によって心が軽くなれば、
自ずと体にも良い影響が出るのかもしれない。




祈りによって神様が願いを叶えているのではなく、
祈りによって自分の潜在能力を高めて、
自分自身で願いを叶えているのではないか、




とう考えにいたりました。



聖書に出てくる言葉で、
 
 
 
 
God is always watching us
(神はいつも私たちを見ている)
 
 
 
 
God is always there with you
(神はいつもあなたの側にいる)
 
 
 
 
という言葉をよく耳にするけど、結局これらも、
 
 
 
 
 
誰も見てなくても、自分は見ている。
 
他人を騙せても自分は騙せない。
 
 
 
 
 
という意味だと捉えれば筋が通る。
 
 
 
 
 
Those who believe in God will be saved
(信じる者は救われる)
 
 
 
 
という有名な言葉もあるけど、
これも信じる者とは自分を信じる者という意味ではないか?



自分を信じている者は自ずと道は開けるけど、
自分を信じていない人間を救うのはとても難しいから。
 
 
 
 
 
God's Forgiveness
(神の赦し)
 
 
 
 
に関しても同じで、
神によって赦されるのではなく、
自分で自分を赦す事なのではないか?
 
 
 
 
以前は「懺悔」というシステムに対して、
 
 
 
 
「謝ってすむなら警察いらん!」
 
 
 
 
とばかりに毛嫌いをしていたところがあったけど、
「懺悔」といのは、自分が犯した罪を認め、謝罪し、
自分で自分を赦す行為なんだと思うと納得ができました。



自分を赦せていない人間が自分を愛せるはずがないし、
自分を愛していない人間が他人を赦し、愛せるはずがないから。



自分が犯した罪から逃げ回ったり、
反対に自分を追い詰めたりしてもそこからは何も生まれないし、
永遠に罪の意識によって苦しめられるでしょう。



罪を認め、謝罪し、がんじがらめにされていた心の鎖を解き放つ事によって、
人は初めて本当の意味で人生をやり直せるのかもしれない。




神に赦される事によって自分自身を赦し、
神を信じる事によって自分を信じる力を得て、
神を愛する事によって自分を愛す事ができるのなら、
宗教とは素晴らしい役目を果たしていると思いました。




もしこの世に宗教が無かったら、
国をまとめるのは至難の業だっただろうし、
治安を維持するのも、
心の平和を維持するのも難しかった事でしょう。



そう考えると宗教というのは、
人間が人として生きていく上で必然から生まれた、
とても深いものだと思いました。



宗教を私なりに勉強した結果、 
宗教は人が人として生きて行く為の、
素晴らしい道しるべになる教えだとは思いましたが、
無神論者の私にとって、




「神」とは、自分の中に存在するもの。


すなわち、


「自分の内なる心(潜在意識)」




だという結論に至りました。




でも正直な所、死んで「無」になるのはやはり怖いので、
心のどこかで「あの世」が存在する事を願っているところもあります。
 
 
 
 
天命を全うした後、
 
 
 
 
「うわっ! ほんまに神様っていたやん! 天国って良い所やなー。」
 
 
 
 
ってな感じで、先に逝ってた友達たちと笑いあえたらいいな。





ただ今「離婚ブログランキング」と「北アメリカランキング」に参加してます。
あなたの応援クリックで更新意欲倍増です。

人気ブログランキングへ
ブログランキング


「国際恋愛ブログランキング」にも参加してみました。
こちらもポチッとお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
にほんブログ村





クリスチャンネーム 「私とEX (元夫) 105 」  へ行く




Comment
この記事へのコメント
おぉ…、それってかなり、というかまさに、仏教思想では。

聖書を読んで仏教思想にたどり着く日本人(ukainouさん)。
なんとも興味深いです。

お忙しいことと思いますが、いつも更新楽しみにしています。
2010/ 01/ 25 (月) 10: 45: 35 | URL | sasa # -[ 編集 ]
sasaさん
これって仏教思想なんですか?
知りませんでしたー。
仏教ってきちんと学んだ事がないので、一体どんな教えだったのかよくわかりませんが、心のどこかに仏教の教えが染み込んでいるのかもしれませんね。

だからこの間「天地人」を観た時に上杉謙信の教えにとても共感したのかもしれませんね。

神様が見てるからとか、地獄に行くからとかじゃなくて、自分の誇りを大切にして、「人として美しく生きる」という教えは最高に心にビビッときましたよ~。
2010/ 01/ 25 (月) 13: 05: 48 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
同感☆
大変、お久しぶりです♪
今回の内容、私も全く同感です!
これって仏教思想なのですか!?私、宗教学んだ事がないので知らなかったです。

自分の愛する、癒す、赦す、省みる心を持ち合わせ、人とと比べたりせず、自分の心に正直に生きれて、人に対しても同じようにできたら平和な社会になる気がしますよね。
2010/ 01/ 25 (月) 20: 01: 18 | URL | P♪ # 8yPxF9P2[ 編集 ]
はじめまして。いつも楽しく拝見しています♪

結局のところ、ukainouさんの仰る通りだと思います。自分なんです。そして宗教はそこまで自分自身と強く向き合う、と言う発想が難しい人に実行しやすくする為の方法の一つなんじゃないかな、、って。ukainouさんのご意見は気付かされる事が沢山あって勉強になります。

今後もお忙しいと思いますが、更新どうぞよろしくお願い致します♪
2010/ 01/ 25 (月) 22: 11: 12 | URL | じゅん # -[ 編集 ]
Pさん
むっちゃお久しぶりじゃないですかー!!
まだ読んでくれてたんですね!
嬉しいですわ♡

日本は一応仏教国で、私も神社にお参りに行ったりしてたのに、改めて考えてみると、仏教の教えとは一体何なのかほとんど知りませんわ。

でもその押し付けがましくない姿勢が好きですわー。

クリスチャンは物心つく前に強制的に洗礼を受けさせられてしまいますからねぇ。

仏教を教えられた訳じゃないけど、おそらくその教えは生活の中からいつの間にか脳にインプットされてきたんでしょうね。

だから「天地人」(←まだ言ってる)を観た時に、上杉謙信の言葉にぐっときたのかも。
2010/ 01/ 26 (火) 08: 26: 07 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
じゅんさん
初コメありがとうございます!

私もじゅんさんとまったく同じ事を思っていました。

ただ宗教の話題はとてもセンサティブなので、本文中に書くのは控えましたが、私もまったく同感です。

実際、子供を叱る時、

「そんな事して自分が恥ずかしくないの?」

って感じの抽象的な言い方より、

「誰も見てないって思ってても、神様はいつも見てるんやで! そんな事してたら天国に行けなくなるよ!」

って言ったほうが効き目があるんですよねぇ。(←無神論者の癖にこういう時は宗教のお世話になってる)
2010/ 01/ 26 (火) 08: 38: 43 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
お久しぶりです
お久しぶりです。ukainowさんのおっしゃってる事、その通り・・・な気がします。神様って結局は自分自身!すごく共感できます。これって仏教思想なんですか?私、無宗教っていうか、宗教心ないんですが・・・
今回の内容、とても勉強になりました。また更新を楽しみにしていますね。
2010/ 01/ 26 (火) 14: 37: 32 | URL | チェルシー # -[ 編集 ]
ザ・シークレット
神父さんのお話、いいですねv-218

実は今回の内容、去年見たDVD「ザ・シークレット」になんか似ているようなので、コメントしてみました。

↓に20分だけの動画あります。
http://xn--ruq25e20kl21a.seesaa.net/article/139251597.html?1264491422

信じていいような、悪いような・・・
でも、何故か経営コンサルタントの人とか薦めているDVDだったりするんですよね。

2010/ 01/ 26 (火) 17: 08: 40 | URL | ダウンタウン・ブギウギ # NkOZRVVI[ 編集 ]
でたぁ
ukainou教!!!
真面目に文章にするとええもんやなぁ。
私はまだまだ人に左右されてukainouさんの足下にも及ばない~
2010/ 01/ 26 (火) 19: 14: 25 | URL | Eri # gShwly0w[ 編集 ]
この世は修行の世界。
まずは人間の姿で生まれてこれること自体が大変なことなんだそうです。
この世で巡り合った人、動物たちはみんな、前世からのつながりがあるんですって・・・
「袖触れ合うも他生の縁」っていうでしょ?

キリスト様は人間に近い状態で皆に教えを説いたと思うのですが、仏様はもっと宇宙的な感じがします。

そしてukainouさんの潜在能力説も私には納得できるところがあります。

宇宙と宗教と人間の潜在能力、なんとなくどこかでつながりがあるような気が私はします。
2010/ 01/ 26 (火) 23: 07: 31 | URL | yosse # 51o0Lgn6[ 編集 ]
チェルシーさん
チェルシーさんもまだ読んでてくれたんですねー。
嬉しいですわー♡

今回の話題は反発くるかな?ってちょっとビクビクもんだったので、共感してくれてホッとしてます。

実は今回書いた事は随分前から一度書いてみたいって思ってた事なので、この機会に書けて良かったです。

更新頻度がめっきり少なくなってしまいましたが、今後ともよろしくお願いしまーす。
2010/ 01/ 27 (水) 07: 58: 22 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
ダウンタウンさん
URLありがとうございます!
さっそく観てみました!
確かに私の考えと共通するものがあって、興味深く観させていただきました。

「『ザ・シークレット』は歴史上のあらゆる偉人たちが、知っていた法則であり、彼らがかつて成し遂げた偉業は例外なくすべて、この強力なる法則のもとで行われてきました」

「これまでほんのわずかな、特権的な人物にしかその内容を知られることのなかった特別な英知」

っていう部分を読んで、
自分でこれに近い考えに至った私ってすごい?って一人調子に乗ってしまいましたよ。

その割りにぜんぜん成功してませんが… (^_^;)

でも日本語にも「言霊」という言葉があるように、思考によって脳がその指令を受けたと勘違いして、自分は意識していなくても、無意識にその思考どおりの行動を取る事はあると思います。

実際、私もEXと喧嘩するたび、「離婚する!離婚する!」って言ってたらほんとに離婚しちゃいましたからねぇ。(口に出してた頃は本気で離婚する決意は固まっていなかったのに)

また面白い情報があったら教えて下さいね!
2010/ 01/ 27 (水) 08: 19: 44 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
Eriさん
Eriさんには直接何度かukainou教について熱く語りましたよねぇ。

とうとうブログでも語ってしまいましたわー。

口で説明するのは簡単だけど、文章で説明するのは結構難しくて、何度も書き直しましたよー。

もっと書き加えたい事はあったんだけど、文章でダラダラいろんな事を書いたら、本当に言いたい事が伝わらないんじゃないかなって思ってかなり削りました。

2010/ 01/ 27 (水) 08: 28: 59 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
yosseさん
ごめんなさいっ!
無神論者の私は輪廻転生も信じてないんですよー。
ついでに幽霊の存在も信じていません。

それなのに深夜の人気のない墓場は怖くて一人で行けないし、幽霊が出ると言われている場所も怖くて行けないです。

矛盾してますよねー。

おそらくその恐れは人間が動物だった頃から持っている、弱肉強食の中から生まれた自分の身を守る為の野生の本能なんじゃないかって思っていますが。

それにしてもこうやって書いてたら、私って屁理屈ばっかりで可愛くない女ですよねー。

その昔、クラスメートの男の子に「私は神の存在は信じていない」って言ったら、
「それじゃ、君が信じてるのは金だけか?」
って言われてからは、普段はこういう話はなるべくしないようにしてるんですけどね。
2010/ 01/ 27 (水) 08: 50: 37 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
はじめまして
私もヨーロッパに移り住んでいるのでいろいろとキリスト教とか宗教の事を考える機会があります。今回の記事にはいろいろと共感させられるところがありました。

こちらに来て最初の頃に気付いたことに,日本では毎年初詣に出かけて何かのお願いをするという習慣を何気なくやっていましたが,あーあれは神様の前で自分で今年は何を成し遂げたいのかを確認して目標をハッキリ立ててる作業だったんだなと気付きました。やっぱりそれをやらないとぼんやりと新年を迎えてしまいますね。

2つめはずっと以前に神社の奥深い核にあるほこらの中のご神体は鏡だと聞きました。太陽の光を映し出せるかららしいのですが,のぞきこむと映るのは自分自身ですよね。それを聞いたときにあぁそういうことかと思いました。

私も自身による信仰というものには抵抗があるのですが,宗教を人間の歴史と活動と見比べてその意味を客観的に考察するのはとても興味深いと思います。でもこういう会話って西欧ではトリッキーすぎてなかなかできませんよね。EXさんとのようにファイトになってしまい,不要にだれかを傷つけてしまう可能性大です。長々と済みません。^^;
2010/ 01/ 31 (日) 07: 37: 01 | URL | Y # u2lyCPR2[ 編集 ]
Yさん、
初コメありがとうございます!

神社のほこらの中のご神体って鏡だったんですかーーー!!!
読んでて一瞬身震いがしましたよー。(怖いからじゃなくて、びっくりしたような感動したような)

という事は最初のコメントでsaraさんが書いてたように、確かに私の思想は仏教に近いって事なんですよねぇ。

いろいろ放浪したけど、最後には自分の起源に戻るんですねぇ。

何だか感慨深いです~。

それから初詣の件も確かにYさんがおっしゃってるように、「今年は何を成し遂げたいのかを確認して目標をハッキリ立ててる作業」だと思います。

自分の願望をはっきり言葉にする事によって、意識的にも無意識的にも、その願望を叶えるように動くんだと思います。

「今年は結婚できますように」→「今年は婚活頑張るぞ!」
「合格しますように」→「合格してみせるぞ!」
「子供たちが元気で健やかに過ごせますように」→「これからもしっかり子育てするぞ!」

ってな感じで神様に祈る事によって自分に言い聞かせて、それを実現する為の行動を取るんでしょうね。

それから確かに外国で宗教の話題はタブーですわー。
よっぽど信頼し合える相手じゃないと本音は話せません。

この前のコメントにも書きましたが、何かの話題の流れで私は神を信じてないって言ったら、あきれたような、軽蔑したような顔つきで、
「君が信じているのは金だけか?」って言われてしまいましたからねぇ。

「神の存在を信じない=お金しか信じない」だなんて、何でそこまで話が飛躍するねーーーん!って思いましたわー。

でも現実にそういうふうに取る人は多いので、それ以来、無宗教だという事は言っても、神の存在を信じていないという事は言わなくなりました。

2010/ 02/ 01 (月) 07: 47: 43 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
はじめまして
ずっと読ませていただいていましたが、はじめてコメントさせていただきます。

 私は幽霊を見たことが何度もあります。また、お祈りの際にはあたたかい光が降りてくるのを感じるので、自然とあの世の存在と神様を信じています。
 宗教も光が降りている宗教と、かかわると変なものがまとわりついてくる宗教と極端に分かれます。ヤバイ宗教に入ると本当に人生が狂ってしまうので、そこらへんをukainouさんは敏感に感じて、宗教に関して警戒して無神論になっているのでは?とも思います。
オウムなんかは完全にヤバかったですしね・・・。
 
2010/ 02/ 01 (月) 23: 09: 51 | URL | さちこ # FrUoCQUQ[ 編集 ]
えーっと
参考のため...追記
神社>神道
寺>仏教 と理解してます。
神道は多神教で、天照大神(太陽神)をまつってるところは鏡が置かれてる場合が多いという事だと思います。仏教は仏像? 神社によっては山がご神体だったりすることもあるみたいです。
でもukainou教が神道にちかいのか仏教に近いのかは私にはわかりません。(^_^;)
2010/ 02/ 02 (火) 04: 21: 42 | URL | Y # u2lyCPR2[ 編集 ]
さちこさん
初コメありがとうございます!

実は私も幽霊は何度か見た事があるんですよー。
それだけではなく、幽体離脱も経験ありなんです!

私が中学か高校生だった頃、一時毎晩のように金縛りにあうようになってしまってたんです。

そのうち徐々に金縛りがエスカレートしていって、最終的には幽体離脱するまでに…

それも金縛りの最中に目をあけてしまった時に、緑色に光る物体の中に不気味な男の幽霊も見たし、黒色の手首までの人の手が私の体の上を通過していくのも見てしまいました…

そんなこんなであの頃は寝るのが怖くなるほどまでになってしまったんですが、何で金縛りにあってしまうのか自分なりに調べたり、実際自分の体で実験したりしてみて、その理由がわかって安心したんです。
(この話を書きだすとすごく長くなってしまうので詳細は省きますが)

そして対処法を見つけてそれを実行するようになってからは金縛りにあうことはなくなりました。

後、小学生の頃はこっくりさんにはまりまくってましたねぇ。

実はEXとこのブログによく出てくるミキと3人でもやった事があるんですが、実際当時でもちゃんと動きましたよ。

「絶対誰かが動かしてるだろ?」っていうEXに信じてもらう為に、彼しか知らない質問をしてみてもらいましたが、ばったち当たって彼もびっくりしてました。
(実際来たのはこっくりさんではなくて、イーストリバーにいる女の子と言ってました。最初日本語でやってたらグルグル回るだけだったので、英語に変えたらちゃんと話が通じました。最後に「友達になって」って言われた時はさすがの私もぞっとして断りましたが…)

このこっくりさんというのも何故誰も動かしていないのに動くのか理由は解明さているので、自分たちの潜在意識を知るには面白い方法だなって思っています。(ただ霊を信じてる人は引き込まれるかもしれないのでお勧めしませんが)

そんなこんなで私も霊体験はあるので、幽霊を見たという人の事を疑う事はありませんが、見たのには何かしらの科学的な根拠があると考えるタイプなんですよ。

っていうか本当に霊がいたら怖いから信じたくないっていうのもあるんでしょうけどね。^^
2010/ 02/ 02 (火) 13: 12: 41 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
Yさん、
神道と仏教、神社とお寺の違いなんて今まで考えた事がなかったので、すごく勉強になりました!

日本人なのに自分が生まれ育った国の宗教をぜんぜんわかってなくて、何だか恥ずかしいですわー。

私は仏像やマリア様やジーザスという対象に対して感謝するのではなく、この世の自然の恵みに対して感謝したいと思ってるので、それぞれに神がやどっているという多神教が一番親しみやすいかな?

かと言ってもやっぱり神の存在は信じられませんが…
(神様を信じてる皆様方、ごめんなさい!!!)

もしこの世に本当に神様がいたら、何故、罪も無い無力な幼い子供たちが、残虐な殺され方で命を落としたりするんでしょうか…
神はいつも側にいて見ているはずなのに、泣き叫ぶ子供に手を差し伸べず、ただそばで見てるだけなんでしょうか…

「神に愛されているから早く側に呼びたかったにちがいない」というのが理由だとしたら、私は納得する事ができません。

実はこの質問は神父さんに質問したくても、気まずくてできなかった唯一の疑問なんですが…

あー、でもコメント欄でもこんな事書いたらまずいのかなぁ…
2010/ 02/ 02 (火) 14: 06: 15 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
節分
2月3日は節分で豆まきをしました。うちはお菓子もいっぱいまくんですよ。
お金をまくうちもあるみたい(笑)
友達の子供の頃は家を一軒一軒あるいてまわってお菓子もらったんだって。
ハロウィーンみたい♪
2010/ 02/ 05 (金) 15: 29: 56 | URL | Eri # gShwly0w[ 編集 ]
Eriさん
お金をまくのー?(笑)
それは豪勢やねー。

うちのほうでは豆まきだけでしたねぇ。

子供心にも後で掃除が大変だなぁって思いながら、遠慮がちに投げてましたが。
2010/ 02/ 05 (金) 21: 19: 07 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
ありがとうございます
初めましてこんにちは。NY在住の者ですがこのブログの宗教の話をすごくありがたく読ませて頂きました。

私は婚約者がクリスチャンで、自分でもスピリチュアルな事に色々興味をもってトライしてきました。キリスト教と日本の多神教の感覚とつじつまを自分なりに合わせる事ができたので、1年前に納得して洗礼を受けてクリスチャンになりました。

でもクリスチャンにも問題はとても多く、イエス様を信じていないと救われないとか、他の人にも宣べ伝えようするスタンスなどは自分にも抵抗があります。

ですからここで書いてある日本の人からみた、とても素直な感覚がとてもありがたかったです。こういう考え方を自分のクリスチャン仲間や自分の彼にわかってもらえるかはわかりませんが、私なりに表現できるよう頑張ろうと思えました。

世の中の理不尽な出来事のせいで苦痛を味わったり、つらい目にあっている人達が心の支えのツールとして使えるもの、幸せに生きていく助けになってくれるもの、それが宗教だと私は考えています。ですから私は導かれてクリスチャンになりましたが、それが全ての人にとって絶対だとは思えません。

これからも楽しみにしています。ありがとうございます。
2010/ 02/ 07 (日) 08: 09: 07 | URL | 竹やん # Ae3P.WjM[ 編集 ]
竹やんさん
ご丁寧なコメントありがとうございます!

今回の記事を書くにあたって、クリスチャンの方がどう感じられるのかが一番気にかかってたところなので、そう言っていただけてホッとしています。

歴史上、長く残っているものにはそれなりの深い意味があるからこそ残っているんだと思います。

神の存在を信じていない私でさえ、キリスト教を学べば学ぶほど、時には法律&道徳になり、また時にはセラピーにもなる宗教は人が人として生きていく為の道しるべになるよくできた教えだと思いました。

現代のような法律や警察がなかった時代、もし宗教がなかったら国を平和に保つ事は困難だったでしょう。

また、現代のように人を信じる事が難しくなった時代にも「信じる」気持ちを失くさない為にも宗教は必要なのかもしれません。

信じる気持ちから希望が生まれると思うので、信じる方法が神によってでも、私のように自分自身にあってでもどちらの方法でもいいので、とにかく信じる気持ちを失くさないようにしたいですね。

2010/ 02/ 07 (日) 12: 07: 36 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
『自分自身』を信じる・・・っていう
ukainou さんの考え方、すごく考えさせられます。
最近オリンピックが始まりましたが
常人ではない人たちが『信じているもの』って何だろう・・・
と思いながらテレビを見ています。

おも~いテーマを仕上げられたので放心しているでしょうが
番外編でもいいので、また続きのお話待ってますよ☆
2010/ 02/ 20 (土) 23: 19: 47 | URL | はなねこ # 7Y95iKUQ[ 編集 ]
はなねこさん
放心状態のukainouでーす。

はなねこさんののコメントを読んで、頑張って重い腰上げて更新しましたよー。

まだ宗教話から抜けられてませんが…

一ヶ月に一回更新じゃさすがにまずいのですよねぇ。

次回はもっと早めに更新できるように頑張りまーす!
2010/ 02/ 21 (日) 19: 44: 16 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
ukainouさん、御無沙汰しております~!私の名前覚えてますでしょうか?
久しぶりのコメントです。
久しぶりなんだけど、久しぶりに見たのに余り更新がなかった。。。でも、今までは全てコメントも理解できたのに今日はよく分からなかったけど。。。
も~パソコンが2回もウイルスにやられたり壊れたり。
あと、ちょっと自分の心も落ち着かなくて。
今日の文章も素敵でした。
宗教と自分。自分自身が怒りに満ちてたり悲しみに満ちたりすると、宗教がそれを埋め合わせてくれるならどんなに楽かしらとも考えますね。それに心が空白なのも、どうしようもないときもありますしね。
でも、日本人は元来そういうの持ち合わせてないですかね。私も無神論者です。
今後もブログで色々な方向性を楽しみにしています。
2010/ 02/ 25 (木) 06: 20: 41 | URL | 西の方 # Vdz.lraQ[ 編集 ]
西の方さん
もちろん覚えてまっせ~~~!
(あ、いきなりタメですいません)

ずっと前からコメントをくれてた人たちは特に思い入れがあるので、物覚えが悪い私でも忘れませんよ~。

というのも実は私は自分の過去記事を読むのが結構好きなので(私ってナルシスト?)、その時にコメント欄も一緒に読むので、貰ったコメントって一度だけじゃなくて何度も読んでるんですよー。

そんな訳で記憶力が悪い私でも覚えられます。^^

それにしても久しぶりに来た割には新たに更新されてる記事が少なくてびっくりしたでしょ?

PCで日本のドラマを観る方法を教えてもらってから、思いっきりはまってしまって、ちょっと時間ができるとついドラマを観てしまうんですよー。

おそらく日本に住んでる人よりずっとたくさんドラマ観てると思いますよー。
(ってぜんぜん自慢にならないけど…)

それにしても心が落ち着かない事があるなんて心配ですね。

深く考えすぎてストレスを抱えたら悪循環なので、ネガティブな思考に惑わされないように、ま、何とかなるさって感じで気楽にね!
(事実、大抵の事は何とかなっちゃうし)
2010/ 02/ 26 (金) 00: 46: 10 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
な~んだ~、そんなことならよかったです。心の元気が一番ですもんね。私はなんだろうそわそわしてます。
最近、人生なんて「無」な~んて考えたりして、これって悟り?なんて思ったりもしますが、特に嫌な出来事があったりしたんじゃないんですが、それならどうしてこんなに気持ちがもやもや落ち着かないんだろうって。
でも、今はわかんなくても5,6年後は気づいてたらいいですかね。
気長に待ってます。また更新も待ってますよ~。
2010/ 02/ 26 (金) 12: 46: 08 | URL | 西の方 # uLvEbXwk[ 編集 ]
西の方さん
私も自分の人生の事を考えるともやもやしまくりですわー。

でも自分の人生を満足し切ってる人なんて一握りくらいしかいないんじゃないですか?

動物が自分の人生を振り返ってもやもやする事なんてないでしょうから、これも人間の性なんでしょうね。

もし西の方さんが私と同世代なら、若い頃と違って根拠のない夢は見れなくなってくるし、何となく先も見えはじめてくるので、焦りみたいなものを感じだすものだと思います。

やはりせっかくこの世に生まれてきたからには、その意味を見出したいですよね。

人間は悩む事によって成長するのだと思うので、充分悩んで、最終的には、「思い残すものは何もない。楽しい人生だった」って思える最期にしたいもんですよね。
2010/ 02/ 27 (土) 23: 55: 42 | URL | ukainou # w1ZxAyKM[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。