ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヤンキーズスタジアムにて
2008年 06月 23日 (月) 22:23 | 編集


週末に子供たちと息子の友達と私とでヤンキーズの試合を観に行ったんですが、
入場の際の規制が3日前からさらに厳しくなったことを知らなくて、
プラスティック製の水筒以外にステンレスの小さいサイズの保冷水筒を二つ持って行ってました。



テロ以降バックパックが駄目なのは知っていたのでもちろん持って行きませんでしたが、
ナイロンでできてる巾着袋の形をした薄いペラペラのサッカーボール入れはまったく問題ないと思い、
子供たちはその袋にグローブを入れてバックパックのように肩に背負って行きました。



そして入り口のバックチェックで始めてひっかかってしまいました…



ステンレスの水筒が駄目だとは知らなかった私は、
堂々とプラスティックの袋に無造作に入れっぱなしだった水筒を見せたら、




「これは持って入れないよ」




と係員に言われ、
空港のように中身が問題なのかと思った私は、




「中に入ってるのはただのお茶だからいいでしょ」



と言うと、



「うーん、駄目だと思うけど、
 あそこにいるマネージャーに聞いてみて、彼がNOって言ったらNOだよ」




と言われたので、
マネージャーに聞いてみるとあっさりNOとのこと。



それでもあきらめ切れなかった私は、



「単なるジャパニーズティーですよ。 ぜひ飲んでみて確かめてみて下さい」



「いや、そういう問題じゃなくて、
 プラスティックならいいんけど、ステンレスが駄目なんだよ」



「えー、でも単なるお茶だし、
 第一持って入れないって言っても一体これどうしたらいいんですか?」



「車の中に置いてきて」



「車じゃなくて電車で来たので無理ですよー」



「それじゃ、ボーリング場に荷物を預けてきて」



「えええー(面倒くさい)、そんなボーリング場なんて知らないですよ」



「あそこだよ。 すぐそこだよ。
 あ、それから、それそれ、そのバッグも駄目だよ。 それも預けてきて」



と言って子供たちが持ってたナイロンの巾着袋を指差します。



「えええー? これがバックパックっていうの? ありえない~」
 あー、でももうどっちにしろ荷物を預けに行かなきゃいけないんならもうどうでもいいや」



と捨て台詞気味に言い、
子供たちに球場に置いてある透明のプラスティックバックに荷物を入れ替えさせた後、
先に席についておくように言って私はしぶしぶその場から離れました。



あー、何で水筒と巾着袋ごときでわけのわからないボーリング場に行かなきゃいけないんやー!



と思ってると、
すぐ近くに手ごろな台があるのを見てシメシメって思った私は、
そこに荷物をバックから全部出して、
どうにかしてうまいこと水筒を隠して知らん顔して入っちゃえ~って思いました。



そして持ってきていたトレーナーで水筒を包んでバックの奥に入れ込んで、
その上からいろんな荷物を入れて完璧だと思っていたら、
巾着袋を入れるのを忘れてたのに気づき、
それをせっせと小さくたたんでいると、

突然、



「トン、トン、トン」



と私の肩を誰かに叩かれました。



嫌~な予感がしながら恐る恐る振り返ると、
そこには首からスタッフのカードをぶら下げた係員が…



そして人差し指をチッチッチって振りながら、



「No No No~ You gotta go to to check your back 
 (荷物を預けに行かなきゃ駄目だよ)」



と言われてしまいました…



まるで万引きが見つかったしまったかのようなばつの悪い思いをしながら、



「あ、見てたの? ニコッ」



と笑顔でごまかしながら、



「でもこれが駄目だったなんてほんと知らなかったのよ。
 だってこんなものが駄目だなんて普通想像できないでしょ?
 知ってたらもちろん持って来なかったよ。
 これだけの為にボーリング場まで荷物を預けに行かないといけないなんて
 大変やわーー」
 


と言うと、しばし無言の後、
その係員はウィンクをして、
ついさっき私をチッチッチって拒絶した同じ人差し指で、



Come come come



と合図を出してくれました。



やったー! 見逃してくれるぞー! ラッキ~ 



と思いながらも、いつも一言多い私は、



「いやー、ほんと驚いたのよ。 
 こんな水筒が駄目なんて言われるなんてさー。
 せっかく冷たく冷やして来たのに預けちゃったら飲めないしね」



と言うと、



「水筒???」



という言葉と共に急に彼の顔色が変わりました。



へ???



と思っていると、



「その水筒見せて」



と言われたので、
さっきご丁寧にトレーナーに包んだ水筒を見せると、



「それは駄目だよーーーー。 ボーリング場行き決定ね」



と言われ、焦った私は、



「え? でも中に入ってるのはただのお茶だよ。 飲んでみる?」



とまた性懲りもなく飲ませてみようと試みました。



「いや、結構。 中身が問題なんじゃなくて、ステンレス製の水筒は凶器になるからね」



「凶器~~~!!??」



この可憐な(?)私がこの水筒を振り回して誰の頭をどつくねーーーーん!!



と内心毒づきながらも、
子供を引き連れた私がこの水筒を凶器として振り回して、
球場内で暴れてる自分を想像して笑ってしまいました。



でも水筒を見て駄目だと言ったっていうってことは、
彼は私が水筒を隠していた所は見てなくて、
彼が見たのは私が畳んでた巾着袋だけだったという事です。



あー余計な事言うんじゃなかったー。



と我ながら自分の失態にうな垂れて、
ようやくここであきらめてすごすごとボーリング場に向かいました。



ボーリング場に行くと、そこは信じられないくらいの長蛇の列が…



バックパックじゃなくても、大き目のバックを持ってる人や、
パソコンを持ってる人達も皆OUTだったようです。
(金曜日の夜だったので、会社帰りの人も多いようでやたらとパソコンを持ってる人がいた)



結局バックを預けるのに3,40分かかりました。



しかもたかが巾着袋に入った水筒に5ドル!



あー、その辺のデリでお水買えばよかったーって後悔しました。



それも帰りはそれ以上に長蛇の列で倒れそうでした…



ちなみにヤンキーズスタジアムから1ブロックの157st とGerard Aveの角にデリがあって、そこで飲み物やスナックが買えます。



それも透明の袋に入れてって頼めば入れてくれます。
(休場にそのまま持ち込めるのは透明のプラステックバックだけで、色がついてるのは駄目)



休場の中で飲み物、食べ物を買うと超高いのでお勧めですよー。



皆さん、たとえ巾着袋でも肩に背負えるだけでOUT。
ステンレスの水筒、パソコンもOUTなので気をつけて下さいね~。





励みになるので応援クリックよろしくお願いします。

↓Thank you !↓

ここをクリックするだけでOKです。







目次に戻る





Comment
この記事へのコメント
ukainouさま
初めてコメントさせていただきます。
今回の記事とほぼ同じ経験をしました、
最近の私はエコの為!ということでペットボトルを止め、ステンレスの水筒を持ち歩くようになったのです。
で、先日球場で全く同じような扱いをされ、結構マジギレしちゃっいました。
最初は中身がダメ?と思ったのでお茶お茶と説明したところ、これは凶器になるとのこと・・・同じこと言われました。
は~ぁぁぁぁ???と頭の中が真っ白になり、じゃあさ、いっつもフライパンを叩いて球場を旋回しているフレディおじさんはどうなのよっ(怒)って言い返すことも出来ず、隠れてボトルを洋服に包み、外から見ても下から触っても分からないよう、更に違うゲートから再入場しました。無事通過!
それにしてもホント信じられない出来事で思わずコメントを残してしまいました。長々と失礼いたしました・・・。
2008/ 06/ 24 (火) 05: 07: 00 | URL | yukicon-nyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
yukicon-nycさん、コメントありがとうございます!
yukiconさんも私と同じ目にあったんですね。コメント読んで私と同じ事する人がいるんだーって嬉しくなっちゃいました。それも無事ゲート突破おめでとうございます!!私も後になって、ジャケットのポケットにいれて、男の人がバックチェックやってるラインに並べばボディーチェックなんてされないので簡単に突破できたんじゃなかったかのかな?って思ってたんですよー。
高いけど、預けるのに5ドルですむならまだしも、あのながーーーい列に並ばなきゃいけなかったのが最悪でした。
試合が終わった後なんてもみくちゃ状態でしたよ。
それからあのフライパン持って応援してた人ってフレディーっていう有名な人だったんですかー。知りませんでした。
ちょうど私の席の近くに座ってて、カンカン、フライパンを鳴らすので、頭に響くぜーって思ってました。
またぜひ遊びに来て下さいね!

2008/ 06/ 24 (火) 07: 17: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
わたしもボーリング場行きました。
ええ、長蛇の列に並びましたよ。
イチローと松井をみに時差ぼけでフラフラの父のたっての希望で
スタジアムまで行ったのはいいものの、当時はもっとセキュリティが厳しくてほとんどの持ち物をボーリング場に預けたような記憶があります。小さなお子さんがいる家庭は、もっと大変ですよね。

ところで、フライパンのおじさんが近くに座ってたらうるさくて迷惑ですが、ピーナッツの殻を口からペッペッと足元に吐き捨てるおっさん方も非常に迷惑です!どうしてなんだろ~~~。未だに理解できない。

また、遊びに来ますね。更新、いつも楽しみにしてます。
2008/ 06/ 26 (木) 10: 02: 00 | URL | chipsalsa # 79D/WHSg[ 編集 ]
chipsalsaさんもボーリング場に行ったんですかー。
あのボーリング場ってあれだけでもむっちゃ儲かってますよね。
私もスタジアムの前に陣取って荷物預かりやりたいですわー。 そういえばあの辺にある普通のアパートに住んでる人たちも、自分たちの敷地を試合がある時は球場に車で来てる客たち相手にパーキング場として貸しているようで、皆、まさに稼ぎ時~~って感じで客引き頑張ってました。
それからピーナツもそうですが、私がアメリカに来たばっかりの頃、地下鉄に乗ってる時によくひまわりの種が座席下に散らばっているのを見て、当時人間もひまわりを食べるって知らなかった私は、何でハムスターの餌がこんなところに散らばってるのかなぁって不思議でいました。 私の息子いわく、ひまわりの種の殻は自然にかえるものだから、球場で食べてる時もぺっぺって下に捨てていいんだよーって誰から聞いたのか言ってましたが、いくら自然にかえると言っても、コンクリートの上じゃ駄目でしょーって思いました。
2008/ 06/ 26 (木) 10: 31: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。