ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニューヨークでサバイバルする為に必要な事
2008年 02月 23日 (土) 09:25 | 編集


ニューヨークで生活する為に必要なスキルのうちの一つに「自己主張」があります。



私はニューヨーク以外の州に住んだことがないので他の州の事はわかりませんが、
世界各国から多様な人種が集まって、
いろんな文化がごっちゃまぜになってるニューヨークでは、
特に自己主張をすることが必要になってきます。



例えば学校では常に自分の意見を言うことが必要とされていて、
授業中に発言をしなければ自分の意見がない(頭が悪い)、
又は真剣に授業に取り組んでないとみなされ、
直接成績に関わってきます。



その為、こちらの教育では幼稚園の頃から「Show & Tell 」と言って、
子供達が自宅から何かお気に入りの物を学校に持参して、
皆の前でその物について話すというスピーチの学習があります。



そうやって小さな頃からスピーチの練習をさせられてるので、
大概のアメリカ人は皆の前で発言することにあまり抵抗がありません。



私がアメリカの大学にいた頃、
最初のうちは何かにつけて発言しまくるアメリカ人をみて、
皆が皆、頭が良さそうに見えて劣等感に苛まれましたが、
英語がわかってくるにつれ、



「え?それってさっき先生が説明したでしょ?」


「え?それってさっき他の生徒が質問してたでしょ?」


「え?それって教科書にデカデカと書いてあるよ」



というふうに、彼らの発言していることの大半は意味の無いものが多いって気づきました。



とにかく発言してなんぼっていう感じです。



彼らの自己主張で面食らった習慣で、
成績に関しても不服がある場合は先生に直談判に行きます。



先生達も慣れたもんで、その生徒の主張が正しければ成績を変更します。



私が大学に入る時、ほんとはTOEFLで点数を取って入学しようと思っていたんですが、
点数が7点足りなかったので申請するのを諦め、
大学付属の語学学校を最終レベルまで終えて入ったんですが、
後から他の生徒から聞いた所によると、
7点くらいだったらアピール(直談判)すれば入れたらしいです。



実際2,30点足りなかった人たちもアピールして入っていました。



こっちの小学校では担任の先生が嫌とか、
○○ちゃんと同じクラスになりたいって理由だけでも、
校長先生に頼めばクラスも変えてもらえます。



小学校や中学校の受験で落ちたとしても、
アピールすれば入れる事が多いです。



アメリカに住んでいると理不尽だと思われることに多々遭遇しますが、
とりあえず何でも自己主張してみたら、
案外自分の主張が通る事が多いです。



日本ではルールはルールで守るべきものとして例外はなかなか認めませんが、
アメリカではルールは一応の判断基準でしかないので、
押せば物事は変わることが多いです。



黙ってルールを守ってる人間からしてみれば不公平だと感じますが、
何も主張しなければ現状に満足していると受け取られ、
結局損をすることが多いです。



でもまぁどっちが良い悪いは無しとして、
主張をすることによって物事が変わると、
困難な事に遭遇した時にすぐに諦めずに頑張ろうという気にはなります。



「ルールはルールです」ってことで例外が認められない習慣だと、
何もする前に諦めてしまいがちなので。



ニューヨーク生活の中で自己主張の大切さが最も身に沁みた経験は、
私が突然くも膜下出血になった時です。



ホームドクターからまわされた脳の専門医で診察後、
すぐに手術ができるEmergencyに行く必要があると言われ、
そこのスタッフと一緒にEmergencyに行きました。



スタッフが病院の受付で私の病状は説明してくれていたので、
ちゃんと話は伝わっていると思い、
私は支払い方法などの手続きなど済ませて、
スタッフが去った後もそのEmergencyの待合室でその他の患者達と待っていました。



他の患者達はその当時インフルエンザが流行っていたせいか、
あっちこっちで吐いてるわ、皆今にも死にそうなくらいのリアクションでした。



こういう時、変に日本人な私は自分の弱味をそう簡単には見せられないので、
自分の順番が回ってくるのをずっと大人しく待っていました。



でも2時間経っても3時間経っても一向に呼ばれる気配がありませんでした。



さすがにこれはおかしいと思い始めた頃、
私よりずっと後に来て吐きまくっていた患者が呼ばれ、
(それまでは病気のせいで目が見にくいというのもって、あまり回りを見ていなかった)
それはないでしょ!とムカついた私は受付に行き、



「今呼ばれた人は明らかに私より後に来た人です!
 私はもう3時間も待ってるんですけど!!」



と怒ったら、
その受付の人は下を向いたまま、



「症状が悪い人を優先して診てるのよ」



と言って私の顔を見上げた瞬間、



「You are the next one」



と言いました。



取りあえずホッとしてトイレに行って(いつ呼ばれるかわからなかったのでトイレにも行けなかった)、
手を洗った時にふと鏡を見たら、
なんと私の片方の目の黒目が上のほうに行っちゃってる事に気づきました。



その前からずっと視界がダブルビジョンではあったんですが、
Emergencyに来る前は両目ともちゃんと正面を向いてたので、
待合室で待ってる間に病状が悪化しちゃってたって訳です。



だからさっきの受付の人が私の顔を見た瞬間に次は私の番だと言ったんだと妙に納得しました。



その後、診てくれたドクターから、



「あなたはもう少しで2回目の破裂寸前でしたよ。
 2回目の破裂があると1回目よりさらに生存率低くなっちゃうのよ。 
 ほんと危なかったねー」



と言われ、
もしあの時自己主張せずにただずっと大人しく自分の順番が来るのを待っていたら、
あのまま待合室の片隅で冷たくなってたかもと思い、



アメリカという国はちゃんと自己主張しないと死んでしまうこともあるのかぁ…



と何とも言えない気分になりました。



ちなみに手術後無事に黒目も元に戻り、後遺症もなく退院できました。
病院でも良い事悪いこと、いろいろ貴重な体験をしたので次回書きたいと思います。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ただ今「人気blogランキング」に参加してますので、ご協力いただければ嬉しいです。

↓一日一回応援クリックお願いします。↓
 
ここをクリックするだけでOKです。







目次に戻る





Comment
この記事へのコメント
>彼らの発言していることの大半は意味の無いものが多いって気づきました。
とにかく発言してなんぼっていう感じです。

↑これ、外資系の企業で働いてる人も言ってました。
「あいつらは何か発言しときゃいいと思ってるんだよ。」って・・・。
本当だったんですねぇ。
でも、そうやってスピーチを人前で堂々とできる度胸が小さいうちから
ついているのはうらやましいです!
私は自分の思ってることを人に伝えるのが苦手なので・・・。
アメリカ大統領選の放送が日本で大々的に流れてますが、
ヒラリーさんもオバマさんも演説が上手ですよね!
日本の政治家も紙に書いてあることだけを棒読みするんじゃなくて
あれくらい堂々と自分の意見を主張してもらいたいもんだといつも思います!
PS
ブログ、リンク貼らせていただきます。いいですか?
2008/ 02/ 24 (日) 23: 26: 00 | URL | harihari # 79D/WHSg[ 編集 ]
harihariさん、コメントありがとうございます!
実は私もスピーチが大の苦手で(友達同士のおしゃべりだったら弾丸トーク派なんですが)、大学でのプリゼンテーションが大嫌いだったんですよー。私の英語はどうしても訛りがあるので、先生に「訛りがある人はなおさら気をつけてゆっくり話さすように」って注意されているにも関わらず、大勢の前に出た途端、舞い上がっちゃってもうどうにも止まらない状態でしゃべりはスピードアップするわ、自分で何言ってるのかわからなくなってくるわで、最後に「質問は?」って自分で言いながらも態度で「誰も質問しないでよー」って示して(質問されても答えられる余裕がないので)勝手に終わっちゃうという最悪なプリゼンでした、、、、
その点、アメリカ人の生徒はプリゼンうまいんですよねぇ。
日本人の人も社会経験を積んでから来てた人はプリゼンがとってもうまかったです。でも社会経験のない日本人生徒は全体的に下手でしたねぇ。
P.S. リングぜひよろしくお願いしまーす!

2008/ 02/ 25 (月) 04: 09: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
私は中学1年の時に国語の先生に「なんでも自己主張したらいいというものではない」と授業中に怒られたことがあります笑)。
2008/ 03/ 08 (土) 13: 35: 00 | URL | laugh # 79D/WHSg[ 編集 ]
メギーさん、コメントありがとうございます。
お母様が私と同じ病気をされたんですね、、、
今はお元気にされてるんでしょうか?
盲腸で半日救急室で待たされたなんて、それはアメリカでの話ですか?
入院生活の続きを書くと言いながら、ちょっと私事でトラブルが起きたため、ブログの更新が滞っていますが、落ち着き次第復活しますので見捨てずにたまに立ち寄ってみてくださいねー。
2008/ 03/ 09 (日) 14: 42: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
laughさん、コメントありがとうございます。
そうやって教育された私たち日本人はどうしてもアメリカの学校で彼らの勢いに圧倒されちゃうんですよね、、、確かに何でも自己主張したらいいというものでもないけど、それは価値観が近い同一人種ではまかり通りますが、多種多様な人種間では黙っててもわかってもらえるってことはあんまりないんですよね、、、
また立ち寄って下さいね!(って早く更新しろって感じですよね。汗)
2008/ 03/ 09 (日) 14: 47: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
WTCTYO支部さん、コメントありがとうございます!
実は今日まで一度もログインしてなかったのでWTCTYOさんのコメントに気づいていませんでした。ごめんなさいねー。トラブルの内容はブログには書けませんが、ほんと大変だったんですよー。 でもまぁ、毎回ギリギリのところで何とかなる私なので今回も大丈夫だと思います。 ほんま疲れましたわー。
2008/ 03/ 17 (月) 10: 26: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
今年の夏に短期語学留学した時に、発言すること の大事さをすごく実感したので、読んでいて改めて、そうだよねーと思いました。

“押せば物事は変わる”というのはアメリカでは
本当にそうだと思いました。

クラスの中でもアジア人の生徒は分かりやすい
くらい発言しないのですが、ヨーロッパ圏の人は
とにかく話すし、自己主張がすごくうまくて、
すごくびっくりしたのと、関心しました。

ヨーロッパの生徒が、英語が話せないのが
問題じゃなくて、話そうとしない姿勢が嫌い
と言っていたのがすごく心に残っています。

確かに南米やヨーロッパの生徒の英語は
そんなに正確ではないし、内容も簡単な
ものも多かったけど、それを口に出して
自己主張する姿勢がすごかったなぁと思い
ました。

また来年ニューヨークに行く予定なので、
自己主張、発言できるようになりたいと思って
います。(今の自分は全く逆なので…)
2008/ 12/ 14 (日) 09: 58: 00 | URL | hiromi # 79D/WHSg[ 編集 ]
hitomiさん、返事がとっても遅くなってしまってごめんなさい。
もう見てらっしゃらないかな?

hitomiさんも同じような経験されたんですね。
日本人ってどうしても完璧を求めすぎてしまう性分なので、
100%自信がある時しか発言できなかったりしますよね。
それも若い頃は一生懸命授業に取り組んでいる姿自体が格好悪いと感じてしまったり…

その点こっちの人たちは授業で黙っているほうが格好悪く感じるし、頭が悪いと思われてしまうんですよね。

ちなみに先生に一番近い一番前の席に座っていると、
皆の視線が気にならないので後ろのほうに座ってるより断然発言しやすいですよ。
お試しあれ!


2008/ 12/ 18 (木) 02: 41: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
こんにちわ。はじめまして。
ニューヨークのアメリカの企業で働いて4年半になります。会議は私も苦手で、みんなはばんばん発言しているのに、聞き役に回るために、上司はよく「OOはどう思うの?」って振って来て困ります。。。
言えばいいってものでもないと思うんですけど、何か言わないと!ってプレッシャーはよく感じます。
あまりにも静かなので初めの頃は心配されました。でも私が私が!っていうかんじのアメリカ人には勝てそうにないです。
自己主張大切ですよねー。
最近でこそ納得できないで喧嘩になるくらいの自己主張もできるようになったんですが、そしたら今度は「OOはアメリカナイズされているよー。日本人のOOはどこ行ったの~?」と笑われています。。。
2009/ 05/ 28 (木) 04: 35: 00 | URL | unibuta # 79D/WHSg[ 編集 ]
unibutaさん、初コメありがとうございます!
私の過去記事まで読んで下さってありがとうございます!!
ついでに私もこの記事を読み直してみたら、
途中からなんじゃこりゃーっていう文章になってますねぇ。
「…たら、…たら、…ので、…ので、」って文章続けすぎ!

そう思ったらブログを続ける事によって、少しはましになってきたってことなのかなぁって思いました。

って自分の事ばっかりで、ぜんぜんコメレスになってませんよねぇ。
失礼!

私も大学を卒業して日系の金融関係で働いてた頃、上司の人がすごく良い人で、ペーペーの私にもどんどん会議に参加させてくれて、意見も求めてきてくれたんですが、やはり相変わらず会議の場で発言するのは苦手でした。
そんな私も日本に帰ると、「ukanouはアメリカ人やなー」って言われるようになってしまって、アメリカ人にも日本人にもなり切れてないニュートラルな状態にいなってしまいました~~~。

2009/ 05/ 28 (木) 06: 28: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。