ニューヨーク生活20年で経験してきた様々な実話集。 好きだから別れるしかなかった。そして別れてから始めて気づく事。新連載スタート。
それでもやっぱりニューヨークが好き
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私と犬たち 「クッキー」編
2008年 09月 18日 (木) 00:32 | 編集


うちの2代目、名前はクッキー。



性別 女
犬種 母 : 柴犬
    父 : 不明



所謂、雑種です。



いつの間にか飼い主が知らぬ間に、
行きずりの男に孕まされたようです。



1代目ジョンが亡くなった時、あまりの悲しさに、




「もう犬はいらない」




と母親に宣言したものの、
ジョンとの楽しかった日々を思い出す度、
だんだんとまた犬を飼いたくなり、母親に、




「やっぱりまた犬飼いたいな…」




と言うと、ちょうど母親の知り合いの柴犬に子犬が生まれたらしく、
里親を探していると聞いて、
離乳が完了した時点で貰いに行く事になりました。



今の時代、去勢されてる犬も多いし、
第一犬たちが自由に歩き回ることもないので、
いつの間にか妊娠してるということはほとんどないでしょうが、
当時の犬達はよく孕まし、孕まされていました。



そう言えば話は脱線してしまいますが、
ジョンも近所の顔見知りの柴犬を孕ましたことがあります。



ジョンは人間の美的感覚からは不細工でしたが、
そのクールで男らしい性格から、
メス犬達には人気がありました。



ある日、自分の部屋で寛いでいると、外から、




「キャン!キャン!キューン」




といういつもとは違う犬の鳴き声が聞こえてきて、
ジョンの声ではないし、何だろう?
と思った私は外に出てみました。




するとそこにはジョンと近所の柴犬が合体している姿が!!




まだ小学生だった私もそれが交尾だとはわかり、
咄嗟にやばい!と思って2匹を離そうとしましたが、
どうしてもくっついたまま離れないし、
その日はたまたま家に誰もいなかったので、
あきらめて自分の部屋に戻りました。



それから数ヵ月後、
うちの母がキッチンで近所のおばちゃん達とおしゃべりをしていて、



「○○さんの所の犬に赤ちゃんが生まれたんやってー。
 いつの間にか妊娠しちゃってたみたいで、困ってはったわ。
 雑種はなかなか貰い手見つからへんし、大変やなぁ。」



という母の話し声が聞こえてきました。



それまで私はすっかりジョンの交尾の事を忘れていたので、
ジョンの子供が生まれたと知って、つい嬉しくなった私は、





「あ、その赤ちゃんってジョンの子供だよ!!

 だから雑種じゃなくてちゃんとした柴犬だよ!!」





と、言ってしまいました。



すると、さっきまで世間話で盛り上がっていた場がシーンと凍り付いてしまい、
母が低い声で、





「何でそんな事知ってんの…?」





と言いました。


その雰囲気から何かまずかったみたいやなぁと思いながら、
ボソボソと、




「だって、ジョンがそこの家の犬とやってるところ見たんやもん…」





「あら! まぁ!! ほんまにもー!」





と母も気まずかったのかわけのわからない返答をし、
私も母の焦った顔から母の置かれた立場を理解して、





「あ、でもジョンはちゃんと繋いであったよ。

 あっちの犬が勝手にうちに入ってきてやってたんやで!」





と言いました。

すると母は、




「もういいからあっちに行きなさい。
 でもこの事は誰にも言ったらあかんで。
 いろいろややこしいからなぁ。」




と言われてスゴスゴとジョンの所に行きました。



でもその後もどうしてもジョンの子供の事が気になって、
何度かその孕ました柴犬の家の周りをウロウロして、
こっそり子犬たちの顔を見行ってました。



どこからどうみても柴犬の子犬たちで、
この子達の父親はジョンだと確信を持ち、
とても愛しい気持ちになりました。




でもその家のおばちゃんに、




「可愛いでしょ?
 でも急に赤ちゃんが生まれて困ってるのよー。
 だれかお友達に子犬貰ってくれる人知らないかな?」




と言われ、何となく気まずい思いをしていましたが…



その後、無事にその子犬たちはそれぞれ貰い手も決まり、
ジョンの孕まし騒動も一件落着しました。



と、思いっきりジョンの話に脱線してしまいました!



クッキーの話は次回改めて書きますね!





私と犬達 「クッキー」編 前編

やる気を出す為にも応援クリックよろしくお願いします。
↓Thank you !↓

ブログランキング






私と犬たち クッキー編 後編」へ行く




Comment
この記事へのコメント
またまたコメント一番っ!なにがクッキー編や~おもいっきりジョンに脱線しとる~(笑)ずーっとずっとだいすきだよは小学校一年生の教科書に載ってますよ♪くまさん、脚色しなくても充分ドラマティカルなんですよ!きっとね~。
2008/ 09/ 18 (木) 08: 24: 00 | URL | Eri # 79D/WHSg[ 編集 ]
さすがEriさん!本文読んで思ったことが、そのまんま、コメント欄にあって、爆笑しちゃいました。
ukainouさん、新しいテーマで、筆が走ってますね~(キーボードやけど)^^。

そうそう、1週間、バリ島に行ってました!海外でも使える携帯にはしてたんですが、チェックするヒマなく、遊んでたんで^^;。
2008/ 09/ 18 (木) 09: 05: 00 | URL | エール # 79D/WHSg[ 編集 ]
Eriさん、ほんま脱線しまくりやわー。
昨日ジョンの事を書いていろいろ思い出しちゃって、まだジョンモードだったんですよ。
「ずーっとずっとだいすきだよ」っていう本は私小学校の教科書に載ってるっていう話は聞いたことがあるんですが、うちの小学校では載ってなかったんですよ。
でもあの絵本の真の意味って小学生にわかるのかなぁ?

私は3代目チキータが亡くなった後にあの絵本に出会って、
読みながらボロボロ泣いちゃいましたよ。
深い意味のある絵本です。
まぁ、絵本に出てくるあの男の子が、子供なのにそこまで人生悟りきってるはずはないって突っ込みいれたくはなりましたが。^^

2008/ 09/ 18 (木) 21: 10: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
エールさん、バリ島ですかー!!??
それも一週間も?
いいな、いいなー。 優雅だなー。
東南アジアって行った事がないので私も一度行ってみたいです。

一週間も全速力で遊んだ後だと、今、もぬけの殻状態になってませんかー?^^


2008/ 09/ 18 (木) 21: 16: 00 | URL | ukainounyc # 79D/WHSg[ 編集 ]
エールさんおひさしぶりです。バリ島いいですね。一週間も羨ましい
。何が羨ましいって、気の合う友達と、一週間も!!この年になると友達と時間を作るのはなかなか難しいですが、やっぱり大切ですよね。「ずーっとずっとだいすきだよ」は、何回読んでも泣けます。主人公の男の子は飼ってる犬に「大好きだよ」って言っていましたが、人間同士のコミュニケーションでもとっても大切ですよね。深いお話しです。
2008/ 09/ 19 (金) 08: 10: 00 | URL | Eri # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
 copyright (C) それでもやっぱりニューヨークが好き all rights reserved.

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。